配信元:@Press

商業施設や小売りに向け、パッケージソフトウェアの企画・開発・販売を行う株式会社リゾーム(本社:岡山県岡山市、代表取締役:中山 博光)は、提供するクラウド売上管理システム「SC BASE」が、複合商業施設を運営する仙台reborn株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:深松 努)に導入されたことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310274/LL_img_310274_1.png
SC BASE機能紹介

仙台reborn株式会社が運営するアクアイグニス仙台は、東日本大震災によって失われた、かつて日本の原風景ともいえる屋敷林「居久根(いぐね)」のある集落として美しい景観を見せていた仙台市若林区の藤塚地区に、東北復興のシンボルとして2022年4月21日に開業した大型商業施設です。
「治する・食する・育む」をコンセプトに、藤塚の新たな営みやこれまでの文化が再び風景として紡がれる場となることを目指し誕生した「アクアイグニス仙台」。施設を運営する仙台reborn株式会社に、リモートワーク、非接触、ペーパーレスを推進し業務効率化を支援するツールとして、クラウド売上管理システム「SC BASE」が導入されました。
株式会社リゾームは、今後ともユーザー様の生産性と業務効率化を両立し、「SC BASE」の機能充実、SC運営におけるDX化へのご支援に向け更なる深化を図ってまいります。

■アクアイグニス仙台(仙台reborn株式会社 運営)
https://aquaignis-sendai.jp/

■「SC BASE」の製品情報
https://www.rhizome-e.com/solution/scbase.php


【株式会社リゾーム について】
「今を活かし、未来を創造する」を掲げるリゾーム(岡山市、代表取締役:中山 博光)は、1991年に設立。SCとショップのための情報分析から対策まで一貫したソリューションビジネスを積極的に展開しています。具体的には、商業施設向けに特化した顧客分析システム「戦略会議NEXT(顧客分析システム)」やSC売上・賃料などの分析パッケージソフトウェア「戦略会議NEXT(DMS)」の企画・開発・販売事業を手掛けています。
また、全国SC・百貨店5,500施設と約24万ショップ・ブランドを登録したショップ出退店データベース「SC GATE(エスシーゲート)」などを活用したリーシングソリューション事業や、場所・時間に制限されずデベロッパーとショップの連携を支援するSC専門のグループウェア「BOND GATE(ボンドゲート)」、戦略立案に最適な課題の可視化・共有・対策立案に最適なBIソリューションも大きな柱となっています。さらに近年、クラウド売上管理システム「SC BASE(エスシーベース)」やAI(深層学習)を活用した光学文字認識技術を用いたSC売上報告・確定業務 自動化ツール「anyGate(エニーゲート)」といった製品も展開しています。

会社名 : 株式会社リゾーム
≪本社≫ 〒701-0165 岡山県岡山市北区大内田675 テレポート岡山5F
≪東京オフィス≫〒104-0042 東京都中央区入船1丁目5-11 弘報ビル4F
≪大阪オフィス≫〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-14-10 新大阪トヨタビル7F
代表者 : 代表取締役 中山 博光
資本金 : 5,460万円
Webサイト: https://www.rhizome-e.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。