配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205181345-O1-lE6Td3eH

AsiaNet 95957

【ソウル(韓国)2022年5月12日PR Newswire】韓国のオイルレスベアリングメーカーのSGOは、5月末に日本の千葉県幕張メッセで開催される「建設・測量生産性向上展(CSPI & EXPO)」に参加する。また、韓国の一山のKINTEX(韓国国際展示場)で開かれる生産・製造技術展「SIMTOS 2022」にも出展を予定している。

5月25-27日に千葉県の幕張メッセで開かれるCSPI & EXPOで、SGOは主として建設機械、掘削機などに使われるオイルレスベアリングとDevelonベアリングを展示する。

韓国の一山にあるKINTEXで5月23-27日に開催される韓国最大の生産・製造技術展であるSIMTOS 2022で、SGOは、オイルレスベアリングと産業用機械や成形機に使用される黄銅製押出素材を展示する。

SGOの黄銅製押出素材は、高硬度で耐食性に優れ、高荷重下でも非常に摩耗しにくいことから重機、自動車、機械、船舶などの部品に使用される。SGOのDevelonベアリングは、構造用鋼の潤滑面のみを焼結した二層固体潤滑分散型ベアリングで、既存の黄銅ベアリングと差別化している。SGOはこのような製品群を素材から完成品まですべてのプロセスにおいて生産可能なワンストップの工程を整っている。

SGOの役員は「当社は、プラスチック射出成形機や成形機、掘削機の油圧シリンダーとジョイント、 鉄鋼生産設備 に使用されるオイルレスベアリングの分野で他社の追従を許さない技術を持っている。私たちの技術への信頼に基づき、日本、インド、韓国で開催される主要な国際展示会に積極的に参加し、海外のバイヤーと直接連絡をとることによってグローバル市場を積極的に開拓する計画だ」と語った。

グローバル市場での存在を拡大する最初の一歩として、SGOは5月11日に日本の大阪で開催された世界最先端のプラスチック産業展、2022年プラスチックジャパンに参加したほか、5月16日にインドのベンガルールで開催される南アジア最大の建設設備展示会EXCON 2022に出展する。

次のステップとして、今年の参加が決まった主な展示会は次の通り:

1.日本
建設・測量生産性向上展(CSPI & EXPO)(https://cspi-expo.com
期間:2022年5月25-27日
場所:幕張メッセ、千葉 、日本

2.韓国
SIMTOS 2022(http://www.simtos.org/user/main/main
期間:2022年5月23-27日
場所:KINTEX(韓国国際展示場)、一山 、韓国
SGOとSGOベアリングの詳細はwww.sgoilless.co.kr を参照。

ソース:SGO Co., LTD.

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421046

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。