配信元:@Press

ヨガヒーラーアカデミーハワイは、5月28日(土)に懇親会と記念講演を開催することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309948/LL_img_309948_1.jpg
相対的貧困を解決し幸福度を高める秘伝がヨガ哲学にある!

お世話になります。私はアキ・ソラーノと申します。私はラスベガス在住。肺癌末期の夫と暮らしながらヨガやマインドフルネスを指導しているものです。子ども食堂支援活動も行っています。講演会では、「子ども食堂」への応援募金も行います。一人でも多くのお子様の笑顔と健康に貢献するのが使命の一つです。

日本の幸福度は下がり続けています。6人に1人が「相対的貧困」に直面。5人に1人は一生の間に、何らかの精神疾患にかかるといわれています。不安から解消されない人が増加。つきまとう悩みや問題には、正しい解決方法が必要です。

そこで、私はこの課題を踏まえて、2022年4月7日、さくら舎より「ミリオネアヨガマスターの9つの習慣 ~お金と幸福のヨガ哲学の教え~」を出版。5月28日(土)に私の活動を支えてくれたファンの方と直接お会いし、懇親会と記念講演を開催することになりました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/309948/LL_img_309948_7.jpeg
ミリオネアヨガマスターの9つの習慣 ~お金と幸福のヨガ哲学の教え~

私は、貧困や心の病の経験者です。阪神・淡路大震災で家全壊、9.11米国同時多発テロ事件に現地で遭遇。アジア人への差別は日常茶飯事。日米で数々の困難に直面してきました。このような中で私を救い、お金と幸福の両方を手に入れたのは、3500年の叡智が詰まったヨガ哲学のおかげです。

例えば、呼吸法。深い呼吸は、「今、ここ」という時間に心と体をつなげるマグネット。呼吸で心と体の状態を整え、人生を制する力になります。出版や講演会を通して、お金と幸福の両方を手にすることができる「ヨガ哲学」の実践法をお伝えし、今ある命に感謝し、一度しかない人生を楽しむお手伝いをしたいと切に願っています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/309948/LL_img_309948_5.jpg
子ども食堂へお米をお届けしています
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/309948/LL_img_309948_6.jpg
収益金の一部は子ども食堂へ
【開催概要】
講演名 :アキ・ソラーノ出版記念講演
開催日時 :2022年5月28日(土)午後2時~午後4時まで
開催場所 :東京・御茶ノ水・ソラシティカンファレンスセンター
アクセス :JR「御茶ノ水」駅徒歩1分、東京メトロ「新御茶ノ水」駅直結
定員 :約200名
参加費 :アマゾン(ヨガ部門1位)達成記念につき無料
申込み方法:ラインQRコードにて(添付)


【アキ・ソラーノ プロフィール】
1966年大阪生まれ、京都育ち。2017年、アメリカ国籍を取得し、現在はアメリカ・ラスベガス在住。ヨガ指導、金融投資、不動産、複数ビジネスでミリオネアに。世界最高峰のヨガ指導者(全米ヨガアライアンス協会認定E-RYT500)。ヨガ哲学、マインドフルネス(瞑想法)、呼吸法など、西洋と東洋の知見を統合化させた「ディープマインドフルネス(R)ヨガ」開発者。ヨガ指導者育成スクール「ヨガヒーラーアカデミーハワイ」オーナー。「Terra Hawaii Consulting L.L.C」CEO。一般社団法人国連P.R.I.D.E理事(子供農園と子ども食堂の支援)。文部科学省小学教員免許資格を持つ。世界中に生徒を持つヨガマスター。元フリーアナウンサー。性格は気さくで明るく、楽しいタイプ。


【会社概要】
■会社名 : ヨガヒーラーアカデミーハワイ
■代表 : アキ・ソラーノ
■プロフィール: https://akisolano.com/about/profile/
■電話 : 080-1128-5962(日本オフィス代表 加藤 寛)
■E-Mail : kato@iyasaremaui.com
■開催場所 : 東京御茶ノ水(ソラシティ)
■日程 : 5月28日(土)午後2時~4時
■詳細は→QRコードをご覧ください


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。