配信元:共同通信PRワイヤー

クリエイティブ知見を活かした独自Twitter Amplifyスポンサーシップ

2022年5月23日
株式会社電通デジタル

 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一)は、Twitterの広告メニュー「Twitter Amplifyスポンサーシップ」において、謎解きコンテンツやキャラクターアバターを活用したオリジナル広告を企画・制作するパッケージを提供開始します。

 当社アドバンストクリエイティブセンター(以下、ACRC)には、SNSのクリエイティブに特化した専門クリエイターが在籍しており、Twitter社と連携して、タイムラインで目に留まりやすいクリエイティブ制作に関する知見の収集・提案を行ってきました。これまでにも、広告主とクリエイターがワークショップ形式で学びながらTwitter広告を制作するプログラム「DD TW #NEST」※1などの開発を行い、今後さらにTwitter広告活用を推進していくため、この度の新しい広告制作メニュー拡充にいたりました。

 今回、新たに開始する「謎解きスポンサーシップ」「キャラトーカースポンサーシップ」は、Twitterの広告メニュー「Twitter Amplifyスポンサーシップ」として提供されるものです。同メニューは、一定金額以上の広告出稿条件を満たすと、Twitter配信に広告クリエイティブ企画・制作費が内包されるパッケージです。広告主はコストを安価に抑えることができるだけでなく、当社ACRCが高いクリエイティブ力とTwitter広告に精通した知見のもと、企画提案からデザイン、ツイート文の制作までワンストップで行うことで、顧客エンゲージメントを高める広告を配信することが可能になります。

●「謎解きスポンサーシップ」
 謎解きコンテンツを活用することで、思わず答えたくなり、かつエンゲージメントを高めながら商品への興味喚起を実現するクリエイティブ広告を制作。本クリエイティブの肝となる「謎」の制作は、クイズコンテンツ制作の専門集団であるクイズ法人カプリティオ※2が担います。

●「キャラトーカースポンサーシップ」
 電通独自開発のキャラクターアバターソリューション「キャラトーカー」※3を利用したクリエイティブ広告で、広告主が持つキャラクターを自在に動かし、イキイキとした表情で語りかけることでエンゲージメントを高めます。
 「キャラクターCXソリューション」※4を提供している、電通デジタル・電通合同のキャラクター特化チームが、これまでのキャラクター制作・育成の実績やノウハウを活かし、企画、制作を行います。

<「謎解きスポンサーシップ」ツイート制作イメージ>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171304-O1-5s4rR22Y

<「キャラトーカースポンサーシップ」動画制作イメージ>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171304-O2-KWmV1tL9

 今後も電通デジタルは、広告主の多様なニーズに応えていくため、より効果的な広告コミュニケーションのあり方を研究し、新しいサービスの開発・提供を進めてまいります。

 
※1   電通デジタル、Twitterに特化した動画広告を半日で作り上げるワークショッププログラム「DD TW #NEST」を提供開始
(2019年11月1日発表)https://www.dentsudigital.co.jp/news/release/services/2019-1101-000330

※2   クイズ法人カプリティオ:クイズ王・古川洋平とプロのクイズ作家たちが、質の高いクイズコンテンツを提供するプロ集団。クイズ王としてのメディア出演から、クイズ制作、謎解き・パズル制作、クイズイベント主催まで幅広く活動している。
https://capriccio.tokyo/

※3   キャラトーカー:「企業キャラクターアバタータンク」として展開している電通独自のアバターソリューション。企業キャラアバターをオンライン/オフライン問わずあらゆる生活者の接点に、簡単に導入することが可能で、親しみやすい企業コミュニケーションをサポートする。【紹介動画】https://youtu.be/sxqDhBrLRkc

※4   キャラクターCXソリューション:複雑化する企業のマーケティング活動を、「キャラクター」によって認知フェーズからロイヤルカスタマー化まで効率化・効果的なものにするソリューション。電通の強みであるキャラクター開発に関する知見・クリエイティビティと、独自の最新テクノロジーを掛け合わせることによって、企業のマーケティング活動をより一層進化させ、より良い顧客体験(CX)を生み出す、新しいマーケティングコミュニケーションを実現する。
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/1028-010454.html

 
<アドバンストクリエイティブセンターについて>https://advancedcreativecenter.com/
 「面白くて正しいことを探求する」をミッションに、データ/AI(人工知能)とクリエイティビティの融合した「アドバンストクリエイティブ」の実現を目指した電通デジタルのクリエイティブ組織です。認知度や好意度を向上させるブランドリフト広告から、顧客獲得のためのダイレクトレスポンス広告(バナー/LP/オンライン動画/ソーシャル広告)までを統合的に設計・制作し、広告配信の成果に合わせて改善のためのPDCAを行っています。広告の第一線で活躍するクリエイティブディレクター、コピーライター、アートディレクターや、ダイレクトレスポンス広告に関する知見・ノウハウを有するコンサルタントやディレクターなど、多数のスペシャリストが在籍しています。

<電通デジタルについて>https://www.dentsudigital.co.jp/
国内最大級のデジタルマーケティング会社として、データとテクノロジーを駆使した次世代マーケティングの戦略策定・実行、その基盤となるITプラットフォームの設計・構築、クライアントの事業革新を支援するDXコンサルティングなどのサービスを提供。国内外のプラットフォーマー各社との緊密なパートナーシップのもと、高度な専門性と統合力により、クライアントの事業成長に貢献しています。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。