配信元:@Press

アバノス・メディカル・ジャパン・インク(本社:神奈川県横浜市、社長:尾崎 健二)は、WEBセミナー「地域包括ケア時代のPEG管理とケアのありかた ~急性期病院と施設の立場から考える~」を2022年5月25日(水)~8月31日(水)に配信いたします。

昨今、高齢者の地域での生活を支えるために、地域包括的ケアの構築は重要な役割を果たしています。今回、急性期での胃瘻造設及び、施設(在宅)での胃瘻交換においてバルーン型胃瘻チューブを活用し地域包括ケアの構築に貢献する方法を、急性期病院の医師と施設医の視点でご講演いただきます。栄養ケアを中心としたPEG管理の方法や、最新の胃瘻に関するトピックスもお話しいただきます。本セミナーは無料でご視聴可能です。


【オンデマンド配信期間】
2022年5月25日(水)11:30~8月31日(水)21:00
申込締切:2022年8月31日(水)18:00まで
インターネットに接続した各種デバイス(PC/タブレット/スマートフォン)で24時間いつでも視聴可能です。


■講演1(約30分)
地域包括ケアに貢献する新規胃瘻造設におけるバルーン型胃瘻チューブ活用法
~令和4年度 胃瘻に関する診療報酬改定の注意点を含めて~

演者:目白第二病院 副院長 水野 英彰 先生
内容:バルーン型胃瘻チューブを活用した地域連携強化の方法
バルーン型胃瘻チューブによる造設方法とPEG管理
令和4年度胃瘻に関する診療報酬改定の注意点 など

■講演2(約30分)
看取りにおける栄養管理 ~施設での胃瘻交換を中心に~

演者:社会福祉法人同胞互助会 愛全診療所 所長/
特別養護老人ホーム愛全園 常勤医 蓮村 友樹久 先生
内容:看取りにおける栄養管理の重要性
施設での胃瘻交換の工夫と意義
嚥下機能評価と経口摂取への取り組み など

■トークセッション(約15分)
※いただいた視聴前アンケートをもとにトークセッションを行います。


【お申込み方法】
下記URLよりお申込みいただけます。
※メールでのお申込みは受け付けておりません。

https://medi.bio/avanos0525


【アバノス・メディカル・ジャパン・インクについて】
アバノス・メディカル・ジャパン・インクは、米国Avanos Medical, Inc.の日本法人です。
米国キンバリークラークの日本支社「キンバリークラーク・ヘルスケア・インク」として、院内感染対策を主として日本にてビジネスを開始し、2011年7月に日本における製品ラインナップの拡充を目的に、センチュリーメディカル株式会社より販売していた、閉鎖型気管支吸引用カテーテル「トラックケアーシリーズ」、胃ろうチューブ「MICシリーズ」などの製品を販売承継。2014年11月ヘルスケアに特化した独立企業となるべく、キンバリークラークから「ハリヤード・ヘルスケア・インク」として分社独立。2019年4月には将来的な成長を見据え、感染管理関連事業を売却し、新たに「アバノス・メディカル・ジャパン・インク」へ社名変更。
アバノス・メディカル・ジャパン・インクについては当社ウェブサイト( https://avanos.jp/ )をご参照ください。

(米国Avanos Medical, Inc.)
Avanos Medical, Inc.は、患者さんの健康を取り戻すため、臨床的に優れかつ画期的なソリューションの提供に重点を置く医療機器メーカーです。その製品の多くは、90カ国以上の国々で高く評価されており、市場でのリーダー的地位を占めています。ニューヨーク証券取引所では「AVNS」の銘柄コードで取引されています。


【本セミナーに関するお問い合わせ先】
WEBセミナー事務局 メディバンクス株式会社
TEL : 050-1790-1515(平日10:00~18:00)
MAIL: info@medi-banx.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。