配信元:共同通信PRワイヤー

2022年 1月24日 発信
報道関係者各位                            

 国産青果物卸や加工製造を行う株式会社東京フード(本社:栃木県佐野市/代表取締役社長:塚越 恒美/以下 東京フード))は、鹿児島のさつまいも生産農家と契約栽培した、ゴールデン安納芋を使った、いも家kaneki店舗限定「まるでスイートポテトゴールデン安納芋」を発売します。

 九州地方ではさつまいもの、つるや根が腐ってしまう、さつまいも基腐(もとぐされ)病が発生し、被害が広がっています。産地では収穫量の減少で生産に大きな影響が出ています。そこで、東京フード(副社長:塚越将童氏)の発案で、日光東照宮の松を再生させた、(有)日本蘭科植物園 代表取締役 早川順章氏とともに、鹿児島県大崎町で土壌改良実験を行い、現在改善の方向に向かっています。リサイクル率13年連続日本一の街、鹿児島県大崎町に農場を持つ、都食品と東京フードで、食品残渣を活用した有機肥料で生産されたゴールデン安納芋は、品質も高く、加工にも最適な芋として商品化しました。

 今回オフィス、工場、新店舗オープンにあたって、SDGS に取り組んだ商品『いも家kaneki店舗限定』「まるでスイートポテトゴールデン安納芋」として発売します。
 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201206315-O2-Wv6FN7C5
 ゴールデン安納芋は鮮やかなオレンジ色で、ねっとりとした独特の食感と強い甘味が特徴でさつまいも好きには大変人気の高いイモです。しかし、さつまいも基腐(もとぐされ)病の全国的な広がりで、市場になかなか出回らなくなり、今や幻の芋とも言われています。新店舗限定の商品となりますが、店舗にお越しのお客様にお届けしたいと考えました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201206315-O3-OM67767s

 なお、昨年新工場が完成、11月に新オフィス・新店舗が完成し、2月に正式オープンいたします。2月17日にはレセプションオープン、2月18日にはグランドオープンの予定です。焼き芋、干し芋製品の複合型直売施設「いも家kaneki(カネキ)」は、茨城、栃木、京都、鹿児島の産地や品種の異なるさつま芋を契約農家と直接取り引きし、安心安全そして味にこだわったさつまいもを専門に扱い、SDGS に取り組む東京フードの新たなチャレンジとなります。

いも家kaneki(カネキ)
さつまいも専門店 
無添加・無着色の焼き芋や干し芋、素材の味を引き出したさつまいもスイーツなどを販売しています。

住所 〒327-0004 栃木県佐野市赤坂町940-3
通販サイト     https://imoya-kaneki.com/
公式インスタグラム https://www.instagram.com/imoyakaneki/?hl=ja

本件に関するお問い合わせ 株式会社 東京フード https://www.tokyo-food.co.jp/
                                       

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。