配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 92641 (2644)

【シンガポール2021年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*ULがRazer商品の環境成果に向けて循環経済目標達成を支援

UL(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3337753-1&h=715581320&u=http%3A%2F%2Fwww.ul.com%2F&a=UL )は6日、ゲーマー向け大手ライフスタイルブランドRazer(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3337753-1&h=2154281769&u=https%3A%2F%2Fwww.razer.com%2Fsg-en&a=Razer )と基本合意書(MOU)を交わしたと発表した。MOUはRazerの基本的な循環経済目標達成向けて明確に行動するULとRazerの共同の取り組みの枠組みを設定している。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1671632/Father_and_son_on_sofa.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

ゲーム産業は他の業界のように、ハードウエア生産に使う化石燃料に加え、ゲーム中のエネルギー利用によって発生するかなりの二酸化炭素排出の削減に取り組んでいる。しかし、ゲーマーを含む消費者はもっと持続可能な選択をしている。ゲームをする人々に対する2020年のGlobalwebindexの調査によると、多くのゲーマーは世界の平均に比べて最大50%多く環境問題に関心がある(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3337753-1&h=2466023403&u=https%3A%2F%2Fwww.gwi.com%2Freports%2Fgaming-personas-2020&a=2020+study+from+Globalwebindex+on+gaming+personas )。

Razerは事業戦略の一環として持続可能性を優先し、現在から2025年までの複数の持続可能性の行動と目標に取り組んでいる。計画には、マウス、キーボード、ヘッドセットなど、多くのブランドハードウェア機器用の商品の健全性・持続可能性・透明性プログラムの追求が含まれる。

RazerのMin-Liang Tan最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「Raserでは、持続可能な未来と確実にみんなでゲームをし続けられる世界を残すことにコミットしている。ULは世界の安全科学のリーダーであり、より環境に配慮した、より持続可能なゲーム商品の目標を達成するために同社と協力することは当然の選択だった。よく知られ、世界中の消費者に信頼されているUL ECOLOGOのような第三者機関の認証を取得する予定でもある」と語った。

ULのDoug Lockard副社長兼小売・消費財グループ担当ゼネラルマネジャーは「ゲーム業界は一致して気候変動との戦いに動き出しており、Razerと協力して、ゲーミングでの意味のある持続可能性の前進の先導に役立つことを誇りに思う。同社の成果が業界他社の先例になるよう希望する」と述べた。

持続可能性と環境サービス・ソリューションで信頼される名前であるULは、商品、資産、企業レベルでの規制準拠の確認に役立つ専門家とリソースを世界中に擁している。これにより、企業は供給網と資産ポートフォリオの全体にわたる持続可能性への影響を正しく理解する知識と手段を入手できる。当社の環境クレーム検証、その他のサービスの詳細はEnvironmental Product Declaration(環境商品宣言)を参照:https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3337753-1&h=1191773488&u=https%3A%2F%2Fwww.ul.com%2Fservices%2Fenvironmental-product-declaration-epds%23%3A%7E%3Atext%3DAn%2520EPD%2520is%2520a%2520comprehensive%252C%2520internationally%2520harmonized%2520report%2Cinformation%2520in%2520a%2520manufacturer%25E2%2580%2599s%2520finished%2520EPD%2520is%2520accurate.&a=Environmental+Product+Declaration

▽ULについて
ULは世界的な安全科学のリーダーである。当社は試験・検査・認証(TIC)、訓練・助言サービス、リスク管理ソリューション、極めて重要な事業予測を提供し、100を超える国に拠点を置いて、顧客の安全・安心・持続可能性目標の達成を手助けしている。商品と供給網全体の情報に関する深い知識により、当社は複雑な課題を抱える顧客の選ばれたパートナーになっている。詳細はUL.com を参照。

規格開発、その他の非営利活動についてはUL.orgを参照:https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3337753-1&h=2337185&u=https%3A%2F%2Ful.org%2F&a=UL.org

▽報道関係問い合わせ先
Steven Brewster
UL
ULNews@UL.com
+1.847.664.8425

ソース: UL

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。