配信元:@Press

「Play fashion!」をミッションに掲げ、”グッドコミュニティ共創カンパニー”を目指す株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役会長:福田三千男)が展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and ...(ニコアンド)」は、2022年5月20日(金)より、niko and ...15周年記念キャンペーンの第二弾として、OKAMOTO'Sが出演するWEB動画を特設サイト及びniko and ...公式YouTubeにて公開いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_2.png
「niko and ...」は、ブランド15周年を迎える本年度を記念し、「ファッション」にフォーカスした全5回にわたるファッションヴィジュアルキャンペーンを展開しています。「であう にあう」をメインコピーとし、幅広い層のお客様が楽しんでいただけるブランドであることを「ファッション」を通して提案。毎回、ブランドメッセージを体現する存在として、その人ならではの価値観を持った個性ある著名人が登場します。

第二弾である今回は、大人になっても変わらない“少年ごころ”を感じさせるバンド・OKAMOTO'Sを起用。「俺たちふざけてません。まじめにふざけてるんです。」というテーマのもと、「即興音楽実験」と題し、OKAMOTO'Sが撮影現場でセッションしながら即興で制作した楽曲のミュージックビデオを制作しました。縦スクロール型の特設サイトでは、「niko and ...」のファッションを纏いお茶目なポージングを披露するOKAMOTO'Sの姿や、即興で出来上がった楽曲を演奏するメンバーが次々と流れてきます。公園で遊ぶ少年たちのように、のびのびと音楽を楽しむOKAMOTO'Sと、「niko and ...」の魅力が掛け合わさって生まれた作品を通して、新しいファッションの魅力をお伝えします。

動画の公開を記念し、OKAMOTO'Sからのコメントも公開いたします。動画コンセプトにちなんでお互いの個性的だと思うところ、少年の頃から変わらない仲の良さの秘訣などについてお話しいただきました。

<特設サイトURL>https://www.nikoand.jp/15thcampaign2022/may/
<niko and ...公式YouTubeチャンネル URL>
https://www.youtube.com/user/nikoandchannel


■ ■nikoand...×OKAMOTO'S15周年記念コンテンツグラフィックについて
本コンテンツのキービジュアルと、グラフィック画像を公開いたします。それぞれ30代に突入し大人になった今も、“公園で遊ぶ少年たち”のようなパッションで自由に音楽を楽しむバンド、OKAMOTO'S。そんなOKAMOTO'Sの遊び心のあるパフォーマンスと楽曲をイメージした公園のようなセットの中で、4名の個性が際立つコーディネートをスタイリッシュに着こなしていただきました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_3.png


■ ■nikoand...×OKAMOTO'S15周年記念コンテンツ「即興音楽実験」篇について
本動画は、キャンペーン特設サイト全体をミュージックビデオに見立てた縦スクロール型となっており、OKAMOTO'Sが「niko and ...」のアイテムを着こなすグラフィックや、セッションで即興で出来上がった楽曲を演奏する風景が次々と流れてきます。ここでしか聴けない楽曲のタイトルは即興音楽実験にちなみ「One Minute Fifty-Four Seconds(仮)」。OKAMOTO'Sらしい自由でポップな世界観をお楽しみください。撮影中の様子を収めたメイキング動画も併せて公開いたします。

<特設サイトURL>https://www.nikoand.jp/15thcampaign2022/may/
<niko and ...公式YouTubeチャンネル URL>
https://www.youtube.com/user/nikoandchannel
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_4.png


■ ■OKAMOTO'Sコメント
動画の公開を記念し、OKAMOTO'Sにインタビューを実施。キャンペーン出演が決まっての感想や動画コンセプトにちなんでお互いの個性的だと思うところや仲の良さの秘訣など、幅広く伺いました。

【詳細】
―niko and ...のキャンペーン出演のお話を最初に聞かれたときは、どのように感じましたか?
オカモトショウ:そうですね。niko and ...とは今回が初めましてなんですが、そこにこう、15周年って言ってましたけど、その中に俺らを呼んで。これが第二弾ですよね。第二弾でOKAMOTO’Sって思ってくれた事は、もう素直に嬉しかったですね。

