配信元:@Press

イチビキ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:中村 光一郎)は、“辛さを極めたやみつきの旨さ”で大人気の「赤から」シリーズから、暑い夏こそ食べたい新フレーバー『ストレート赤から激辛夏鍋スープ』『ストレート赤からカレー鍋スープ』を、2022年5月31日(火)より全国へ数量限定で出荷いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310415/LL_img_310415_1.jpg
赤から激辛夏鍋スープ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310415/LL_img_310415_2.jpg
赤からカレー鍋スープ

【開発の背景】
夏の鍋つゆ市場は増加傾向にあります。自社調査により、消費者の66%が夏に鍋を食べていること、赤から鍋シリーズは他の鍋スープに比べて春夏期(4月~9月)の販売比率が高いことがわかりました。
「暑い夏こそ赤から鍋を食べてほしい」という想いから、昨年に引き続き、夏期シーズン専用の鍋つゆを発売します。昨年好評の『赤からカレー鍋スープ』の再発売とともに、新たなフレーバーとして、激辛唐辛子のブート・ジョロキアを唐辛子中の60%使用した『赤から激辛夏鍋スープ』を発売することで、夏の鍋市場を盛り上げ、赤からシリーズのさらなる認知拡大を狙います。


【商品特徴】
◆2品共通
・外食店「赤から」を運営する株式会社甲羅監修商品です。
・ストレートタイプ、3~4人前です。

<ストレート赤から激辛夏鍋スープ>
・激辛唐辛子のブート・ジョロキアを唐辛子中の60%使用した、すっきりとしたパンチのある辛さを楽しめる、夏にぴったりの激辛鍋スープです。
・〆は“ラーメン”“卵雑炊”“チーズリゾット”がおすすめです。
・今年から新発売のフレーバーです。
※本当に辛いので、辛味の苦手な方、お子様、血圧の高い方、胃腸の弱い方、妊娠中の方、その他体調に自信のない方の飲食はご遠慮ください。

<ストレート赤からカレー鍋スープ>
・人気の赤から鍋スープ3番をベースに、20種類の香り高いスパイスを加えた、夏にぴったりのカレー鍋スープです。
・〆は“カレーリゾット”“カレーうどん”がおすすめです。


【商品概要】
商品名 :ストレート赤から激辛夏鍋スープ
ストレート赤からカレー鍋スープ
内容量 :750g
標準小売価格:400円(税別)
賞味期間 :1年
発売日 :2022年5月31日(火)より全国に出荷
※数量限定販売


【赤から関連情報】
1. 店舗情報
<『株式会社甲羅』について>
愛知県豊橋市に本部を置き、かに料理「甲羅本店」と「赤から」を軸に、「焼肉カルビ一丁」、「焼肉大東園」などを全国に展開しています。

<『赤から』について>
・辛さを極めたやみつきの旨さの“赤から鍋”と、プリプリとした食感が特徴の“鶏セセリ焼”がウリの名古屋発祥の外食店です。
・2003年に名古屋で1号店をオープン、2022年5月現在220店舗を展開しています。
・「赤から鍋」は国産牛ホルモン、名古屋コーチン入りつくね、白菜、もやし、ニラ、油揚げなど9種類の具材を、特製味噌と唐辛子をブレンドした秘伝のスープで煮込んだ鍋です。店舗では、辛さ0番~10番までの11段階から選ぶことができ、3番が最も人気です。

2. シリーズ品(赤から鍋関連商品)
商品名:ストレート赤から鍋スープ 1番
容量 :750g(ストレート)
特長 :辛みを減らし、甘みなどを増やすことで、お子様でも食べられるマイルドな味わいです。

商品名:ストレート赤から鍋スープ 3番
容量 :750g(ストレート)
特長 :株式会社甲羅とのコラボ商品として2008年に商品化。やみつきになる旨辛さです。

商品名:ストレート赤から鍋スープ 5番
容量 :750g(ストレート)
特長 :2017年発売。赤から通を唸らせる、辛さを極めたやみつきの辛さです。

商品名:赤から鍋スティック
容量 :1人前×4(濃縮)
特長 :1人前のスティック4本と、辛さを調整できる「辛みたれ」4本のセットです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310415/LL_img_310415_3.jpg
赤から鍋スープ 既存品


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。