配信元:@Press

株式会社スタンドケイ(本社:大阪府大阪市北区、代表:名倉 昂佑)は、自社が管理運営する「いちご農園ミライバナびわ湖ファーム」(所在地:滋賀県守山市幸津川町2835-32)にて、45分間食べ放題のいちご狩りを2021年12月24日(予定)より開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_1.png
logo

■里山の恵みを生かした大阪産いちごの新しい挑戦!
ミライバナ茨木ファームでは農薬の使用を極限まで落とした「特別栽培農産物」としていちごを栽培しており、「昨日よりもちょっとだけ美味しいいちごを届ける。」を合言葉に勉強を怠らず、日々いちごと向き合い栽培に取り組んでまいりました。直接販売の他に大手スーパー様や百貨店様の外商採用、フルーツカフェのドリンク素材などとして多くの皆様にお楽しみいただいてきましたが、「ミライバナのいちごをもっと多く、もっとたくさんのお客様に楽しんでいただきたい!」という想いから里山から湖畔に舞台を移していごの栽培を開始いたしました。


■琵琶湖のおいしい水にこだわったいちご!
ミライバナびわ湖ファームでは甘みと酸味のバランスが取れた「紅ほっぺ」、コクのある甘みで老若男女に人気の「章姫(あきひめ)」、フルーティーな味わいで甘みと香りが濃厚な「おいCベリー」の3種類のイチゴが食べられます。またイチゴの栽培には、琵琶湖の近くでくみ上げている地下水に木炭を入れており、不純物を取り除いたキレイでミネラル豊富な水を使用しています。90%以上が水分でできているいちごだからこそ"水"にこだわった美味しいいちごをお楽しみください。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_2.png
3種のいちごをお楽しみいただけます!

■「あそべるいちご農園」を目指して
ご家族でお楽しみいただける「あそべるいちご農園」としていちご狩り以外のお時間もお楽しみいただける農園作りを行なっています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_3.png
あそべる農園ミライバナ!

■より多くの人にお楽しみいただける農園つくり
通常より通路を広くしたエリアを設けており、車椅子やベビーカーの通行もご利用いただける設計になっております。また全面ガラス張りの温室ハウスですので、冬も温かく雨天でも濡れずにご利用いただけます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_4.png
快適にお楽しみいただけます!

■園内の直売所ではお得なパック販売も予定しております。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_5.png
お家でミライバナいちごを!

【ミライバナびわ湖ファームのいちご狩り概要】
<期間>
2021年12月24日~2022年6月上旬予定

<料金>
(4月中旬以降は料金が変更になります)
大人(中学生以上) :2,640円
子供(小学生~3歳):2,090円
幼児(1~2歳) :550円
乳児(1歳未満) :無料
※料金はすべて税込み価格です。

<時間>
10時~20時の間で45分食べ放題
※営業時間はいちごの成熟具合や時期により予告なく変更及び短縮する場合がございます。

※コロナウイルス対策について※
・入園時のアルコール消毒
・ハウス内でのマスク着用
・定期的な換気
・人数を制限してのご案内

<WebサイトURL>
https://miraibana.com/biwako/

<お問い合せ>
https://lin.ee/exGvsuQ
※ ご利用に関するお問い合わせはWebページの問い合わせフォームより受け付けております。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/284444/LL_img_284444_6.png
ご来園お待ちしております!


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。