配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 95677 (0944)

【ボストン2022年5月16日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大の経済コンサルタント企業の1つAnalysis Group(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3515702-1&h=1889449274&u=http%3A%2F%2Fwww.analysisgroup.com%2F&a=Analysis+Group )の経済専門家は、メタバースの導入とその影響がモバイルテクノロジーと同じように進化すれば、導入が開始の10年後には世界の国内総生産(GDP)に2.8%寄与し得るとする報告書を公表した。2022年に開始されたとすると、10年かけたメタバースの導入は2031年に世界のGDPに3兆ドル寄与する可能性がある。モバイルテクノロジーのようにメタバースは広範囲の用途があり、教育、医療、製造、職業訓練、通信、娯楽、小売りなど幅広い経済部門を変革する可能性を秘めている。

この分析(https://www.analysisgroup.com/metaverse )は、前回の画期的テクノロジーに関する調査を調整し、メタバースの潜在的な導入プロセスと経済的影響について推論している。メタバースはまだ発展段階ではあるが、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、複合現実(MR)などのテクノロジー開発によって実現されるデジタル空間の広範なネットワークを包含すると予見されている。

今回の分析は、メタバースがユーザーによる導入率とGDPへの影響の観点からみて、これまでに成功を収めたテクノロジーのように進化した場合のメタバースの潜在的な経済的影響を測定することに焦点を合わせている。研究者は適切な類似例としてモバイルテクノロジーを選択した。その理由は、モバイルテクノロジーが既存テクノロジーと初期のイノベーションを組み合わせ、世界のテクノロジーと経済状況を根本的に様変わりさせた点で、メタバースに類似しているからである。

研究チームは、革新的テクノロジーの開発サイクルと、この数年間にわたるモバイルテクノロジーの開発と導入に関する公表データの学術文献を利用し、直接、間接、触媒的ないしは刺激的影響を評価した。これらの要因は、雇用創出、企業成長、経済発展などGDPにとって重要である。

 
地域            10年目のGDPに対する  2022年導入開始での2031年の
              メタバースのシェア   メタバースのGDPへの総貢献度

アジア太平洋(APAC)       2.3%         1兆400万ドル
米国                2.3%          5600億ドル
欧州                1.7%          4400億ドル
中東・北アフリカ・トルコ(MENAT)6.2%          3600億ドル
中南米(LATAM)         5.0%          3200億ドル
インド               4.6%          2400億ドル
サハラ砂漠以南のアフリカ(SSA)  1.8%           400億ドル
カナダ               0.9%           200億ドル
世界的影響             2.8%         3兆100億ドル

 
この研究報告書はAnalysis GroupのLaurits Christensenマネージングプリンシパル(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3515702-1&h=2128946143&u=https%3A%2F%2Fwww.analysisgroup.com%2Fexperts-and-consultants%2Fmanaging-principals%2Flaurits-r--christensen%2F&a=Laurits+Christensen )とAlex Robinsonマネージャー(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3515702-1&h=2770036333&u=https%3A%2F%2Fwww.analysisgroup.com%2Fexperts-and-consultants%2Fmanagers%2Falex-robinson%2F&a=Alex+Robinson )が執筆、経済専門家のチームがサポートした。資金はMetaが提供した。

Analysis Groupの能力に関する詳細はウェブサイトAnalysisGroup.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3515702-1&h=1038704972&u=http%3A%2F%2Fanalysisgroup.com%2F&a=AnalysisGroup.com )を参照。

▽Analysis Groupについて
Analysis Groupは世界最大の経済コンサルタント企業の1つであり、北米、欧州、アジアの14の事務所に1000人を超える専門家を擁している。同社は1981年から、経済、金融、医療分析、戦略に関する専門知識を世界中の大手法律事務所、Fortune Global 500社や政府機関に提供してきた。社内の専門家は、学界、産業界、政府の提携専門家のネットワークとともに、極めて広範かつ深い専門知識を当社のクライアントに提供している。

▽問い合わせ先
Analysis Group
Eric Seymour
+1 978 273 6049
eric.seymour@analysisgroup.com

ソース:Analysis Group

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。