配信元:@Press

中国の総合家電製品メーカーTCLエレクトロニクスの日本法人株式会社TCLジャパンエレクトロニクス(所在地:東京都中央区)は、真に迫る映像美を誇る最先端テクノロジーMini-LED/「QLED」搭載モデルを含め、4Kスマートテレビ(Google TV)4シリーズ14機種を2022年5月27日より順次発売します。

全機種はGoogle TV機能を搭載し、映像エンジンのほか、Dolby Vision・Dolby Atmosに対応し、高画質及び高音質のご視聴体験を提供し、臨場感が溢れています。3つのグレードからなるAlgoエンジンという映像エンジン(AlgoエンジンMax、AlgoエンジンPro、Algoエンジン)は、画質解析のアルゴリズムを取り入れ、放送とネット配信映像を適切に解析してから映像処理を実施いたします。さらに、C835、C735とC635シリーズは量子ドットLED技術「QLED」を採用し、4K液晶テレビより広い色域※、また高色純度で、本物に近い映像美を再現します。
※自社製品


【2022年新製品:C835シリーズ / C735シリーズ / C635シリーズ / P735シリーズ】
■C835シリーズ 65V型/55V型
C835シリーズは4Kスマートテレビ(Google TV)です。AlgoエンジンMax、Mini LEDとQLEDテクノロジーを採用し、すべてが最高クラスを追求します。65V型と55V型の2機種を6月10日から順次発売する予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_1.png
C835シリーズ正面

製品ページ: https://www.tcl.com/jp/ja/tvs/c835.html

<主な特徴>
1. AlgoエンジンMaxを搭載
AlgoエンジンMaxは最高クラスの映像美を追求し、映像処理の総合力を引き出します。AlgoエンジンMaxで、映像の精細感の復元、コントラストの向上、残像感の低減、運動が速いシーンの高画質処理、3次元のカラーマネジメントとHDR映像の優れた表現力を実現できます。

▽精細感の復元
文字周辺とエッジ部に出るノイズ処理以外に、映像の平坦部における波線のようなノイズを最大限に抑制できます。HDと2Kの映像を4K映像に巧みにアップスケーリングします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_2.png
精細感の復元機能

▽抜群のコントラスト
ローカルディミングを採用、直下型Mini LEDライトをエリア毎に制御し、明るい部分がより明るく、暗い部分がより暗くなります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_3.png
ローカルディミング技術

▽残像感低減
BFI機能で、LEDバックライトを制御し、黒い映像を前フレームの映像に補完し、前フレームの表示時間を短縮し、残像感と画像のボヤケを減少させます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_4.png
BFI機能

▽クリアな画質
MEMC機能によって、映像の動き補正、くっきりと滑らかな画質を提供します。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_5.png
MEMC機能

▽精密なカラーマネジメント
3次元のカラーマネジメントで、色が変換する際の色域ロスを抑え、暗部から明部までの諧調と色を正確に表現します。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_6.jpg
3D-Lut機能

▽HDR映像の優れた表現力
HDRマッピング機能でハイダイナミックレンジ映像を漏れなく解析し、幅広い輝度レベルに柔軟に対応。映像の明暗を忠実に描きます。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_7.png
HDRマッピング機能

2. 量子ドットLED技術「QLED」テクノロジー採用し、豊富な色彩で自然に近いカラーを実現
C835シリーズは、量子ドットLED技術「QLED」を採用し、従来の4K液晶テレビ※に比べ、色域を拡大することができ、自然に近いカラーを実現します。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_8.png
QLEDテレビ構造図

3. TCL Mini LEDバックライトテクノロジーで秀逸なコントラスト、明るさ、均一性を実現
数千個のMini LEDライトを搭載。LEDライトは従来の液晶テレビと比べ、数十倍に増加し、明るさは液晶テレビの4倍となり、さらなる高輝度を実現いたしました※。さらに直下型Mini LEDライトをゾーン毎にON/OFF制御するローカルディミングで、コントラストを大幅に向上させます。
※自社製品との比較

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_9.jpg
TCL Mini LEDテクノロジー 図1
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_10.jpg
TCL Mini LEDテクノロジー 図2

4. 120Hz倍速駆動パネルを搭載
動きが速いスポーツ等のシーンも、くっきり滑らかな映像が表れます。

5. Dolby Vision/HDR10/HLGに対応
映像の明部と暗部のディテールまで驚くほどクリアに再現、華やかな色彩及びメリハリの効いた映像を描き出します。

6. 広色域(WCG:Wide Color Gamut)採用で鮮やかな色彩を実現
表現できる色彩が増えることであらゆるシーンをより鮮やかに美しく描くことができます。

