配信元:@Press

株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下 イントラマート社)が提供するローコード開発プラットフォーム「Accel-Mart」が、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)のAWSパートナーネットワーク(APN)において、「AWS ISV Accelerate プログラム」の認定サービスとなりましたことをお知らせします。国内ローコード開発プラットフォームでは初めての認定サービスとなります。この認定は、Accel-MartがAWSからのプログラム要件をクリアし、グローバル規模で利用できるサービスであることの証左と言えます。イントラマート社は今後もAWSを活用したクラウドビジネスをさらに推進していきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309938/LL_img_309938_1.png
Accel-MartがAWS ISV Accelerate プログラム認定取得

AWS ISV Accelerate プログラムとは、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)がAWSで効果的にソリューションを提供するための共同販売プログラムです。このプログラムに認定されることにより、AWSの営業組織との連携が強化され、AWS上でのさらなるビジネス推進と販売サイクルの迅速化を実現します。

Accel-Martは、プログラミング知識のない方から、プログラミング上級者まで、ローコードで業務用アプリを開発できるクラウドサービスです。中でも少数規模からご利用いただけるエントリープランの「Accel-Mart Quick」が国内ローコード開発プラットフォームで初めてAWSファンデーショナルテクニカルレビューを通過し、AWS 認定ソフトウェアに選定された結果、今回新たにAccel-MartがAWS ISV Accelerate プログラムのサービスとして認定されました。

イントラマート社は今後、お客さまに即戦力でありながら安心してご利用いただけるローコード開発プラットフォームをAWSと共同で提供し、AWSのサービスを活用したクラウドビジネスをさらに推進していきます。


■関連Webサイト
・クラウドサービス「Accel-Mart」
https://www.accel-mart.com/

・[プレスリリース] 国内ローコード開発プラットフォーム(LCAP)で初 「Accel-Mart Quick」がAWS 認定ソフトウェアに選定
https://www.intra-mart.jp/topics/006510.html

・AWS ISV Accelerate プログラム
https://aws.amazon.com/jp/partners/programs/isv-accelerate/


■株式会社NTTデータ イントラマートについて
株式会社NTTデータ イントラマートは、Webシステム構築のための商用フレームワーク製品「intra-mart」の開発及び販売を中心に事業展開しております。1998年より、当社が企画、開発した独自のシステム開発フレームワーク、業務コンポーネント群、アプリケーションシリーズは、2022年3月末現在8,900社を超える企業へ導入されており、200社以上のパートナーと共に、システム構築、コンサルティング、教育、運用支援に至るまでのトータルソリューションを提供しています。

社名 :株式会社NTTデータ イントラマート
代表者 :代表取締役社長 中山 義人
設立 :2000年2月
資本金 :7億3,875万円
売上高 :<連結>76億5,300万円(2022年3月期)
従業員数:<連結>237名(2022年3月末時点)
事業内容:「intra-mart」の企画・開発・販売・保守およびその導入に関する
コンサルティング・システム開発・教育の提供。


※「intra-mart」は株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。
※その他記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標、又は登録商標です。


■企業・一般の方からのお問い合わせ先
株式会社NTTデータ イントラマート
セールス&マーケティング本部
E-mail: contact@intra-mart.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。