配信元:@Press

心を込めて家族を思いやるようにお客さまをお迎えするシャングリ・ラ 東京(所在地:東京都千代田区丸の内、総支配人:マティアス スッター)は、入梅から真夏の6月から8月にかけて、インドの伝承医学・アーユルヴェーダを取り入れ、ウコンやヘナなどを用いてデトックスやリラクゼーションへと導くトリートメントを提供いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309616/LL_img_309616_1.jpg
アーユルヴェーダを取り入れたトリートメント

【アーユルヴェーダ スカルプ&ヘアトリートメント】
インドの伝承医学・アーユルヴェーダでは、「ヘナ」は富と吉祥の女神ラクシュミーが好んだ愛と幸福のエネルギーをもつ薬草として親しまれています。
「ヘナ」のフットバスで足を温めてリラックスした後、頭・顔・耳のオイルトリートメントと、全身マッサージで緊張を解きほぐします。その後、「シローレーパ」というハーブペーストをたっぷりと頭皮に湿布する浄化法で、体内の浄化と頭皮の毒素排出を導きます。
浄化されホルモンバランスが整うと頭痛の暖和などの効果が期待できます。また、副交感神経が優位になることで、身体の奥底からの深いリラクゼーションを感じ、心が平穏と幸福感で満たされます。
※このトリートメントを月に1回、3カ月続けることをお勧めいたします。


【アーユルヴェーダ スカルプ&ヘアトリートメントの概要】
期間 :6月1日(水) ~ 8月31日(水)
価格 :36,300円(税込・サービス料15%別)
時間 :120分
営業時間:12:00 - 20:00

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/309616/LL_img_309616_2.jpg
アーユルヴェーダ スカルプ&ヘアトリートメント イメージ

【東京オーセンティックエクスペリエンス夏】
この夏、東京オーセンティックエクスペリエンス夏のテーマは金色のスパイス、ウコンです。
ウコンは数千年前に古代インドに生まれた伝承医学「アーユルヴェーダ」において重要な要素となっていたほか、中国でも漢方薬として使われ、日本でも琉球王国(沖縄)で貴重な植物として専売されていました。

ウコンは、アルコール分解効果でよく知られていますが、美容効果にも優れています。ウコンに含まれているポリフェノールの一種「クルクミン」には、抗酸化作用も持ち合わせ、肌の炎症や再生を助ける働きがあります。

ウコン風呂で身体を温め、天然温泉がブレンドされたソルトスクラブとウコンでお肌を磨き上げます。スチームサウナでデトックスした後はエキゾチックな香りに包まれながら全身のオイルマッサージ。スパイスの効果で全身の血行を促進し、シミ・シワ・くすみの改善に導きます。


【東京オーセンティックエクスペリエンス夏の概要】
期間 :6月1日(水) ~ 8月31日(水)
価格 :51,700円(税込・サービス料15%別)
時間 :150分
営業時間:12:00 - 20:00

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/309616/LL_img_309616_3.jpg
東京オーセンティックエクスペリエンス夏 イメージ

*スパを週末にご利用の際には、別途週末料金を申し受けます。

<お問い合わせ・ご予約>
Chiスパ
Tel : 03-6739-7880
Email: chi.slty@shangri-la.com


■シャングリ・ラ 東京について
シャングリ・ラ 東京は、シャングリ・ラ ブランドにおける日本初のホテルとして2009年3月2日に開業しました。東京駅に隣接する37階建ての複合ビル、丸の内トラストタワー本館の最上階11フロアを占めます。総客室数200のホテル内には、2つのレストラン、イタリア料理「ピャチェーレ」、日本料理「なだ万」に加えて、ラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」が併設されています。また、5つのトリートメントルームと東京で最大規模のスパスイートを備えている「Chiスパ」は、古代中国より伝わるヒーリングセラピーを提供しています。
シャングリ・ラ 東京は、2018年より2022年まで5年連続で一流のホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド」のホテル部門にて5つ星を獲得しているほか、トリップアドバイザーによる2019年のトラベラーズチョイスアワードにて日本1位を、2020年のトラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベストでは日本8位を受賞。また2019年には、米国の富裕層向け旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」による東京のホテルTOP10で2位を、米国大手出版社コンデナスト社の旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が選出した2021年日本のトップ10ホテルランキングでは4位に選ばれています。
シャングリ・ラ 東京についてのお問い合わせは03-6739-7888にご連絡いただくか、当社のウェブサイト https://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/ をご覧ください。


■シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツについて
シャングリ・ラ グループを象徴する主軸ブランドである「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ」は、同ブランド独自のアジアン ホスピタリティーで心を込めてすべてのゲストをお迎えいたします。
自然からインスピレーションを得たデザイン、魅力的な料理や文化体験、本物かつ思いやりが感じられるサービスを通し、ゲストは自身の“シャングリ・ラ モーメント”を滞在中に見つけ出すことができます。現在90軒以上のデラックスホテルとリゾートを、オーストラリア、カナダ、中国、香港、台湾、フィジー、フランス、インド、インドネシア、日本、マレーシア、モーリシャス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、スリランカ、オマーン、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦およびイギリスなど世界中で運営しています。
受賞歴のあるロイヤリティプログラム「ゴールデンサークル」は刷新され「シャングリ・ラ サークル」として2022年4月にスタートしました。すべてのシャングリ・ラ ブランド、ホテルおよびレストランを繋ぐ待望の旅とライフスタイル向けサービスです。豊かな暮らしのキュレーターとして、シャングリ・ラ サークルは選りすぐりの旅とライフスタイルオファーや魅力的なリワード、比類のないアジアン ホスピタリティーを通して、ゲスト自身のシャングリ・ラ体験をガイドいたします。
登録または詳細については、 https://www.shangri-la.com/shangrilacircle/ をご覧ください。
シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの詳細は https://www.shangri-la.com/jp をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。