配信元:@Press

2022年5月19日、デジタルエクスペリエンス・プラットフォームを提供しているPIANO Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塩谷 亮、以下「PIANO」)はグローバル本社をオランダ・アムステルダムへ移転することを発表いたします。この移転は、データ保護に対し厳格な価値観をもつヨーロッパの基準を満たすものであると同時に、GDPRとその他の世界各地のデータ保護規制に準拠したソフトウェア開発に対する当社のコミットメントをより強固なものにします。


Piano社は創業以来、フランス、ドイツ、ノルウェー、スロバキアなどに拠点を置く企業を買収してまいりました。これらの買収と当社の成長により、3分の2以上の従業員、そして組織収益の半分以上がヨーロッパに由来するものとなり、ヨーロッパに強い存在感を示すグローバルフットプリントが形成されました。当社は2018年より、アムステルダムをヨーロッパにおけるビジネスの拠点と位置付けておりましたが、今夏にはアムステルダムに新たな本社オフィスを開設予定です。

当社のソフトウェアスイートは、企業が自社の顧客理解を深め、カスタマージャーニーのあらゆるタッチポイントでデジタルベースで顧客と関わるための、エンドツーエンドのソリューションとしてヨーロッパで開発されてきました。当社のデジタル分析ツールであるPiano Analyticsは、世界で最も厳しいデータ保護規則を完全に遵守する為に、全てフランスで開発されている製品です。


■Piano社のCEO トレバー・カウフマン コメント
「世界市場を席巻する巨大テクノロジー企業が様々な問題で注視される最中で、Pianoは『良い目的の為に優れたソフトウェアを作り出す』という、我々の価値観に忠実であり続けたことを誇りに思います。ヨーロッパはデータプライバシーの分野において非常に先進的であると同時に、当社の事業の大部分はヨーロッパで行われていることから、ヨーロッパ、そしてデータ保護に対するコミットメントを明確に示す時がきたと痛感しています。アムステルダムは過去4年間、当社のヨーロッパにおける事業の中心地でした。この都市への投資を増強し、刺激的なテックコミュニティの一部として成長を続けていくことを楽しみにしています。」


インターネットの未来は匿名ユーザーのトラッキングから、ユーザーがコントロールできる同意をベースとするシステムへと移行する中、ヨーロッパのリーダーシップに委ねることで、当社はパブリッシャー企業やブランド企業が顧客との信頼を維持しながら、データを活用したビジネスゴールを達成するためのソリューションを提供し続けることができます。

真のグローバル企業であるPianoは、アムステルダム、パリ、シンガポール、ベルリン、ブエノスアイレス、ニューヨーク、東京など、世界15カ所のオフィスに650人以上のスタッフを擁しており、2021年にはAT InternetとCeleraOneを、2022年にはSocialFlowを買収し、グローバルな存在感と製品提供を拡大し続けています。
過去2年間では240%以上の成長を遂げており、Inc. 5000およびDeloitte Technology Fast 500に2年連続でランクインを果たしています。


●Pianoについて
Piano社は企業のデジタルビジネスにおいて、顧客行動を理解し、次のアクションへと促す知見やロジックを提供しております。Pianoのデジタルビジネスの収益化を加速する統合プラットフォームは、何千もの顧客データの測定を通じて1stパーティデータを取得することで、ユーザー固有の行動やプロファイルに基づいて関連コンテンツやエクスペリエンスを提供します。
オランダ・アムステルダムに本社を置き、米国、欧州、アジア太平洋地域にオフィスを構えています。国内では毎日新聞社・産経新聞社・日刊スポーツ新聞社・報知新聞社・集英社・講談社・扶桑社・日経BPの大手新聞社や、出版社等の各種メディア企業を中心に導入いただいており、グローバルでは、エールフランス・BBC・CBS・IBM・ウォール ストリート ジャーナルなど、世界1,000社以上の主要メディアのウェブサイトのオーディエンス獲得と収益向上を支援しています。
そしてWorld Economic Forum、Deloitte、American City Business Journalsなどにより、世界で最も急速に成長中であり、最も革新的なテクノロジー企業の一つとして認められています。

詳細はこちら
https://piano.io/ja/


●「Media Growth Summit 2022」のご案内
日進月歩で進化するデジタルメディアの世界で勝ち抜いていくためには進化し続ける必要があります。コンテンツ、データ、サブスクリプション、広告、あらゆる領域での絶え間ないグロースが求められています。本イベントでは業界を代表するメディア企業に登壇いただき、今後のメディアの成長戦略を考えます。

詳細はこちら
https://media-innovation.jp/2022/04/28/media-growth-summit-2022/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。