配信元:@Press

株式会社弘益(本社所在地:愛知県清須市、代表取締役社長:武藤 茂樹)が運営するブランド「HangOut」は、新商品の焚火台「komorebi」を2022年1月より発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/288799/LL_img_288799_1.jpg
komorebi(コモレビ)

■焚火台『komorebi』
「komorebi」は、シェード(大)(中)(小)の組み合わせで、焚き火と調理を楽しむことができます。

異なる大きさの「シェード」の隙間から、焚き火の灯りがこもれでる姿は、重なり合ったシェード照明のようなやさしい雰囲気を演出します。全体を照らす燃え上がる炎と、足元を優しく照らす灯りの組み合わせを楽しむことができます。
komorebiは、「灰受けの穴」「ロゴの切り抜き」そして、「各シェードの隙間」部分から空気を吸気することで、煙突効果が発生し燃焼効果を高めます。

火付けも簡単にでき、川に落ちている木も燃え残りもなく灰しか残らないほどの燃焼力です。
吸気が最大限発揮されるため、側面の輻射熱は抑えられているほどです。
また、シェードの組み替えで火力調節が可能で、熾火での調理で遠火(弱火)、中火、強火の調整ができ様々な調理がしやすくなります。
企画担当者は元照明器具メーカーに勤務経験があり、そこで培った知識や経験を注いだ焚火台です。灯りが作りだす揺らぎのリラックス効果や陰影が作る演出性、そしてプロダクトの美しさと、キャンプギアとしての実用性。調理・焚火・空間・炎の灯りを楽しむことをデザインした焚火台「komorebi」は、キャンプサイトの中心で癒しの光を灯します。

収納はすべてのパーツがシェード(大)のサイズに収まり、A4の用紙とほぼ同じサイズになります。シェードと灰受けは入れ子になり、お弁当のように収まりコンパクトな収納になります。

構造は、シェードの歪みを極力抑えるようにシェードを上下に織り込み剛性を確保しました。角にも歪み防止補強をプラスし、調理時のグラつきや薪を立てかけた際の安定性を高めました。
脚にフックをつけシェードの角を引っ掛けることで形状を保つように設計されており、組立式の焚火台によくあるグラグラ、バラバラな不安定感を避けた構造です。
単純な板の組み合わせの焚火台と差別化をし、燃焼効率と間接照明として機能するデザインを目指し、脚パーツはデザインと軽量化の穴をあけ、焚き火の灯りが脚に映らないように黒色をセレクトしています。
類似の焚火台は、世の中にないHangOut オリジナルデザインの焚火台『komorebi』は2022年1月発売です。


■商品概要
商品名 : HangOut 焚火台『komorebi』
発売日 : 2022年1月
本体サイズ: W330×D230×H270mm
価格 : 税込17,600円(本体16,000円)
URL : https://www.hang-out-official.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。