配信元:@Press

CODE BLUE実行委員会は、情報セキュリティ国際会議『CODE BLUE 2022』(ハイブリッド開催、日程10月27日(木)~28日(金))の講演者募集(CFP)、および事前参加登録の受付を開始いたしました。講演者募集の締切は8月15日(月)です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310750/LL_img_310750_1.jpg
CODE BLUE 2022

■「CODE BLUE」の狙い
CODE BLUEでは、多様な分野で活躍する世界トップレベルの専門家が一堂に会することで、日本を含むアジアのセキュリティの活性化や連携強化をはかること、および、国内・アジアの優秀な若手研究者を発掘し国際舞台へと後押しすることを目的に開催を続けています。


■本年の開催について
1) ハイブリッド開催
今年の会場は、東京・渋谷パルコDGビル18階のカンファレンスホール「Dragon Gate」です。新型コロナウイルス感染症対策に万全を期した上で開催するとともに、ステージの模様をオンラインで配信します。

2) 情報セキュリティを多角的に捉える最先端の研究・調査
テクニカル、サイバー犯罪対策、法律&政策、Bluebox(オープンソースのツール/プロジェクト)等の分野で最新鋭の講演を提供します。協賛企業によるOpen Talksもあります。日英の同時通訳も提供予定です。

3) 研究開発奨励金と学生スタッフ
CODE BLUEでは25歳以下の若い技術者・研究者を支援するため、U25枠としてCFP(発表内容)を公募してきました。本年も継続予定です。厳正な審査を行い、優れた講演者には研究開発奨励金を授与します。また、本年も学生スタッフを募集します。学生スタッフ募集については、SNSにて詳細を告知します。


■事前参加登録
公式サイトのRegistrationメニューよりご登録ください。
日本語: https://codeblue.jp/2022/registration/
英語 : https://codeblue.jp/2022/en/registration/


■講演者募集
CODE BLUEでは、これまで世界の第一線で活躍するハッカーやセキュリティ・エンジニアをはじめ、サイバー空間の問題を専門とする法学・政治学研究者、さらには国家のセキュリティ政策に携わるキーパーソンにいたるまで、数多くの講演を提供してきました。なお、講演者には謝礼金や、旅費などもご用意しております。下記リンクよりご応募をお待ちいたしております。
https://codeblue.jp/2022/cfp/

早期締め切り 7月15日(金)
最終締め切り 8月15日(月)
※早期締め切り:講演の採否をいち早く知りたい応募者向けに設定。最終締め切りを待たずに講演の採否をお知らせします。

過去の講演者の例:
●ジョージ・ホッツ氏(iPhone・Play Station 3などのジェイルブレイクで有名なハッカー)
●ミッコ・ヒッポネン氏(F-Secureの主任研究員、業界を代表するオピニオンリーダーの1人)
●オレンジ・サイ氏(台湾のセキュリティ研究者、世界的なCTFプレイヤーであり、重大な脆弱性を数々発見)
●坂 明氏(デジタル庁CISO、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会CISOなどを歴任)
●登 大遊氏(大学在学中にSoftEther VPNを開発・起業。2020年、新型コロナ禍対策としてNTT東日本とIPAが共同で提供する「シン・テレワークシステム」の中心的開発者)
●オードリー・タン氏(台湾のデジタル担当大臣、ソフト開発者コミュニティの力を行政に生かすなど、政府とコミュニティのパイプ役的な存在)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310750/LL_img_310750_2.jpg
『Shaking the Cybersecurity Kaleidoscope - An Immersive Look into Human Behaviour and Cybersecurity サイバーセキュリティの万華鏡を揺らす - 人間行動とサイバーセキュリティへの没入型調査』

■開催概要
日時 : 2022年10月27日(木)~10月28日(金)日本時間の日中開催
会場 : 東京・渋谷パルコDGビル
18階 カンファレンスホール「Dragon Gate」
開催形式 : オンライン配信とリアル会場を組み合わせたハイブリッド形式
主催 : CODE BLUE実行委員会
運営 : CODE BLUE事務局(株式会社BLUE)
参加費 : リアル会場 98,000円(税込 107,800円)
オンライン 18,000円(税込 19,800円)
事前参加登録: https://codeblue.jp/2022/registration/
その他 : 日英の同時通訳付き(※一部講演を除く)
SNS : [Twitter] @codeblue_jp
[Facebook] https://facebook.com/codeblue.jp


■スポンサーシップ募集
CODE BLUE 2022ではご協賛いただける企業様を募集しております。協賛企業様向け資料を送付しますので、お気軽にお問合せください。

<現在の協賛企業>
株式会社日立システムズ
パナソニックホールディングス株式会社
GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社
日本電気株式会社
株式会社ラック
LINE株式会社
株式会社セキュリティイニシアティブ
ヘイ株式会社
株式会社セキュアブレイン
サイボウズ株式会社

【CODE BLUE スポンサー問合せフォーム】
https://forms.gle/Uam6TDpf6bZRSKVb8


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。