配信元:@Press

株式会社GLAB(所在地:広島県東広島市、代表取締役:蒲田 和芳)は、2021年12月にタイ王国のサッカー女子代表チーム(以下、FA Thailand)とアスリートサポート契約を締結しました。株式会社GLABはこれまでも、多くのチームや個人の選手とアスリートサポートの契約をしてきています。アスリートサポートでは、選手の方にリアライン商品を提供することや、代表取締役である蒲田 和芳(理学療法士・医学博士)による選手へのケアやコンディショニングを主とした契約です。

この契約は昨年9月にFA Thailandのフィジカルコーチに就任した江口 なおみ氏からのご依頼により実現しました。現在、FA Thailandは世界的にも注目されており、昨年開催されたアジア杯では、アジアの女子チームで唯一、FIFAの密着取材を受けていました。
江口氏からは、リアライン商品やリアライン・コンセプトを導入することで、メディカル班や選手のコンディショニングに対する意識も変化し、2023年のW杯出場を目標に日々練習に取り組んでいるとお話を伺っています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/294909/LL_img_294909_1.jpg
FA Thailand1

合宿中のタイ代表選手の皆様


■リアライン(ReaLine(R))とは
リアラインとは、リアライン=re-(再び)+align(配列する)
つまり、リアラインとは歪んだり本来の動きを失ったりした関節を理想的な状態に整えるということを意味しています。冒頭にも紹介した蒲田が発案した理念であり、この理念を用いて関節の歪みへ根本から働きかける治療理論のことをリアライン・コンセプトと呼んでいます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/294909/LL_img_294909_2.jpg
FA Thailand2

■リアライン商品
上の写真で、選手が使用しているのがリアライン商品の中でも特に多くのアスリートが使用している「ReaLine Core(リアライン・コア)」です。
リアライン・コアは胸郭や骨盤に巻き、簡単なエクササイズをすることで関節を理想的な位置に修正してくれます。関節が理想的な位置に修正されることで、動きにくくなっている部分や、痛みを改善する効果が期待されます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/294909/LL_img_294909_3.jpg
ReaLine Core2

ReaLine Core(リアライン・コア)

■「ReaLine Core」 概要
名称 : リアライン・コア
販売料金: ¥110,000(税込)
URL : https://glab.shop/collections/realine

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/294909/LL_img_294909_4.jpg
FA Thailand3

上の写真で、選手が手にしているのは「ReaLine BalanceShoes(リアライン・バランスシューズ)」と呼ばれる商品です。このバランスシューズは、下の写真にあるように下駄のような形をしており、裏面は平ではなく1本の軸がついています。
バランスシューズを履き、裏面の1本の軸に乗るようにしてバランスを取りながら、スクワット運動などのエクササイズをすることで、下肢の関節を理想的な位置に修正してくれます。

バランスシューズには、膝関節用と足関節用の2種類があり、選手自身が怪我の多い関節や痛みが出やすい部分に応じて使い分けることも可能です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/294909/LL_img_294909_5.jpg
ReaLine BalanceShoes 膝関節用

ReaLine BalanceShoes 膝関節用
(リアライン・バランスシューズ)


■「ReaLine BalanceShoes」
名称 : リアライン・バランスシューズ 膝関節用
リアライン・バランスシューズ 足関節用
販売料金: 膝関節用 ¥8,800(税込)/足関節用 ¥7,200(税込)
URL : https://glab.shop/collections/realine


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。