配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 94189 (0181)

【常州(中国)2022年1月21日PR Newswire=共同通信JBN】670Wプラス超高出力モジュールを2021年3月に発売することによって、トリナ・ソーラー(Trina Solar)は、この業界を600Wプラス時代に導くとともに210mmテクノロジーの最大の価値を引き出し、PV効率性の急拡大とLCOEの減少をもたらした。トリナ・ソーラーの210mmモジュールの累積世界出荷は現時点で16GWを超えている。

この十分に優れたPV性能をどのように向上させ、それをどのように改善するのか?トリナ・ソーラーのJifan Gao会長は2022年の始まりにスピーチを行い、210mmモジュールテクノロジーの開発の背景にある同氏独自のアイデアと今後の方向性を明らかにした。

以下は同氏のコンフェレンススピーチからの抜粋である。

▽素晴らしい業績:210mm高度テクノロジーは前途有望であり、600Wプラス時代が到来した

製造で2年以上を費やした業界および当社の世界顧客にいたる企業の共同取り組みと努力によって、210mmテクノロジーは大規模製品の標準になり、業界全体の大きなチャンスになっている。われわれがこの水準を達成できたのは、ソーラー業界のあらゆるセクションで行われたハードワークと莫大な貢献のおかげである。

トリナ・ソーラーの210mmモジュールは現在、当社の最も主流となる製品であり、累積出荷は16GWを超え、すべての大規模モジュールブランドの中で第1位であることは疑いの余地はない。これは、トリナ・ソーラーのマイルストーンだけではなく、600WプラスのPhotovoltaic Open Innovation Ecological Allianceすべてのメンバーにとっての大きな成果でもある。

われわれが現時点で確認しているのは、原材料がスムーズに供給され、210mmモジュールはモジュールの標準化を達成する先導的な役割を果たしており、インバーターおよびトラッカーは600Wプラス・サプライチェーン全体で包括的に採用され、発電所システムの安全性および効率性が大幅に向上し、LCOEが大幅に削減されていることである。さらに、サプライチェーンの生産能力は210mmテクノロジーによって拡大を続け、600WプラスAllianceのメンバーシップは現在95企業に急増し、これらすべての企業はこのテクノロジーを認め、信頼したことが理由である。2年経過して、210mmモジュールは現在、PV業界のための確認された明確な方向性になっている。

▽感謝:創造力豊かなエコシステムが210mmテクノロジーを生み出した

210mmモジュールおよびテクノロジーにおける新しい画期的ソリューションと大きな進展は、600Wプラス高出力時代の幕を開いた。これは、サプライチェーンのあらゆる局面での莫大な貢献に加え、突破口を開く共同の業界全体の努力によるものだ。600WプラスAllianceの精力的な研究努力に感謝する。半導体からセル、モジュール、インバーター、トラッカー、ガラスまで、サプライチェーンのさまざまな部分が協力し、PV業界に大きな変化をもたらした。その210mmテクノロジーは、大規模モジュールを業界基準にすることをリードしてきた。

トリナ・ソーラー自体、負荷性能、コンテナ出荷、保管、輸送、設置などの特定分野で受注に連続成功した。210mmモジュールの風圧抵抗を例に挙げる。世界をリードする風洞企業の調査結果は、210mmモジュールはスリムな構造デザインによって他の製品と遜色がないだけでなく、実際にはそれらの製品よりも性能が上であることを示した。

これが重要なのは、企業イノベーションおよび業界進歩でオープンアプローチを採用する重要性を実証していることである。現在、われわれは600Wプラス時代に突入し、210mmテクノロジーおよび製品は大幅に拡大し、より大きな電力を生み出す準備ができている。

▽他を利する:210mmモジュールの背景にある動機

真の成功をもたらすことができるビジネスモデルは世界に1つしかない。それは他を利することである。この動機こそがトリナ・ソーラーが講じたあらゆる決断と措置を促進している。他を利する願望に動かされ、トリナ・ソーラーが210mmテクノロジーを選択した基本的な理由が2つある。

1.減価償却を鈍化させ、未来を捉える
125mmから156mmや、158.75mmから166mmセルおよびモジュールごとに、業界は大きく前進したが、それはまた多くの新たな設備減価償却をもたらした。しかし、業界はグリッドパリティーと軽減された生産コストを要望している。このため、われわれは今後連続的な新製品ラインの反復のニーズをどのようにして最小限に抑え、一定期間にわたり新しい業界生産能力の価値をどのようにして最大限に高めることができるか?この問題は、私とトリナ・ソーラーが長年にわたり思案してきた1つである。

われわれが210mmモジュールを生産した際、われわれは特定の製品を置き換えることを目指したのではなく、どのサイズがPV業界の将来の方向性に沿ったものかを考慮した。われわれは一定期間で究極的に普及するサイズを見極めるため、将来の視点から現時点を考察しようとした。210mmモジュールは、将来の拡大の方向性を受け入れた後、その自明の事項とさまざまな要因に基づいて「プラットフォーム」テクノロジーを考案することによって生み出された。これは、すべての企業が持続可能な成長を達成することを支援し、その結果、より良い業界を生み出す。

約2年間のハードワークを経て、210mmテクノロジーは業界の信頼を勝ち得たことは明白である。PVinfoLinkの予測によると、50%以上の生産能力が現在、210mmサイズに対応している。セルおよびモジュールメーカーは生産能力の拡大の基盤として210mmテクノロジーを使用することを決定すれば、生産能力がすぐに時代遅れになることを防ぐことができる。これは、全体的に生産ライフサイクルがより長くなることを意味する。

2.技術イノベーションを通じて業界発展を促進
PV業界は優れた革新能力を誇っている。600Wプラスが生まれた際、誰もがこの提案に賛成し、課題の大きさにもかかわらず参加を希求した。新たなムードは、アップストリームとダウンストリームのプレーヤーの間で醸成された。これのプレーヤーは共同イノベーション、共有ベネフィット、同時成長の文化を築いた。業界全体による共同取り組みを通じて、210mmテクノロジーが発展するスピードはわれわれの当初予測をはるかに上回った。

すべての企業はより大きな成長のために懸命に努力している。しかし、トリナ・ソーラーは他を利する際、自らも利することを認識してきた。われわれは、当社の顧客とより幅広い業界エコシステムを利するときにのみ、今後も成長を継続できる。

▽未来:イノベーションとサステナビリティーによって適切な進路を進む

基盤はすでに築かれており、われわれは適切な進路を堅持するとともに、常に新しい地平線を求めていかなければならない。トリナ・ソーラーは同社の基本的価値観を堅持し、その製品ソリューションの境界を常に押し広げていく。未来は始まりに過ぎない。テクノロジーはまだまだ未熟であり、まだ達成されていない多くの課題が残っている。トリナ・ソーラーは「Solar energy for all(ソーラーエネルギーをすべての人に)」という使命を今後も堅持し続けていく。われわれはすべての人と、着実だが確実に協力し、PVをさらに素晴らしいものにしていく。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。