配信元:@Press

IEEE(アイ・トリプルイー)は世界各国の技術専門家が会員として参加しており、さまざまな提言やイベントなどを通じ科学技術の進化へ貢献しています。
IEEEメンバーは、現在のサプライチェーン問題から浮き彫りになる、モダナイゼーションの必要性今回提言を発表しました。

2021年後半では、世界中のサプライチェーンが厳しい苦戦を強いられました。ウイルスの世界的流行、労働力不足、サイバー攻撃、商品に対する消費者需要の増加、その他の世界的な要因による混乱が衝突し、これまでにない障害や滞りが生じました。

公的部門および民間部門による状況改善の努力にもかかわらず、サプライチェーン関連の問題は2023年まで続くと専門家は予測しています。
家電業界では、米国のスマートフォン小売業者の70%以上が商品不足に直面しました。自動車業界の状況については、さらに厳しいものでした。

IEEE Life Fellowのトム・コフリン氏(Tom Coughlin)は次のように話しています。「多くの国で新型コロナウイルスの影響が継続していることに加え、労働力不足が生じ、サプライチェーンに影響が出たため回復が遅れています。こうした理由により、サプライチェーンの問題からの回復には、完全な解決に何か月も、あるいは何年もかかると思われます。」
サプライチェーンの混乱から落ち着きを取り戻すために期待できるいくつかのテクノロジーがあります。この先、工場、港湾、倉庫などのサプライチェーンをモダナイズすることは、より安全で信頼できる未来を確保するために重要な要素です。


■ブロックチェーンによるトレーサビリティと透明性の向上
グローバルサプライチェーンは、一般にメーカー、サプライヤー、物流会社、小売業者などがそれぞれ連携して構成される複雑なプロセスであるため、追跡や調査が困難です。ブロックチェーン技術の導入によるサプライチェーンの認証と制御は、サプライチェーンプロセスを通じた商品移動におけるトレーサビリティと透明性の向上に対して、重要な役割を果たすことになります。

一般的には、サプライチェーンは時間がかかる紙ベースのプロセスに依存しており、透明性に欠け、エラーの余地も多く存在するものです。しかし、ブロックチェーンの助けを借りることで企業はよりスマートで安全なサプライチェーンを構築することができます。情報をリアルタイムで更新および検証できるため、明確で信頼できる証跡を通じた製品の追跡が可能になるからです。
IEEEメンバーのマルコス アントニオ シンプリシオJr氏(Marcos Antonio Simplicio Jr.)は、次のように述べています。「我々は情報を伝える方法として紙媒体を放棄しつつあります。デジタル署名の文書は、透明性を保つためにブロックチェーンに潜在的に登録がなされており、俊敏性と安全性の面ではるかに優れています。」


■ロジスティクス管理の改善のための自動化
トム・コフリン氏(Tom Coughlin)は、サプライチェーンの自動化は運用プロセスを合理化するための重要な要素だと話しています。
高度に自動化された現地の工場であれば、サプライチェーンを短縮することが可能ですが、ロジスティクス技術もこの問題に一石を投じることができます。1人のドライバーが後続の複数の車両を制御するトラック隊列走行を企業は試験的に導入しています。先進運転支援システム(ADAS)を利用することで、ドライバーへのストレスも軽減される見込みです。
「同様に、高度に自動化された輸送など、さらに自動化したマテリアルハンドリングや配送により、ウイルスの世界的流行などの影響を軽減することができます」とトム・コフリン氏(Tom Coughlin)は述べています。


■サプライチェーンに対する攻撃を軽減するためのサイバーセキュリティの取り組み強化
過去12か月間に、重要なインフラに対する大規模なサイバー攻撃が複数発生しており、サプライチェーン全体に大きな混乱を与えました。サイバーセキュリティの取り組みを強化し、これらの攻撃を軽減するために必要な措置を講じることが組織にとって重要となります。
たとえば、IoTなどのテクノロジーを使用することで、サプライチェーン全体の製品の動きや状態を監視できます。同時に、こうしたテクノロジーは脅威の領域を増加させます。
「サイバーセキュリティを使用することで、テクノロジーを使用したシステムが攻撃者に乗っ取られ、すべてのメリットが台無しになってしまうことを防ぎます」とマルコス アントニオ シンプリシオJr氏(Marcos Antonio Simplicio Jr.)は述べています。


■進化し続けるサプライチェーン
ウイルスの世界的流行により、グローバルサプライチェーンの多くの脆弱性が洗い出され、モダナイゼーションの必要性が明らかになりました。サプライチェーンが完全に回復するまでには長い道のりが必要です。
トム・コフリン氏(Tom Coughlin)は次のように話しています。「マテリアルハンドリングと製造において自動化の度合いが高まり、多くの場合でAIを使って生産を制御し、ブロックチェーンの認証技術を使用した配送が行われるようになると思います。また、高度に自動化された工場では一部の生産が需要に追いつくため、ある程度のサプライチェーンの縮小が見られると思います。」


■IEEEについて
IEEEは、世界最大の技術専門家の組織であり、人類に恩恵をもたらす技術の進展に貢献しています。160カ国、40万人以上のエンジニアや技術専門会の会員を擁する非営利団体で、論文誌の発行、国際会議の開催、技術標準化などを行うとともに、諸活動を通じて世界中の工学やその他専門技術職のための信用性の高い「声」として役立っています。
IEEEは、電機・電子工学およびコンピューターサイエンス分野における世界の文献の30%を出版、2000以上の現行標準を策定し、年間1800を超える国際会議を開催しています。

詳しくは http://www.ieee.org をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。