配信元:@Press

2021年10月、一般社団法人Earth Company(共同代表:濱川 明日香・知宏、以下:Earth Company)は、最前線で課題と向き合い、世界的に評価されるアジア太平洋地域のチェンジメーカーの人生の物語を教材に、SDGsのその先を見据え、犠牲を生まずに発展する「リジェネラティブ」な未来を創るための行動を起こす「人」を育成するオンラインアカデミー「IMPACT ACADEMY」を本格始動しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_1.png
IMPACT ACADEMY

【開発目的】
子どもたちや孫たちに未来をつなぐためには、これからの10年が間違いなく重要です。そのために、現在多くの企業がSDGsの17目標に対して取り組みや施策の検討を始めています。また、学校でもSDGs学習が広がりを見せてきました。
一方で、「SDGsを知り、取り組むこと」自体が目標になり、本質的なSDGsの意義を見失っているのではないか。そんな声を聞くことも増えてきました。

2030年までの目標であるSDGsは、通過点に過ぎません。重要なのは、「SDGsのその先に、どんな世界、あり方を目指したいのか?」を考え、行動すること。
そこでEarth Companyは、SDGsの最前線で課題と向き合い、課題を誰より知るチェンジメーカーたちの生き様・言葉から学ぶ、企業向け・学校向けのアカデミー「IMPACT ACADEMY」を開発しました。このプログラムでは、SDGsを心で感じ、世界の課題を自分ゴトにし、つくりたい未来に向かって行動を起こすことを目的としています。


【IMPACT ACADEMYウェブサイト】
http://impactacademy.info/


【IMPACT ACADEMYの4つの特徴】
[1]「今」最前線で活躍するチェンジメーカーが教材
[2]サーキュラーエコノミーの実践者として実例を紹介
[3]「オンラインだからこそつながる世界」を実感
[4]Earth Companyの共同代表やスタッフが学びをナビゲート

[1]「今」最前線で活躍するチェンジメーカーが教材
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_2.png
[1]

Earth Companyが支援する、国際的に活躍し高く評価される、アジア太平洋地域のチェンジメーカーが教材制作に全面協力。最前線で課題解決に取り組む彼らが、人の人生に深く関わるSDGsを「圧倒的リアル」に伝えます。彼らの物語をベースにした動画教材で、頭と心で、社会課題の構造的・根本的な理解を深めていきます。

[2]サーキュラーエコノミーの実践者として実例を紹介
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_3.jpg
[2]

バリ島ウブドでEarth Company共同代表が運営するエシカルホテル「Mana Earthly Paradise」は、あらゆるエコテクノロジー導入するだけでなく、レストランやマルシェを通して、地球環境の再生だけでなく、地域社会にコミットし、サーキュラーエコノミーを実現。インドネシア国内外で高く評価され、「人間が活動すればするほど、環境や社会が良くなる世界」を具現化した、リアルな実例をご紹介します。

[3]「オンラインだからこそつながる世界」を実感
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_4.jpg
[3]

一般的に「オンラインプログラム」というと、録画や動画のみのプログラムが主流ですが、「IMPACT ACADEMY」はバリ島から生中継でつないでプログラムを運営。ご希望に応じてチェンジメーカーが海外からリアルタイムで登壇し、オンラインならではのメリットを生かし、日本にいながら世界とつながることができます。

[4]Earth Companyの共同代表やスタッフが学びをナビゲート
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_5.jpg
[4]

このプログラムでは、Newsweekが選ぶ「世界が尊敬する日本人」に選ばれた共同代表 濱川 明日香、国際開発の最前線で活動する共同代表 濱川 知宏が講演します。また、長年持続可能な開発のための教育に従事し、多くの未来型人材育成研修を手掛けてきた藤本 亜子が学びをナビゲート。現場を語れるEarth Companyのファシリテーションで、深い学びと気づきを提供します。


【教材づくりのクラウドファンディング実施中】
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/281768/LL_img_281768_6.png
教材となるIMPACT HEROたち

「IMPACT ACADEMY」プログラムは、チェンジメーカーの動画教材を通して「心に火を付ける」学びを提供しますが、来年度の制作費用180万円が不足しています。

来年度は、現在世界的に注目される「竹」を活用して、気候変動対策や地域創生、女性のエンパワメントに取り組むアリーフ・ラビック(インドネシア、環境活動家)の革新的な活動から学ぶ動画教材を制作します。新たな学びの機会を創出するために、ぜひクラウドファンディングにご協力ください。

▼クラウドファンディング詳細ページはこちら(2021年11月30日まで)
https://www.earthcompany.info/ja/impactacademy_cf/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。