配信元:@Press

八戸ワイン製造に乗り出して5年目を迎えた青森県八戸市は、青森県南地方初のワイナリー「澤内醸造」より、4月22日(金)に新たに八戸ワインを発売しました。そんな八戸ワインの味を青森県内だけでなく、関東近郊に住む人々にもお届けするため、「八戸都市圏交流プラザ 8base(エイトベース)」でのフリーテイスティング&販売会を5月21日(土)に実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_1.jpg
八戸都市圏交流プラザ 8base(エイトベース)

■成長し続ける八戸ワイン
葉タバコからワインへ。青森県八戸市の南部に位置する南郷地区では、かつて葉タバコが盛んに生産されていました。しかし、葉タバコの需要低下や生産者不足が問題視されるようになり、八戸市では打開策を検討していました。そこで葉タバコ栽培からワイン用ブドウの栽培に転換することで、農業における新たな価値の向上と地域経済の活性化を目指そうと「八戸ワイン産業創出プロジェクト」が2014年から始動しました。こうして生まれたのが「八戸ワイン」です。
南郷地区は、日照時間や降水量などからワイン用ブドウの栽培に適した土地と言われていますが、なかでも、葉タバコは品質の良い土壌を好むことから、素材の質が重要視されるワイン用ブドウの栽培に適していました。このような土地で育てられる南郷産ブドウは、年々、コク深く糖度が上がってきています。そのような、量よりも質にこだわったブドウで造られる「八戸ワイン」の美味しさは日々成長し続けています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_2.jpg
ワイン用ブドウ(八戸市南郷)

■8baseとは?
東京日比谷にある「八戸都市圏交流プラザ 8base(エイトベース)」では、八戸圏域(青森県南東部の8つの市町村)にある魅力的な料理や地酒、特産品を首都圏に届け、人と人とのつながりを持つための拠点(ベース)として日比谷OKUROJI内にオープンしました。きれいな店内では、「交流する」「買う」「食べる」をテーマに商品販売やイベントを実施しています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_3.jpg
8base 外観
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_4.jpg
8base 人々で賑わう店内

■澤内醸造から2022年初リリースの「八戸ワイン」
澤内醸造のワインはフィルターや薬を使わず長期熟成して作られる、こだわり抜かれたワインです。フィルターを使わないことで、旨味や香りの成分が残り味に複雑味を出すことができます。
4月22日に発売された八戸ワイン「POP Piccoro」は、八戸市南郷産の2種類のブドウを掛け合わせて作った爽やかなスパークリングワインです。アルコール度数9%で、ブドウの弾けるような香りとのど越しの良い切れ味は、天ぷらなどの揚げ物からお刺身までどんなお料理にも合います。また、旅行などにも持ち運びやすいハーフサイズとなっています。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_5.jpg
2022年4月22日に発売された八戸ワイン「POP Piccoro」

〇POP Piccoro(ピッコロ)
・種類 :スパークリングワイン
・内容量 :360ml
・予定小売価格:980円(税込)
・使用ブドウ :青森県八戸市南郷産ナイアガラ50%、ポートランド50%

同日、澤内醸造からスパークリングワイン2本と赤ワインも発売しています。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_6.jpg
同日(4月22日)発売の澤内醸造ワイン4種

(左から「POP Piccoro」(スパークリングワイン/八戸ワイン)、「POP Arancia」(スパークリングオレンジワイン/日本ワイン)、「POP Chardonnay」(スパークリングワイン/日本ワイン)、「Sorriso 2020」(赤ワイン/日本ワイン))


■土曜日は8baseの「フリーテイスティング&販売会」へ!
フリーテイスティング&販売会は、澤内醸造の「GIGS(ワインテイスティング)ツアー」の一環で行われます。4月29日(金)には8baseでの1回目のフリーテイスティング&販売会が行われ、多くの人々が八戸ワインに舌鼓を打っていました。
2回目は5月21日(土)、澤内醸造の「八戸ワイン」を一度味わってみてはいかがでしょうか。

〇澤内醸造ワイン フリーテイスティング&販売会
・日時:5月21日(土) 11時~15時
・会場:日比谷OKUROJI 8base(エイトベース)

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_7.jpg
澤内醸造「GIGS(ワインテイスティング)ツアー」ポスター
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/310062/LL_img_310062_8.jpg
澤内醸造フリーテイスティング&販売会の様子(4月29日)

■八戸ワインに関するお問い合わせ
八戸市 農林水産部 農業経営振興センター
電話 : 0178-27-9163
Eメール: nokei@city.hachinohe.aomori.jp


■八戸都市圏交流プラザ「8base」施設概要
所在地 : 〒100-0011 東京都千代田区内幸一丁目7-1 日比谷OKUROJI H09
営業時間 : 11:00 - 22:00
定休日 : 年末年始
アクセス : JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
東京メトロ銀座駅 徒歩6分
東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
都営地下鉄内幸駅 徒歩5分
カウンター : 5席
テーブル : 30席
ホームページ: https://8base.jp


■日比谷OKUROJIホームページ
https://www.jrtk.jp/hibiya-okuroji/topics/info.html


■澤内醸造ホームページ
http://www.sawauchi.info/jozo.html
※ネット販売もしています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。