配信元:DreamNews

6/21(火)22(水)に大好評の飛騨の薬草DAYが開催されます。6月21日は夏至です。夏至とは、この日を過ぎると本格的な夏が始まるという意味。今回も薬草ランチだけでなく、薬草懐石コースも御用意致しております。夏を目前に自分にぴったりな薬草に出会えるチャンスです。

250種以上の薬草が自生する飛騨よりお届けする自然の恵み、薬草茶。今回も薬草DAYは、飛騨の薬草ランチとティーセレモニーだけでなく、薬草ディナーも開催致します。忙しい日常の中で、自分の身体と向き合う大切な時間となるでしょう。


ー薬草ティーセレモニー

Sustaina Station DaiDaiの姉妹店であるTHE COVER NIPPONでも大好評のティーセレモニー。「薬草で飛騨を元気にする会」の薬草コンシェルジュをお迎えし、厳選された12種の薬草から、お一人お一人にあわせたオリジナルブレンドをおつくりします。自分にピッタリな薬草茶を見つけてこの春から初夏を健やかに過ごしましょう。
皆様どうぞお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

【開催概要】

■日時:6/21(火曜)16:00-17:30
    6/22(水曜)15:00-16:30
■定員:最大16名
■場所:Sustaina Station DaiDai
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1F
■参加費:3,000円(デザート・お土産が付きます)

* 定員に達し次第、受付終了となります。
*時間は若干前後する場合がございます。予めご了承ください。


ー薬草ランチ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000258496&id=bodyimage1

前回の薬草DAYに引き続き、薬草ランチも11:30-14:00迄楽しんで頂けます。大好評だった飛騨の薬草をふんだんに使った〝美味しく食べられる薬草料理〟。写真の様なランチプレートの他にも各種メニューを御用意しております。
〝薬草〟と言うと、苦い…というイメージがありますが、この薬草ランチは、美味しく食べて頂く為、工夫を凝らし、苦味も無く、美味しくて身体に優しい内容となっております。

ー薬草懐石コース

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000258496&id=bodyimage2


【開催概要】

■日時:6/21(火曜)18:30-20:30
■定員:最大16名
■受付:10分前より開始致します。
■場所:Sustaina Station DaiDai
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1F
■参加費:6,000円

*定員に達し次第、受付終了といたします。
* 時間は若干前後する場合がございます。予めご了承ください。
* 画像は先月の薬草会席コースの一例です。



協力:NPO 法人 薬草で飛騨を元気にする会
2014年に飛騨市で開催された「全国薬草シンポジウム」をきっかけに、「薬草を活用した市民が健康なまちづくり」をと立ち上げました。無限の可能性を飛騨の大切な資源として、自身の健康づくり、市民が元気なまちづくりを目指しています。

関連プロジェクト:飛騨市薬草ビレッジ構想プロジェクト
10月12日(土)-13日(日)には、「第8回全国薬草シンポジウムinひだ」を開催しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000258496&id=bodyimage4


詳細はこちらから
https://daidai.mijp.co.jp/20220621-yakusoday/?utm_source=DN&utm_medium=referral&utm_id=DM20220516

【企画・運営】
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
〒104-0054 東京都中央区勝どき5-5-14-314
TEL 03-5534-9903 FAX 03-5534-9904
https://mijp.co.jp/



配信元企業:メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ




徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。