配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191409-O1-pG6ifKo2

AsiaNet 96047 (1138)

【ミラノ2022年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*優れたハードウエアとソフトウエアのコンビネーションは、よりクリア、よりイマーシブなナビゲーションエクスペリエンスをユーザーに提供

ファーウェイ(Huawei、華為技術)は5月18日、ミラノで折り畳み可能なスマートフォンHUAWEI Mate Xs 2を正式にリリースした。新しくリリースされたHUAWEI Mate Xs 2は、強力なテクノロジーとHMS(ファーウェイモバイルサービス)アプリでアップグレードされたユーザーエクスペリエンスの完璧な融合を提供する。ファーウェイ独自の地図アプリPetal Mapsもこの新しいスマートフォンに適合している。折り畳み可能なスクリーンを折り曲げたり広げたりできる能力は、よりクリア、よりイマーシブなナビゲーションエクスペリエンスをユーザーに提供し、旅行をこれまで以上にシームレスにする。
する。

▽HUAWEI Mate Xs 2のより大きなスクリーンでPetal Mapsの並外れたナビゲーションを体験しよう

より大きなスクリーンは、ユーザーが一度により多くの情報を見ることを可能にし、Petal Mapsの中で付加的なレーンレベルのナビゲーションと矢印ガイダンスを実現し、よりクリア、よりイマーシブなナビゲーションを提供する。

Petal Mapsは、ナビゲーションの際に、レーン特有の情報と矢印ガイダンスによってユーザーが走行中の道路をより理解することを可能にする。これは、ユーザーが方向転換したり、高速道路入口に乗り入れたり、交差点を安全に通過したりするなど、事前に重要な決定を下せるようにユーザーに準備させる。

さらに、ユーザーは運転中にスクリーンを容易に広げて、車両のセンターコンソールに設置することができる。その後、このスマートフォンの折り畳み可能なスクリーンは、ユーザーが街路を走行中に、よりスムーズ、より鮮明なナビゲーションディスプレーのための自動車のセンターコンソールと同じように機能する。

HUAWEI Mate Xs 2とPetal Mapsによって、ユーザーはベストマッチするいかなるサイズのスクリーンでも利用可能である。ドライブ中かウオーキング中かで小型か大型のナビゲーションディスプレーを選択することによって、ユーザーはスマートフォンを折り畳んだり、広げたりすることができる。

▽Petal MapsはHUAWEI Mate Xs 2のより大きなスクリーンによって、ユーザーのUI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)向上を提供する

Petal Mapsはこれまで、ユーザーインタラクションを可能な限り楽しくかつ興味をそそるものにし、3Dレベルで最新式インターフェースを導入し、より鮮やかでより実際に近いカラーを表示し、街路・建築物の詳細を深め、実物に近い照明を表示することを優先してきた。

このアプリは、3Dマップなどのマップレイヤーも組み込み、実世界の状況の細部をスクリーン上で再現する。3Dマップディスプレーは、より全体的な詳細を描写する。リアルな照明効果によって、ユーザーは夜間にナビゲーションを使用する際、暗闇モードで街路灯やビル照明を見ることができる。

このスマートフォンの大型スクリーンは、Petal Mapsで見ることができる天候、時刻、照明効果によって3Dレイヤーの優れた詳細をさらに高めることに役立ち、新しいインサイトを視覚にもたらす。

さらに、この3Dレイヤーには、エッフェル塔、ロンドンアイ、クアラルンプールタワーなどの著名なランドマークが含まれ、それら全てが3D表示されるので、ユーザーは屋外に足を踏み出さなくても想像力で世界を旅行することができる。

このアプリの優れたUIインタラクションエクスペリエンスは、Petal Mapsが高名なRed Dot Design Award(https://www.red-dot.org/project/petal-maps-55184 )を受賞したことで、評価されている。極めて優れたUXデザインとカラー再現を特徴とするこのアプリは、必要最小限のビジュアル、効率的な操作、極めて滑らかなページ切り替えを提供し、このアプリをオープンすると、比類のないレベルのイマージョンをもたらす。

2021年にこのアプリは急成長し、今後も成長、普及していく。ますます強力に成長するために、このアプリのクリエーターは、HUAWEI Mate Xs 2のプロフェッショナルな色域管理および再現を導入し、このスクリーン上のマップが実世界の環境の美しさを記録するとともに、クリアで利用しやすいものにしてきた。

▽Petal Mapsはよりリッチ、よりリアルなユーザーエクスペリエンスの開発を継続する

2020年10月にリリースされて以来、Petal Mapsは「世界を探索する新しい方法」を開発するというビジョンにこだわり、話題を呼んだ画期的なナビゲーション機能を提供してきた。Petal Mapsは既に世界の160以上の国・地域でリリースされ、月間2800万以上のアクティブユーザーと幅広い称賛を獲得してきた。

このユーザーエクスペリエンスをさらに高めるため、Petal Mapsは多数の有益な機能を提供してきた。ユーザーが複雑な道路および交通シナリオを識別して走行するのを支援するLane Guidanceや、Petal Mapsが制限付きのインターネットアクセスで使用されるのを可能にするOffline Maps機能などの有用な強化によって、Petal Mapsはユーザーがシームレスに自ら進む方向を見つけることを支援する。

さらに、Petal Mapsはこのほど、四季に合わせてパーソナライズされたスキンや、気温・降雨レイヤーなど、多数の興味深い新機能をリリースした。ユーザーは個人の好みに合わせてテーマスキンを切り替え、マップの視覚化効果を使用して先行きの気温や降雨の変化を見ることができる。

今後、Petal Mapsは、こうした強力なハードウエアおよびソフトウエアのコラボレーションによってAll-Scenario Seamless AI Life Experienceを向上させ、よりリッチ、より革新的なユーザーエクスペリエンスを世界の消費者に提供していく。

(HUAWEI Mate Xs 2およびPetal Mapsの機能の利用は、国/地域によって異なる可能性がある。実態が優先する)

Petal Mapsの詳細はウェブサイトhttps://petalmaps.dre.agconnect.link/pvB6pK を参照。

ソース:Petal Maps

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421437
(画像説明:Petal Mapsが新製品のHUAWEI Mate Xs 2によってナビゲーションエクスペリエンスを実現)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421439
(画像説明:Petal Mapsが新製品のHUAWEI Mate Xs 2によってナビゲーションエクスペリエンスを実現)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。