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_11.png
WCG技術搭載

7. 立体音響規格「Dolby Atmos」に対応
背部にサブウーファーを搭載し、3次元の立体音響を実現する「Dolby Atmos」に対応し、包まれるような音響を自宅で感じられます。

8. ALLM対応、快適なゲーム体験を確実に支える
入力機器からのゲームプレイ映像情報を検出次第、ALLM(自動低遅延)で自動的にゲームモードに切り替えます。


■C735シリーズ 75V型/65V型/55V型
C735シリーズは4Kスマートテレビ(Google TV)で、量子ドットLED技術「QLED」を採用し、より本物に近い映像美を実現します。75V型、65V型と55V型の3機種を5月27日から順次発売する予定です。

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_12.png
C735シリーズ正面画像

製品ページ: https://www.tcl.com/jp/ja/tvs/c735

<主な特徴>
1. AlgoエンジンProを搭載
AlgoエンジンProで、映像の精細感の復元、コントラストの向上(マイクロディミング技術)、残像感の低減、運動が速いシーンの高画質処理、3次元のカラーマネジメントとHDR映像の優れた表現力を実現できます。

▽優れたコントラストを実現するマイクロディミング技術(AlgoエンジンProとMaxとの異なり)
映像情報をゾーン毎に詳細に分析する「マイクロディミング」機能を搭載。繊細な部分まで明暗をくっきり分けることで、風景の奥行き感をよりリアルに映し出します。

画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_13.png
マイクロディミング技術

2. C835シリーズと同じ機能
量子ドットLED技術「QLED」テクノロジーを採用し、120Hz倍速駆動パネル、Dolby Vision / Atmosを搭載、広色域(WCG:Wide Color Gamut)とALLM機能を対応しております。


■C635シリーズ 65V型/55V型/50V型/43V型
C635シリーズは4Kスマートテレビ(Google TV)で、量子ドットLED技術「QLED」を採用し、より本物に近い映像美を実現します。また、Algo映像エンジンを搭載しております。65V型、55V型、50V型と43V型の4機種を5月27日から順次発売します。

画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_14.png
65/55/50V型 C635 正面画像
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_15.png
43V型 C635 正面画像

製品ページ: https://www.tcl.com/jp/ja/tvs/c635

<主な特徴>
1. Algoエンジンを搭載
映像信号処理アルゴリズムを活用、放送とネット動画のコンテンツをしっかりと解析し、徹底的な映像処理を実施します。Algoエンジンには残像感を低減するBFI機能を搭載しておりません。他の機能はAlgoエンジンProと同様です。

2. C735シリーズと同じ機能
量子ドットLED技術「QLED」テクノロジーを採用し、Dolby Vision / Atmosを搭載、広色域(WCG:Wide Color Gamut)とALLM機能を対応しております。


■P735シリーズ 75V型/65V型/55V型/50V型/43V型
P735シリーズは4Kスマートテレビ(Google TV)で、進化した画質処理と立体音を見事に響かせるDolby Atmos技術を採用します。75V型、65V型、55V型、50V型と43V型の5機種を5月27日から順次発売します。

画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_16.png
75V型 P735 正面画像
画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_17.png
65V/55V/50V型 P735 正面画像
画像18: https://www.atpress.ne.jp/releases/310141/LL_img_310141_18.png
43V型 P735 正面画像

製品ページ: https://www.tcl.com/jp/ja/tvs/p735

<主な特徴>
1. Algoエンジンを搭載
C635シリーズと同様

2. C635シリーズと同じ機能
Dolby Vision / Atmosを搭載、広色域(WCG:Wide Color Gamut)とALLM機能を対応しております。


■TCLについて
TCLグループは、約75,000名の従業員と、28の研究機関及び22の製造工場を擁し、世界160の国と地域にビジネスを展開しているコンシューマエレクトロニクスグローバル企業です。2021年、液晶テレビの出荷台数は世界2位※、約2,460万台を達成。万全な品質管理と充実したアフターサービスのもと、世界各地で販売しております。

※Data source: Omdia TV sets market tracker


<お客さまからのお問い合わせ先>
お客さまご相談窓口
TEL :0120-955-517
受付時間:9:00~18:00 (年末年始を除く)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。