配信元:@Press

クリエイター向けの印刷サービス「PHOTOPRI」( https://photopri.com )で額装サービスが2022年5月6日にスタートしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310095/LL_img_310095_1.png
PHOTOPRI TOP

PHOTOPRIとはカメラマンとして活動する代表が家業である印刷業のノウハウや技術を活かして2021年5月に立ち上げたプロ向けの作品印刷サービス。
カメラマン・イラストレーターetc...さまざまなアーティストを中心に、多くの作品作りに携わってきた中で特に要望の多かった作品作りの一元化を解決するために、額装サービスをリリースいたしました。

クリエイターの作品作りのワンストップサービスを目指し、日本全体の写真・イラスト業界を活性化させてゆきます。


【額装サービス概要】
木製・アルミ製の2種類のフレームを提供しております。
シンプルでどんな作品にも合わせやすい国内製のフレームを採用しスタンダードな仕上がりが見込め、汎用性の高い額縁です。

対応している最大サイズはアルミ製がB0まで、木製がB2までとなり、大判サイズまで対応しているのが特徴です。
色目はアルミ製がマットシルバー・マットブラック・ゴールド、木製が無垢・ホワイト・ブラックとベーシックな色目を用意しております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310095/LL_img_310095_2.png
アルミフレームマットシルバー

詳細は: https://photopri.com/pages/framesetting
※2022年5月現在の製品情報です。


【“PHOTOPRI”の理念】
“PHOTOPRI”は写真やイラストなどを通じて「プリントをする」ことの楽しさを皆様と共有することを目的に興した事業です。
デジタル全盛の時代では、作品を形として残すという機会はめっきり減ってしまっています。
そんな時代の中で、写真を“あえて印刷する”ということは作品にするということ、つまり贈れるということ、そして生活に残ると言うこと。

肌の感覚は触らないと分からないように、写真もディスプレイを介さず肉眼で捉えることで迫力や奥ゆかしさを感じることができると思っています。

デジタル全盛の時代に、あえて印刷するという意味と体験を全ての芸術家に感じてもらうために“PHOTOPRI”を立ち上げました。


【“PHOTOPRI”の強み】
(1)色域の広いRGBでのプリント
デジタルカメラのカラーモードであるsRGBとAdobe RGBでのプリントに対応しています。
CMYK変換は不要ですので、撮ったままの色を再現しやすくなっております。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310095/LL_img_310095_10.png
(1)色域の広いRGBでのプリント

(2)「2880×1440dpi」の超高精細印刷
突然ですが、普段皆様が頼んでいる印刷屋さんがいくつのプリンタ解像度でプリントしているかをご存知でしょうか?

“PHOTOPRI”では大判印刷最高レベルと言われている「2880×1440dpi」で印刷を行なっており、繊細かつ迫力のある出力を実現しています。
展示だけではなく、自宅のインテリアとしても妥協のない作品に仕上げることができます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310095/LL_img_310095_11.png
(2)「2880×1440dpi」の超高精細印刷

(3)厳選された用紙
Hahnemuhle(ハーネミューレ・ドイツ)やCanson(キャンソン・フランス)、PICTORICO(ピクトリコ・日本)などのアート業界では誰もがその存在を知っている、名だたる用紙が世界各国から出回っています。

“PHOTOPRI”では、世界で愛される代表的な用紙を取り扱い、また日本国内の伝統的な和紙やEPSON社純正写真用紙、インクを使用した超高精細印刷でお客様の作品づくりをサポートいたします。

人間の目では視認することができない1億色という表現幅をもつプリンタを用い、それぞれの用紙が持つ色のりの良さを活かし、臨場感溢れる色彩を表現することで鑑賞者の気持ちへアプローチします。

また、先述したプリンタの印刷解像度は、用紙との関係性も密であり、使用する用紙によって作品の仕上がりが劇的に変わります。つまり、メーカーが指定した最高品質の印刷用紙を使い、最高密度の印刷設定でプリントした場合に最大能力を発揮できるということです。

その点は、長年のノウハウで用紙ごとに合った設定で出力を実施いたしますのでご安心ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。