配信元:@Press

法人会員向けに与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、株式会社CBA(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:宇佐見 良人、以下 CBA社)が発行するJ-KISS型新株予約権の引き受けによる資本提携契約および廃棄物処理業の企業情報の提供および環境評価指標の開発に関する業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。


リスモンは、与信管理サービスやコンプライアンスチェックサービスの展開において、AIを活用したWebクローリングなどの独自の調査手法により約500万社の企業情報の収集を行い、リスモン独自の企業データベースを充実させるとともに、精度の高い企業信用格付(以下 RM格付)の提供を行っております。また、2020年12月には、独自企業データベースを全面的に活用したサービスの提供を開始しております。

CBA社は、2020年に設立した、廃棄物処理業界のDX(デジタル・トランス・フォーメーション)により、資源循環(リサイクル)型社会の達成を目指すスタートアップのベンチャー企業です。企業の廃棄物処理プロセスを一気通貫で支援するクラウドサービス「CBA-wellfest」の提供を通し、SDGsで唱えられている持続可能な社会の実現を推進し、貢献することを目指しております。

このたびのCBA社との資本提携および業務提携において、CBA社の廃棄物処理プラットフォームにリスモン独自企業データベースを連携し、さらにリスモンが創業以来蓄積してまいりました企業評価ノウハウを提供することで、CBA社が取り組む資源循環社会の実現に向けた一助となるべく、環境DX事業の発展を目指した連携を行ってまいります。


■資本提携および業務提携の内容
(1)資本提携の内容
リスモンは、CBA社が発行する第2回J-KISS型新株予約権を引き受け、資源循環社会の実現に向けて、CBA社事業をサポートいたします。CBA社は、獲得した資金を基に、産業廃棄物処理・管理DXプラットフォームの本格稼働に向けた開発を行い、リスモンとの業務提携を進め、相互の発展を目指します。

・引き受ける新株予約権の内容
【1】新株予約権の名称:第2回J-KISS型新株予約権
【2】振込金額:10百万円
【3】振込期日:2021年12月10日(予定)

(2)業務提携の内容
【1】廃棄物処理業者データベースの構築およびデータ連携
リスモンが保有する国内最大級の独自企業データベースおよびデータ収集力を活用し、産業廃棄物処理業者データベースの構築を実現します。

【2】廃棄物処理業者の評価
リスモンが創業以来蓄積してきた格付評価ロジックの構築ノウハウを活用し、廃棄物処理業者の信用力を評価する指標の構築をサポートします。

【3】産業廃棄物処理DXプラットフォームのシステム開発
リスモンのノウハウを活用して、データ連携システムを構築します。


■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2021年9月末時点で14,060(内、与信管理サービス等7,043、ビジネスポータルサイト等3,147、教育事業その他3,870)となっております。
ホームページ: https://www.riskmonster.co.jp/


■CBA社の概要
地球レベルの課題である循環型社会の実現に向けて、廃棄物処理業界のDX(デジタル・トランスフォーメーション)により、資源循環(リサイクル)を加速し、SDGsで唱えられている持続可能な社会の実現に貢献するため、2020年1月設立。さらに、地域企業との連携とITによって、地域資源循環を目指します。
ホームページ: https://www.cba-japan.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。