配信元:共同通信PRワイヤー

~白ナンバー事業者アルコールチェック義務化~

2021年12月1日
鈴与シンワート株式会社

鈴与シンワート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:德田 康行、以下鈴与シンワート)は、本日から「あさレポ」安全運転支援クラウドサービスの提供を開始することを発表いたしました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111304089-O4-s8N83AaM

■「あさレポ」開発の背景

2021年6月、千葉県八街市で飲酒運転中の「白ナンバー」のトラックに小学生5名がはねられて死亡した事件を受け、警察庁は一定台数の白ナンバー車を保有する事業者に対し、運転前点呼やアルコールチェックを義務化する道路交通法施行規則の改定案を発表しました。
「緑ナンバー」車を保有する事業者に対するアルコール検知器での検査は既に義務付けられており、違反した事業者には車両使用停止等の厳しい罰則が科せられています。
今回の法改正は「白ナンバー」車に対しても運転前後のアルコール検知器による飲酒チェックが義務付けられます。鈴与シンワートは、飲酒運転/体調不良運転を予防し、交通事故ゼロの社会を実現するための取組のひとつとして、「あさレポ」を開発しました。

■「あさレポ」とは

「あさレポ」は専用のスマートフォンアプリに専用携帯デバイスをBluetoothで接続し、アルコールチェック、検温、出退勤打刻を行うクラウドサービスです。

■「あさレポ」の特徴

◎アルコールチェック&検温!
 自分専用の携帯デバイスでいつでもどこでも測定可能
 ・飲酒時や発熱時に警告通知
 ・異常値検出時は管理者にメール通知。スムーズに交代運転者の手配が可能
 ・検温で新型コロナ対策の一助にも

 ◎ いつでもどこでも!
  携帯可能な小型デバイスだから外出先でも手軽に測定!
 ・Bluetooth対応!ケーブル不要でスマートフォンと接続
 ・デバイス単体でも測定データを保存可能(前回測定のみ)
 ・自分専用デバイスだからデバイスを介した新型コロナ感染などのリスクが低減

 ◎ 安心のセキュリティと測定データの一括管理! 
 AI顔認証でなりすまし防止!測定データはクラウドサーバで一括管理
 ・専用アプリのログインにAI顔認証を採用し、なりすましを防止
 ・測定時の顔写真を自動撮影、測定地点の位置情報も取得
 ・測定データはスマートフォンアプリからクラウドサーバに即時送信・一括管理

 ◎ 専用携帯デバイスは業界最安値クラス!
 専用携帯デバイスXENSE 82BT(SEIKOIST株式会社製)は一台二役
 ・一台二役の専用携帯デバイスを業界最安値クラスで提供
 ・アルコールチェックと検温を40秒以内※で測定可能
  ※本機標準環境下での測定時間
 ・リチウム電池バッテリー(USB Type C)採用で電池不要
  ※XENSE 82BTは表面温度を測定する目的で作られています
   正確な体温を測定するには、市販の接触型体温計をご使用ください

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111304089-O2-j7Tv0L00

■価格

基本プラン及び価格は以下のとおりです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111304089-O5-hhbW57zc
※最低利用期間は1ヶ月です。
※価格は税込表示です。

■「あさレポ」リリースキャンペーン

2022年3月末日までのお申込みで契約初月のサービス月額費用を無料とさせていただきます。

・サービス初期費用 :無料※
 ※但し、デバイス購入費用(7,700円(税込)/1台)が別途必要です
・サービス月額利用料:1,100円(税込)~/1ユーザー

■製品仕様及び詳細

以下の「あさレポ」サービスWebページをご覧ください。
https://suzu1.shinwart.com/asarepo/

■鈴与シンワート株式会社
鈴与シンワートは、鈴与グループ唯一の上場企業として大規模情報システムの開発、人事・給与・会計などの業務ソリューション及びアウトソーシングの提供、そしてデータセンター&クラウドサービスを展開しております。(https://www.shinwart.co.jp/

 
*本リリースに記載されている社名、サービス名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。