配信元:@Press

近鉄では、昭和40年代に製造した車両約450両について、お客さまのご利用状況を見極めたうえで、必要分を置き換える計画をしており、2024年秋に新型一般車両(4両×10編成)を導入することを決定しましたのでお知らせします。
新型一般車両は、ご利用いただくあらゆる方々に使いやすく、お客さまと地球環境に優しい車両を目指し、車内防犯対策や省エネルギー化、バリアフリー対応を進め、車内の快適性の向上を図ります。なお、新型の一般車両の導入は、2000年のシリーズ21車両以来24年ぶりとなります。
近鉄では、引き続き、安全・安心・快適な鉄道輸送サービスの提供に努めてまいります。
詳細は以下のとおりです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310384/img_310384_1.jpg

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310384/img_310384_2.jpg

■新型一般車両の概要

1.運行開始時期 2024年秋(予定)
2.投入線区 奈良線、京都線、橿原線、天理線(以降他線区へも展開予定)
3.新造両数 4両×10編成 計40両
4.投資額 約84億円(1両あたり約1.85億円(設計費等除く))
5.車両の詳細
(1)コンセプト
・ご利用いただくあらゆる方々に使いやすく、お客さまと地球環境に優しい車両

(2)車内防犯対策
・車内に防犯カメラを設置し、乗務員や運転指令者が車内の状況を確認できるようにします。
・乗務員と通話ができる車内通報装置を設置します。

(3)バリアフリー対応
・ホームから編成連結部への転落を防止するため、転落防止幌を編成先頭部に設置します。
・従来車両と比べて車両床面の高さを下げ、駅ホームとの段差を低減します。
・各車両の両端に優先座席を配置します。(うち1か所は車いすスペースを併設)
・車内の扉上に大型の液晶ディスプレイを設置し、停車駅、次の駅や駅構内設備等を多言語で表示するほか、列車の運行情報もご案内します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310384/img_310384_3.jpg

(4)環境負荷軽減
・新型のVVVFインバータ制御装置を採用することで、従来車両比で消費電力を約45%削減します。また、車内照明や前照灯にLED照明を採用して省エネルギー化を進めます。

(5)ロング・クロス転換シート(L/Cシート)
・座席はロング・クロス転換シート(L/Cシート)を採用し、車内の混雑度に応じて最適なシート配置を提供します。(混雑時に乗降しやすい横並びのロングシートと、進行方向に向かって着席するクロスシートを切り替えて運用します。)

(6)ベビーカー・大型荷物対応スペース
・ベビーカーをお持ちのお客さま、キャリーバッグやスーツケースなどの大型荷物をお持ちのお客さまに、周囲に気兼ねなくお過ごしいただけるスペースを、1両あたり2か所設置します。このスペースの座席は、ベビーカーや大型荷物をお持ちでないお客さまもご利用いただけます。
なお、ベビーカー・大型荷物に対応する座席付きのスペースの導入は、日本初となります。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310384/img_310384_4.jpg

(7)抗菌・抗ウイルス対応
・深紫外線LEDにより車内空気の除菌を行う装置を導入します。
・お客さまが触れる座席表布などに、抗菌・抗ウイルス機能を付加します。

(8)デザイン
・外観デザインは、近鉄伝統の赤色をより鮮やかにすることで新しいイメージを創出します。
・車内の内装には、花柄の座席表布や木目調の壁を使用して、明るく優しい印象とします。

(9)その他
・戸閉力を制御することで、閉まる扉に荷物が挟まった場合に抜き取りを容易にします。
・お客さまが個別に扉を開閉できるスイッチを設置し、酷暑時や厳冬期の車内保温を図ります。
・効率的に車両の保守を行うために、省メンテナンス性を考慮した各種機器を採用します。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310384/img_310384_5.jpg
(以 上)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。