配信元:@Press

昨年11月に日本上陸したばかりのヴィーガンミルクチョコレートブランド、≪H!P CHOCOLATE(ヒップチョコレート)≫は、オーツミルクを使用したクリーミーで驚くようなおいしさとパッケージのかわいさで、早くも大人気!
シスターブランドの≪LOVE COCOA(ラブココア)≫と一緒に、2022年都内百貨店のバレンタイン催事8か所にて販売いたします。(日本代理店:合同会社Vol.)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/295169/LL_img_295169_1.jpg
fullrange

英・チョコレートブランド≪LOVE COCOA(ラブココア)≫の創設者、James Cadburyが、おいしいヴィーガンのミルクチョコレートを食べたいという願いから立ち上げた新ブランド、≪H!P CHOCOLATE(ヒップチョコレート)≫はオーツミルクを使用した、サステナブルでプラントベースの全く新しいヴィーガンミルクチョコレートです。

動物性の材料を一切使用せずオーツミルクを使用することによって、ヴィーガンフレンドリーながら、従来のヴィーガンチョコレートとは一線を画す、驚くほどクリーミーでくちどけなめらかなチョコレートが出来上がりました。

オーツミルクは他の植物性ミルクと比べ、『サステナビリティ』『栄養』そして最も重要な『味』の面で高いパフォーマンスを発揮する、今日本国内でも注目を集めているミルクです。
加糖はせず、食物繊維・タンパク質・亜鉛・ビタミンD・マグネシウムなどを多く含んでおり、また、アレルゲンフリー・大豆フリー・グルテンフリーなのでより幅広い方々に安心して楽しんでいただける植物性ミルクです。

南アメリカ・コロンビアの上質なカカオのみを使用したシングルオリジンのチョコレートにグルテンフリーのオーツミルクを加えた≪H!P CHOCOLATE(ヒップチョコレート)≫は、現在4種類のユニークなフレーバーがラインナップしています。


【Creamy Oat Milk Chocolate Bar 70g】
コロンビアで採れた高品質のカカオにオーツミルクを加えた、シンプルながら驚くほどクリーミーなミルクチョコレート。

【Cookie NO Cream Oat Milk Chocolate Bar 70g】
驚くほどにおいしいオーツミルクチョコレートに砕いたクッキーを練り込んだ、最高のコンビネーションは、オトナも子どもも大好きなフレーバー。

【Salty Pretzel Oat Milk Chocolate Bar 70g】
クリーミーで上品な甘さのオーツミルクチョコレートに、塩味の効いたプレッツェルを砕いてブレンド。一度味わったら止まらない!

【Salted Caramel Oat Milk Chocolate Bar 70g】
現代の定番と言っても過言でないこのフレーバーは、クリーミーなオーツミルクチョコレートにシーソルトとキャラメルを加えた誰にでも愛される1枚。

●コロンビア産シングルオリジンカカオ41%使用
●ヴィーガンフレンドリー
●スレイブフリー
●プラスチックフリーパッケージ

内容量: 70g
価格 : 900円(税込972円)

その≪H!P CHOCOLATE(ヒップチョコレート)≫が早くも都内百貨店のバレンタイン催事8か所に登場!シスターブランドの≪LOVE COCOA(ラブココア)≫と一緒に参加しています。

(1) 西武池袋本店 7階催事場『チョコレートパラダイス2022』:開催中
(2) 小田急百貨店新宿店 11階催事場『ショコラ×ショコラ』:開催中
(3) 日本橋高島屋S.C. 本館8階特設会場 『アムールデュショコラ』:1月26日(水)~
(4) 新宿高島屋 11階特設会場『アムールデュショコラ』:1月26日(水)~
(5) 渋谷スクランブルスクエア 1階エスカレーター前 Space1:1月27日(木)~
(6) 渋谷ヒカリエ 8階 『Shibuya Hikarie ShinQs VALENTINE 2022』:2月1日(火)~
(7) 松屋銀座 8階イベントスクエア『GINZA VALENTINE WORLD』:2月2日(水)~
(8) 伊勢丹新宿店 本館6階催事場『スイーツコレクション2022』:2月5日(土)~

※営業時間は予告なく変更となる場合があります。詳しくは各百貨店の公式HPをご覧ください。

【ブランド表記】
H!P CHOCOLATE(ヒップチョコレート)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。