―「その人ならではの価値観を持った個性ある著名人」としてキャンペーンに出演いただいていることにちなみ、「これだけは譲れない」という価値観やマイルールはありますか?
オカモトコウキ:バンドとしては、走る姿を絶対に収録しないようにするっていう。
ハマ・オカモト:そうですね。運動NG。ダンスもですね。そうですね絶対そうかも。
オカモトショウ:文化系の。
オカモトコウキ:絶対譲れないっていうと。
ハマ・オカモト:でも、それ(運動NGであること)はほんと毎回言ってる。
オカモトショウ:あとはなんかバンドの4人それぞれが、こう要はボーカリストだけが派手とかじゃなく、なんか全員が名前とかキャラクターを知りたいって思ってもらえるようなバンドでありたいなってのは、常に思っていますね。マイルールと呼んで良いのかちょっと分からないけど、価値観だと思います。

―皆さんの間で「この人のここが個性的!」と思うところはありますか?
ハマ・オカモト:4人でって事ですもんね。
オカモトショウ:そうですねー。
ハマ・オカモト:皆そうなんですけどねー。
オカモトショウ:皆個性的ですよ。皆変だなと思う節は有りますし。
ハマ・オカモト:何が正解なんだろうなー。やっぱり楽器ができるのは個性的なんじゃないですか。
オカモトレイジ:確かに。
ハマ・オカモト:歌も歌えますしね。
オカモトレイジ:個性だねそれは。
オカモトショウ:皆楽器の演奏が上手。
オカモトコウキ:楽器の演奏が個性的。
ハマ・オカモト:そうっすよね。
オカモトコウキ:ていうか、大人になっても未だにバンドやってるのが個性的ですね。
ハマ・オカモト:皆31歳なのにバンドをやってて個性的ですよね。
オカモトショウ:中学校の同級生でまだやってる。バンドを。絶対同級生も個性的だなと思っていると思うよ。
ハマ・オカモト:思ってるよね。

―今回「少年ごころ」がテーマとなっていますが、皆さんがご自身やお互いについて「少年ごころがあるな」と思うのはどんなときですか?
オカモトレイジ:バンドをやってるとき常にじゃないですか。
オカモトショウ:まあそうね。真面目な所で言うとほんとそこだよね。「BOY」ってアルバムも出してますし。
オカモトレイジ:中学3年生からずっと同じ事しかやってないって、結構めずらしいで普通。一般的な観点から。
オカモトコウキ:年齢確認されるところじゃない?ジジイ心がある。少年心の塊ですよ4人とも。

―少年の頃からお互いを知るOKAMOTO'Sの皆さんですが、仲の良さの秘訣は?
オカモトショウ:やっぱりお互いをよく知ること。
ハマ・オカモト:よく知らないことですよ。
オカモトショウ:失礼しました。そっちで(笑)。
ハマ・オカモト:そうですね。必要以上にお互いに干渉しないこと。
オカモトコウキ:この通りですよ。本当に。
ハマ・オカモト:好みを意外に分かっていない事ですよね。
オカモトショウ:知りすぎていない。

―「俺たちふざけてません。まじめにふざけてるんです。」というコピーもついているように、自由に音楽を楽しんでいるところはOKAMOTO'Sさんの魅力の一つだと思います。普段のご活動において大切にされているポリシーなどはございますか?
ハマ・オカモト:ここまでの流れでーこれすごい恥ずかしい(笑)。
一同:すごい恥ずかしい。
ハマ・オカモト:でもねまあまあ。でもやっぱりふざけることは好きですねやっぱり。全員。なので結構大切にしている事かもしれないです。ふざけてるっていうのは。
オカモトレイジ:俺たちふざけてます。全て事実なんです。ていう感じですよね。
ハマ・オカモト:まあオオカミ少年にならないようにだけは大切にしないといけないですけれど。日頃からふざけてると急に真面目な事言うと、皆割とピシッと聞くんでね。それは結構大事にしているかもしれないですね。今日もだから皆さん相手に、こう言ってるんじゃなくて、日頃からこうなんで。
オカモトショウ:そうですね。
ハマ・オカモト:それこそ結構真面目・・・ですよね。今日は特に真面目ですよ確かに。今日ほんと真面目だよね。言われたことちゃんとやってるもん。
オカモトコウキ:よく知らないことも多いのでね。
ハマ・オカモト:ほんと皆さんのおかげですよ。
オカモトショウ:(niko and ...に)嫌われたくない。
オカモトコウキ:せっかく声かけてもらったのに嫌われたくない。

―今回の動画やビジュアルをご覧になる皆さんへメッセージをお願いします。
オカモトショウ:こういう中ではなかなか珍しいアプローチを音楽的にもするので、公開実験みたいなテーマにそこは則って、みんなで、そこでなんていうか…
オカモトレイジ:どうなるか分からないけど、やってみましょう。
オカモトショウ:「やってみましょう」って事なので、皆にもその即興感とか緊張感も含めて楽しんでもらえたらと思います。
ハマ・オカモト:うん。


