配信元:@Press

阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、社長:小坂光彦)が、讀賣テレビ放送株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大橋善光)と共同で構成するプログラボ教育事業運営委員会は、2022年4月に「プログラボ セレオ八王子(東京都八王子市)」、「プログラボ きよせ幼稚園(東京都清瀬市)」、「プログラボ さくらシスラボ(北海道札幌市)」を新たに開校します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/294874/img_294874_1.jpg
「プログラボ セレオ八王子」と「プログラボ きよせ幼稚園」はJR東日本グループの株式会社JR中央線コミュニティデザイン(本社:東京都小金井市、代表取締役社長: 高(※1)橋 好一)が、「プログラボ さくらシスラボ」は学校法人西野学園(所在地:北海道札幌市、理事長:前鼻英蔵)が運営します。各校では開校に先立ち2月から無料体験会を実施します。

「プログラボ」は、『私たちは、ロボットプログラミング教育を通じて、未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育みます。』との教育理念の下、現在、直営校・フランチャイズ校合わせて全国61校を運営し、約6,300名が在籍しているほか、自治体等へのプログラミング教育の導入支援などを行っています。

また、2020年度からはロボットプログラミング教室にとどまらず、広くSTEAM教育(※) を実施すべく、新聞を教材にした「ロジカルリーディング・ライティング講座」や、ICTを活用してクリエイティブなものづくりを行う「プログラボクリエイターズ」、AI人材育成のためのAI開発講座「AIラボ」、手作りの実験で理科について学ぶ「サイエンス講座」など、多彩な講座を開講することで、教育理念の実現を目指しています。

今回新たに開校する各校の詳細は次のとおりです。

(※)STEAM教育とは、「Science:科学」、「Technology:技術」、「Engineering:工学」、「Art:教養・芸術」、「Mathematics:数学」の頭文字をとった言葉で、ロボットやAIなどの科学技術が急速に発展している中で、新たな価値や変化を生み出すことのできる人材を育てるため、海外ではこれらの領域を重視した教育が盛んに行われています。

【各校の概要について】
1.プログラボ セレオ八王子
(1)住所 東京都八王子市旭町1-1 セレオ八王子北館7階
(JR中央線 八王子駅直結)
(2)対象者 年長・小学生・中学生
(3)開設コース ビギナー、スタンダードII
(4)体験会 2022年2月から
※プログラボHPから予約を受け付けます。 https://www.proglab.education/
(5)お問合せ先 0570-200-710(ナビダイヤル)
(9:30~17:30 土・日・祝日を除く。)

2.プログラボ きよせ幼稚園
(1)住所 東京都清瀬市上清戸2-5-43 きよせ幼稚園内
(西武池袋線 清瀬駅から徒歩10分)
(2)対象者 年長・小学生・中学生
※きよせ幼稚園在園生以外の方も受講可能
(3)開設コース ビギナー、スタンダードI、スタンダードII
(4)体験会2022年2月から
※プログラボHPから予約を受け付けます。 https://www.proglab.education/
(5)お問合せ先 0570-200-710(ナビダイヤル)
(9:30~17:30 土・日・祝日を除く。)

3.プログラボ さくらシスラボ
(1)住所 北海道札幌市西区西野4条6丁目11-15 西野桜幼稚園内
(2)対象者 年長・小学生・中学生
※西野桜幼稚園在園生以外の方も受講可能
(3)開設コース ビギナー、スタンダードII
(4)体験会 2022年2月から
※プログラボHPから予約を受け付けます。 https://www.proglab.education/
(5)お問合せ先 0570-200-710(ナビダイヤル)
(9:30~17:30 土・日・祝日を除く。)

【参考1】株式会社ミマモルメの概要
1 本社 大阪市福島区福島3丁目14番24号
2 資本金 1億円(阪神電気鉄道株式会社100%出資)
3 設立 2017年8月8日
4 代表者 代表取締役・社長 小坂 光彦
5 事業内容 あんしん事業(ミマモルメ)・教育事業(プログラボ)
6 ホームページ
ミマモルメ https://www.hanshin-anshin.jp/
プログラボ https://www.proglab.education/

【参考2】ロボットプログラミング教室「プログラボ」の概要
1 教育理念 私たちは、ロボット・プログラミング教育を通じて、未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育みます。
「夢を実現するチカラ」とは
(1)学びに対する喜び・意欲
知識と論理的な思考方法を身につけ、それを実践することで、学ぶ喜びを体感し、意欲的に学ぶ姿勢、問題解決力を養います。
(2)視野や興味の幅を広げ、それを深く追求する心
身のまわりのさまざまな物事に興味を持つ好奇心と、興味を持った物事に対して深く掘り下げる探究心を育みます。
(3)自らの力でやり抜く精神
失敗を恐れず、試行錯誤を重ね、主体性と最後までやり抜く力を育てます。
2 対象者
年長~中学生
3 内容主に教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3を用いて、モーターや各種センサーを使ってロボットを組み立て、ビジュアルアイコンを使ったソフトウェアでプログラミングを行います。
4 料金体系(入会金、教材費は不要)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/294874/img_294874_2.jpg

(※1)高ははしごだか


ミマモルメ https://www.hanshin-anshin.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/260b8acc3ba4fd6a2c07d4a394d364ef66a75ec6.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。