配信元:共同通信PRワイヤー

2022年5月18日
株式会社RevComm

 音声解析AI電話「MiiTel(以下、ミーテル)」を開発・提供する株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、RevComm)は、2022年4月より、国立大学法人九州工業大学 大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系 嶋田和孝教授と共同で研究を開始しました。音声解析AI電話「ミーテル」の開発における要素技術の一つである対話解析機能について研究を進めます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205161232-O1-T0IiOH8U
 RevCommはこれからも「コミュニケーションを再発明し人が人を想う社会を創る」というミッションのもと「ミーテル」の提供価値向上に努め、企業の生産性向上に貢献してまいります。

立大学法人九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 嶋田研究室について
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205161232-O2-ol1e34Pj
 九州工業大学 嶋田和孝教授の研究室では、人間同士の対話の理解や円滑な議論支援に関する研究を行っています。対話の分析やデータ構築などの研究において、電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会 2012年優秀研究賞や2017年言語処理学会言語資源賞などを受賞。2020年~2022年NLC研究会 委員長、第27回言語処理学会年次大会実行副委員長を担当。

MiiTelについて
 音声解析AI電話「MiiTel」は、電話営業やコンタクトセンター業務における、会話の内容を解析し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率を向上させる、日本発の音声解析AI電話サービスです。顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、アナログな議事録作成も自動文字起こし機能が軽減します。
 商談内容を振り返りやすいシンプルな設計なので、自ら振り返り商談の質を高めたり、開発や他部門に顧客要望をニュアンスまで正確に伝えたりすることが可能です。MiiTelは、営業担当者が「人にしかできないクリエイティブな仕事」に専念する時間を生み出します。
 また、MiiTelにより蓄積された顧客とのリアルな音声データは、自社の教育研修、サービス開発、機能改善などに幅広く活用いただけ、企業の事業成長を後押しします。
公式サイト https://miitel.jp
資料請求 https://miitel.jp/document-request/

会社概要
 「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」という理念のもと、音声技術とAIにより、コミュニケーション課題を解決する企業です。 音声解析AI電話「MiiTel」は、インサイドセールス市場を中心に、営業やコールセンター業務におけるトークの可視化とセルフコーチング、リモートワーク体制構築にご活用いただいています。また、オンライン商談ツール「MiiTel for Zoom」は、複数人でのオンライン商談の解析や振り返りが可能となり、営業の成約率を飛躍させます。
 これまで、Google for Startups Acceleratorの採択をはじめ、B-Dash CampやTechCrunchによる様々な大会で優勝、入賞しているほか、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング 2021」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出されています。
・企業名  :株式会社RevComm
・所在地   : 150-0002東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
・代表者   : 會田 武史・事業内容 :AI × 音声のソフトウェア・データベースの開発
・企業サイト:https://www.revcomm.co.jp/ 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。