配信元:共同通信PRワイヤー

2022年1月27日
独立行政法人製品評価技術基盤機構

熱い蒸気と内部の湯に注意 ~知って防ごう「加湿器」の事故~ 

 肌やのどの乾燥防止に活躍する「加湿器」や「加湿機能付きの空気清浄機」(以下、「加湿器等」)は、新型コロナウイルス感染症への対策としての需要もあり、特に最近、出荷数が大きく増加しています。また、例年4月をピークに空気の乾燥が進み、各所で乾燥注意報も多く発令されるため、加湿器等の利用機会は今後も増加することが見込まれます。
 しかし、取り扱いを誤ると、高温の蒸気や内部のお湯による子どものやけど、手入れ不足が原因で機器内部に漏水したことによる火災など事故に至るおそれもあります。
  独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE(ナイト))は、加湿器等の扱いによる事故を防ぐため、注意喚起を行います。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201266608-O1-1reg5G97
 
 NITEに報告があった2016年度から2020年度までの5年間に発生した加湿器等の事故35件のうち、製品の不具合以外の要因で発生した事故は27件です。 
 特に乳幼児は、体が小さく皮膚も薄いため、体表面積に占めるやけどの割合が高くなり、短時間で皮膚深くまでやけどが及びやすいなど、重症化しやすい傾向があるので、より一層の注意が必要です。その他、リコール対象製品による事故も発生しているため、お持ちの製品がリコール対象でないかどうかを確認してください。

プレスリリース原文はこちら >> https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2021fy/prs220127.html

 
 加湿器等の気をつけるポイント 
子どものやけど
○ 熱いお湯や蒸気を使う製品かを確認する
○ 高温の蒸気に気をつける
○ 製品の転倒による湯こぼれに気をつける

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201266608-O2-rTkd9d80

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201266608-O3-155BvhcJ

その他の加湿器等の事故を防ぐために
○ 給水タンクには水道水を入れ、指定以外の薬剤などは入れない。満水ラインを超えない
○ 定期的にお手入れを行う。機器本体の丸洗いはしない
○ 電源コードを引っ張らない、折り曲げない、きつく巻き付けない
○ リコール対象になっていないかを確認する

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201266608-O4-z16nhgwj

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201266608-O6-FFfWw2W7
 
 リコール情報について
 事業者、消費者庁、経済産業省及びNITEなどはホームページでリコール情報を掲載しています。        
    消費者庁のリコール情報サイトでは、最新のリコール情報や、キーワードによるリコール情報の検索を行うことができます。また、「リコール情報メールサービス」に登録することでリコール情報が提供されます。
 消費者庁リコール情報サイト >> https://www.recall.caa.go.jp/

 
一般消費者用 製品事故検索ツール「SAFE-Lite」
 NITEはホームページで製品事故に特化したウェブ検索ツール「SAFE-Lite(セーフ・ライト)」のサービスを行っております。製品の利用者が慣れ親しんだ名称で製品名を入力すると、その名称(製品)に関連する事故の情報が表示されます。
 SAFE-Lite >> https://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/safe-lite.html

 
動画 「加湿器の事故を防ぐポイント」

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=A9zqPvMlNHE

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。