■ ■出演者プロフィール
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_11.jpg
OKAMOTO’S
Vocal. オカモトショウ
Guitar. オカモトコウキ
Bass. ハマ・オカモト
Drums.オカモトレイジ

東京都出身、4人組ロックバンド。2010年、日本人男子最年少の若さでアメリカの音楽フェス「SxSW2010」に出演、海外での活動も積極的に行う。2019年に10周年イヤーを迎え、6月には自身初の日本武道館ワンマン公演を成功させる。2021年は9月に9枚目のフルアルバム「KNO WHERE」をリリースし、全国16か所18公演をまわるライブハウスツアー「OKAMOTO'S LIVE TOUR 2021"KNO WHERE"」を開催する。2022年、7月には、「90'S TOKYO BOYS IN HALL SPECIAL ~アフタースクール~」を開催することが決定しており、積極的な活動をますます加速させている。また、関ジャニ∞や菅田将暉など様々なアーティストのプロデュースや楽曲提供、映画やドラマの劇伴制作、個々のプロデュースワークや、DJ活動なども行っている。

Label:Sony Music Labels
HP:http://www.okamotos.net/
Instagram:https://www.instagram.com/okamotos_official/
Twitter:https://twitter.com/okamotos_info
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/OkamotosOfficial/


■ ■商品情報
全ルック共通のテーマの「レイヤード」。さらにOKAMOTO’S各メンバーの個性に合わせたポイントをちりばめたコーディネートを展開。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_5.png
Tシャツをショート丈にブラウジングしたシンプルなコーディネートの中にバッグを複数重ねてベスト風にし、遊び心を表現。
マルチボーダーラガーシャツ(ブラウン):4,290円(税込)
配色サイドプリーツTシャツ(オフホワイト):4,290円(税込)
ステッチベイカーショーツ(スモーク):5,390円(税込)
パラコードフェイクスウェードショルダー(グレー、ブラック、マスタード、グリーン):3,190円(税込)
フェイクレザーコンビグルカサンダル(ブラック):6,490円(税込)

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_6.png
ボーダーのTシャツにチェックのシャツを合わせて、柄×柄の新鮮なレイヤードスタイル。
オープンカラーチェックシャツ(オレンジ):5,390円(税込)
マルチボーダーラガーTシャツ(グリーン):4,290円(税込)
ステッチベイカーショーツ(ブルー):5,390円(税込)
フェイクレザークロッグサンダル(ブラウン):6,490円(税込)

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_7.png
2種類色違いのボーリングシャツをオーバーサイズで重ね着してビンテージ感を演出。
刺繍ボーリングシャツ(イエロー):5,390円(税込)
刺繍ボーリングシャツ(スモーク):5,390円(税込)
アソート柄クライミングパンツ(ブラウン):6,490円(税込)
フェイクレザーコンビグルカサンダル(ブラウン):6,490円(税込)

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_8.png
フルレングス×ショーツを重ね着してジャケットとショーツのシンプルなセットアップに面白さをプラス。
ステッチオープンカラーシャツ(チャコール):5,390円(税込)
オープンカラーチェックシャツ(ライトブルー):5,390円(税込)
ステッチベイカーショーツ(チャコール):5,390円(税込)
アソート柄クライミングパンツ(ネイビー):6,490円(税込)
フェイクレザークロッグサンダル(ブラック):6,490円(税込)

■ ■nikoand...について
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_9.png
niko and ... は、アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する“style editorial brand”です。実用性だけでなく、どこかユーモアを感じさせるアイテムをラインアップしており、意外な驚きと発見に“であう”、やがて自分のライフスタイルに“にあう”。そんなメッセージのもと、20~30代の男女に向けて事業展開しています。
全国144店舗展開(2022年4月末時点、WEBストアを含む)。

<公式WEBストア .st(ドットエスティ)> http://www.dot-st.com/nikoand
<公式ブランドサイト> https://www.nikoand.jp
https://www.instagram.com/nikoand_official/


■ ■株式会社アダストリアについて
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/310697/img_310697_10.png
株式会社アダストリア(代表取締役会長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。ファッションを通じてすべての人の人生をワクワクさせる「Play fashion!」をミッションに掲げ、人と情報が行き交うオープンなコミュニティをつくり、新たな価値を生み出す“グッドコミュニティ共創カンパニー”となることを目指しています。

<本部所在地> 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷 2丁目21番1号渋谷ヒカリエ
<URL> http://www.adastria.co.jp



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。