配信元:@Press

アウトドア商材の輸入販売を行う株式会社Ablaze(アブレイズ)(所在地:神奈川県横浜市戸塚区、代表取締役:三宅 譲児)は、5月21日(土)~5月22日(日)の2日間、「AICHI SKY EXPO」で開催される「FIELDSTYLE SEASIDE MARKET 2022」にて、ノルウェー発テント『NORTENT(ノルテント)』の展示を行います。また、新作モデル【Gamme6 PC】については、数量限定での販売を予定しています。
さらに、「Deelight(ディーライト)」のハイスペッククーラーや、アウトドアナイフ「Work Tuff Gear(ワークタフギア)」など、当社の取り扱いブランドをイベント価格にて販売予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_1.png
FIELDSTYLE SEASIDE MARKET 2022

■NORTENTとは
NORTENTは2019年にノルウェーで誕生した新しいテントメーカーで、過酷な気候環境に耐え抜くスペックと自然になじむような幾何学的な美しさを追求したテントを開発しています。
NORTENTのテントは、ノルウェーの過酷な環境下を暖かく安全に過ごしてきた先住民の知恵を基にした技術からインスピレーションを受けており、Lavvo・Gammeシリーズは、ノルウェーの厳しい気候環境を乗り越えるためにデザインされました。テントは頑丈で最高品質でありながら軽量性も兼ね揃えており、ヨーロッパやアメリカ、カナダでも高い支持を受けています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_2.png
NORTENT

■イベント展示予定モデル
― Gamme SERIES ―
NORTENT Gammeシリーズは、バックパックをはじめとするアクティビティで使いやすい4シーズンテントです。ストーブを中心にインストールできるよう設計されており、冬キャンプの際には暖かく快適で居心地の良い空間を提供してくれます。ノルウェー・サーミー族の伝統的な住居「Gamme」をイメージしたデザインで、5本のポールで構成される自立型ドームテントです。

今回は、このGamme SERIESの各モデルの実物展示及び、新作モデルである【Gamme6 PC】を数量限定で販売いたします。※当日の販売は【Gamme6 PC】のみです。

【Gamme6 PC】
NORTENTの人気モデルGamme6のポリコットン素材を採用。強度の高いドーム型の構造を持ち、冬場の結露を最小限に抑えることができる居住性の高いテントです。

*販売予定価格
217,800円(税込)

*ドーム型4シーズンテント
使用人数:6人(インナーテント使用時就寝人数4人)
重量 :13.5kg(ポール、ペグ込み)
素材 :ポリコットン(綿65%/ポリエステル35%)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_3.jpg
Gamme6 PC

【Gamme 4/Gamme 6】
*Gamme 4
ドーム型4シーズンテント
使用人数:4人(インナーテント使用時就寝人数3人)
重量 :5.8kg(ポール、ペグ込み)

*Gamme 6
ドーム型4シーズンテント
使用人数:6人(インナーテント使用時就寝人数4人)
重量 :7.6kg(ポール、ペグ込み)

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_4.jpg
Gamme 4/6

― Lavvo ARCTIC SERIES ―
NORTENT Lavvoシリーズは、軽いハイキングから過酷なハイキングまで、軽量性を求めるすべてのアクティビティで快適性、柔軟性、広さ、信頼性を備えた4シーズンテントです。広々としたテント内には2つの入口があり、空気の循環をスムーズにします。また、伝統的なティピー型テントにある屋根の開口部を煙突ポートに変更し、薪ストーブのインストールも可能なワンポールテントです。
また、フライシートにシルナイロンを使用することで超軽量かつ高い耐久性を備えています。

【ARCTIC SERIES Lavvo 4】
*Lavvo 4
ワンポール型4シーズンテント
使用人数:4人(インナーテント使用時就寝人数4人)
重量 :3.5kg(ポール、ペグ込み)

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_5.jpg
Lavvo 4

※展示内容は予告なく変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


■イベント販売予定商品
【Deelight】
キャンプを始めとするアウトドアライフを、より豊かに楽しんでもらいたいという思いでできたオリジナルブランド。高性能なハードクーラーや超軽量なハイブリッドクーラーなど、フィールドでも安心して使える製品を作り出しています。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_6.jpg
Deelight

【Work Tuff Gear】
Work Tuff Gearのナイフは刃からグリップまで、職人が丁寧に磨き上げて製造しているハンドメイドのナイフです。職人のこだわりが随所に詰まった特別なナイフはアウトドアの本場アメリカのハンティング・サバイバル愛好家に愛されています。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_7.jpg
Work Tuff Gear

【SAEZURI】
アウトドアコーディネーター小雀陣二氏監修の、アウトドア飯にもおうちごはんにも、どんなシーンでも使える魔法のソース。お肉・お魚・お野菜など、様々な食材や調理法にマッチする大活躍のソースです。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/310293/LL_img_310293_8.jpg
SAEZURI

※イベント販売予定商品は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。


■FIELDSTYLE SEASIDE MARKET 2022イベント概要
期間 :5月21日(土)~5月22日(日)
会場 :AICHI SKY EXPO(愛知県国際展示場)
所在地 :愛知県常滑市セントレア5丁目
開催時間:5月21日(土) 9:00~19:00
5月22日(日) 9:00~17:00
展示予定:ノルウェー発テント【NORTENT】、
アウトドアナイフ【Work Tuff Gear】、
クーラーボックス【Deelight】他 (予定)


■FIELDSTYLE SEASIDE MARKET 2022とは
FIELDSTYLEは「アウトドア」と「ライフスタイル」に関する様々なジャンルの製品やサービスを体験・体感できるコンテンツを提供し、アウトドアカルチャーの発展や活性化を目指しています。また、日常の変化に合わせた、家族との過ごし方、働き方、遊び方など、新しい生活様式を取り入れた豊かなライフスタイルをイベントやプロジェクトを通して提案しています。


■株式会社Ablaze(アブレイズ)概要
株式会社アブレイズは、アウトドアライフをより楽しくしてくれる商品を世界中から厳選して届けている、アウトドア商材輸入貿易商社です。冬キャンプを盛り上げたり、自宅のお庭でのピザパーティーを可能にしたりと、アウトドアエッセンスを含んだ面白い商品を取り扱っております。
日本及びアジア圏における正規輸入代理店として、野外で使用する持ち運び可能な薪ストーブ「Gstove」「Work Tuff Stove」や、ポータブルピザオーブン「Ooni」、フィンランドの伝統的なナイフメーカー「BRISA」、高機能ハードクーラーボックス「Deelight」、ノルウェー発新鋭テント「NORTENT」などを取り扱っております。

【サイトUPL】
株式会社Ablaze(アブレイズ): https://www.ablaze-corp.com/
Ablaze official : https://ablaze-corp.shop/


■会社概要
商号 : 株式会社Ablaze(アブレイズ)
代表者 : 代表取締役 三宅 譲児
所在地 : 〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区3177-15
設立 : 2016年3月
事業内容: アウトドア商材輸入貿易商社
資本金 : 300万円
URL : https://www.ablaze-corp.com/


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社Ablaze
TEL:045-810-1815
お問い合せフォーム: https://www.ablaze-corp.com/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。