配信元:@Press

様々なビジネスサイズや商材カテゴリを幅広く対応する高機能ECプラットフォームを提供するw2ソリューション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山田 大樹)は、D2C定期通販ECサイトシステム「リピートPLUS」・オムニチャネル対応型総合ECサイトシステム「w2Commerce」にFacebookコンバージョンAPI連携機能の追加を実施しました。FacebookコンバージョンAPIは、マーケティングデータをECプラットフォームからFacebookに直接、信頼性のある方法で接続することを目的としており、マーケティングデータによりFacebook/Instagramでの広告のパーソナライズ、最適化、測定の精度が高まり、広告に興味を持つ可能性が高い利用者に広告が表示されやすくなります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310265/LL_img_310265_1.jpg
イメージ

ここ数年、インターネットのWebサイトを閲覧しているときに、色々な情報がいつの間にかCookieという技術により取得され、第三者がそれら取得した個人の行動履歴や興味関心といった情報をマーケティング活動に利用していることが問題視されております。このCookieの利用を制限することで、第三者が勝手に個人の情報を利用することを防ぎ、利用者のプライバシーを守ろうというのが世界的な流れになっております。なお、Cookieは各種広告の成果(コンバージョン)を計測する目的でも利用されており、Cookieが利用できなくなることで広告の成果を正しく計測することができなくなってしまいます。
このような流れの中、Facebook・Instagram広告を運用しているMeta社はCookieを使ったMetaピクセル(Facebookピクセル)に追加してCookieに依存しない広告計測方法であるFacekookコンバージョンAPI(CAPI)という仕組みを提供しています。

w2ソリューションでは、自社提供のECサイトシステム「リピートPLUS」・「w2Commerce」にFacebookコンバージョンAPI連携機能の追加を実施しました。ネットショッピングの際の「会員登録」・「カート投入」・「注文完了」などのECサイト内でのイベントをトラッキングし利用者の情報をMeta社の仕様に従いハッシュ化してMeta社にAPI連携にて送信します。これらのマーケティングデータによりFacebook/Instagramでの広告のパーソナライズ、最適化、測定の精度が高まり、従来のMetaピクセル(Facebookピクセル)利用のみの時より、より広告に興味を持つ可能性が高い利用者に広告が表示されやすくなります。

w2ソリューション株式会社では、ECビジネスを取り巻くテクノロジーの変化に対応しつつ、導入企業様と共にECビジネスを拡大するパートナーとして選ばれ続けるよう、ECプラットフォームに対し柔軟な機能開発に力を注いでいきます。


■w2ソリューション 会社概要
会社名: w2ソリューション株式会社
代表者: 山田 大樹
所在地: 東京都中央区銀座4丁目14番11号 七十七銀座ビル7F
URL : https://www.w2solution.co.jp/


■w2ソリューションについて
w2ソリューションは、EC事業の「成功」にこだわる最先端ECプラットフォームを展開するシステム会社です。社員の70%超がエンジニアで、テクノロジーをリードする精鋭企業。開発100%内製に加えて、「営業→導入→開発→カスタマーサクセス」の全ての工程も内製。お客様の事業成功を導く体制/仕組みが整っています。サービスは、D2C定期通販向けECサイトシステム「リピートPLUS」、オムニチャネル対応型総合ECサイトシステム「w2Commerce」を展開。業界トップクラスの「平均売上成長率」を実現しており、グループにも「コンサル」「デザイン制作」「運用代行」「データ分析」が揃い、w2グループとして最大のEC価値創出ができている企業です。


■本サービスに関するお問い合わせ先
w2ソリューション株式会社
電話番号:03-5148-9633


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。