配信元:共同通信PRワイヤー

デジタル田園都市国家構想とつくば市のDX推進・官民連携に学ぶ

2022年1月20日
プレスリリース

デジタル田園都市国家構想とつくば市のDX推進・官民連携に学ぶ オンライン・セミナー「地域におけるDX推進と地方創生」

公益財団法人 日本生産性本部(東京都千代田区、理事長:前田和敬)は、内閣府・地方創生カレッジの一環として、2月18日(金)13時~14時50分、「地域におけるDX推進と地方創生」をテーマに、オンラインにて無料セミナーを開催します。
DX推進は、日本の政策的な最重要課題の一つとなっています。地方公共団体では、新型コロナウイルス感染症を契機としたテレワーク普及等の追い風もあり、地方創生施策の柱として各地で様々な取り組みが推進されています。政府もデジタル庁を創設し、地方からデジタルの実装を進めて新たな変革と都市部との差を縮める「デジタル田園都市国家構想」を打ち出すなど、デジタルを活用した地方創生を推進しています。
他方で、自治体の多くは、DX推進に関して制度設計や官民連携、またこれら諸施策を推進する人材の育成・確保等に課題を抱えており、円滑な運用にむけて試行錯誤している状況といえます。
そこで本セミナーでは、地域におけるDX推進と地方創生の取り組みについて、国と地方公共団体の担当者を招き、DX推進を地方創生施策としていかに実現するか、事例紹介と議論を通じて考えます。事例紹介では、自治体におけるDXの旗手として知られている茨城県つくば市における各種取り組みや官民連携の要諦等を紹介いただく予定です。
ご多用とは存じますが、ご参加につき、ぜひご検討いただきますようお願いいたします。

<地域におけるDX推進と地方創生 概要>
日 時: 2022年2月18日(金)13:00~14:50
形 式: オンライン(Zoom配信)開催
対 象: 地方自治体の幹部職員、企画(デジタル政策、地方創生等)・人事担当職員 他
参加費: 無料
プログラム:
基調講演(事前収録配信):「地方創生としてのDX推進~自治体がDX推進に取り組む意義と効用~」
飯嶋威夫 内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局 参事官
ケーススタディ:「自治体DXと官民連携:つくば市の取り組み」
森祐介 つくば市政策イノベーション部 部長
モデレーター:川島宏一 筑波大学システム情報系社会工学域 教授

申し込み:以下サイトもしくは下記QRコードの専用フォームよりお申し込みください。
   https://www.jpc-net.jp/seminar/detail/005640.html

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201176175-O1-MepG4oA4

*プログラム詳細は、別添開催案内パンフレットをご参照ください。
*ご参加をご希望される場合は、上記フォームよりお申し込みいただきますようお願いいたします。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。