配信元:@Press

Game Source Entertainment(香港、以下 GSE)は、Softstar Technology(北京)が開発した、アクションRPG《仙剣奇侠伝 ー守り合いー》の日本語パッケージ版をPlayStation(R)4とPlayStation(R)5で2022年8月4日に発売いたします。
今回、発売に伴い本作のストーリーを公開いたしましたので、内容をご紹介いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_1.png
画像01

トレーラー: https://youtu.be/Ko3tGKIYfHI


【ストーリー】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_2.png
画像02
「吾は人界に堕ち、月が小川のほとりを照らし、天地の間での争いが始まる」

時は仙剣200年後、物語は少女が光る果実を拾うことから始まる…
萍渓村のそばの山の中腹に、名もなき小さな門派「明庶門」があった。
門下に弟子はなく、祖師月西楼の子孫である月清疎(ユェ・チンシュ)と、彼女を育てた祖父である現掌門月寒山の二人で暮らしていた。
ある日、月清疎はいつものように萍渓村で妖物の退治をしていたが、その途中で光る果実を見つけた。
清疎は、不思議な霊力を秘めた果実に思わず噛みついてしまった。
果実の正体は、魔界の裏切り者を捕えようとして重傷を負い、元の姿に戻された神界の修吾(シゥ・ウー)だった。
清疎は、そばにいた御霊に止められたにも関わらず、果実に浅い歯型を残していた。
そして二人は、法力と生命力がしっかりと結びついた「共生体」となり、共に修吾の任務を続けることになるのだが、ひょんなことから仙霞派の弟子である白茉晴(バイ・ムォチン)と、苗疆泉隱村の桑遊(サン・ヨウ)が加わり、四人で「人」「神」「魔」三界の争いを打開するために力を合わせることとなる。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_3.png
画像03
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_4.png
画像04
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_5.png
画像05

【世界観】
太古の時代、神農神尊が誕生した時、同時に九泉も出現したという伝説がある。
この九つの神泉は「天地九井」とも呼ばれ、万物の滋養の源であった。
九泉にはこの世で最も凝縮された霊力が宿っており、天地霊脈の中枢をなしている。九泉は神農とともに生まれ、神農による一千万年の苦労の末、次第に天地の生命の最も重要な源となった。
九泉の前では、すべての存在が平等である。美しい霊獣も、醜くて不愉快な獣や毒虫も、その滋養を受けてこの地を共有しているのだ。神農と九泉は深いつながりがあることから、「神農九泉」と総称される。(九泉:照胆、寒髄、熱海、無垢、霧魂、春滋、炎波、毒瘴、龍潭)
しかし、地上に住む獣、神、人間の三族は次第に私的な欲望を募らせ、対立や紛争が起こり、やがて戦争に発展していった。中でも神族の力は強大で、争いは次第に優勢になった。神農は、彼らの身勝手ぶりを見て、もはや三族が同じ地で共存することは不可能であると思った。
九泉は天地霊脈の要であり、万物の繁栄のカギとなるものだ。三族大戦によって九泉が破壊され、天下に害をなすことを防ぐため、神農は神力を駆使して九泉に巨大な結界を施し、天地霊物から九泉の鍵となる九つの腕輪を作った。
三族大戦は結局、獣族、人族が神族の連合軍に敗北する形で終結した。そしてシユウは獣族を魔界に導いた。
それ以来、人、神、魔の三界は分離されるようになった。九泉もこの動乱の中で、各界に散らばり、形態も異能も状況によって変化するようになった。大戦後、神農と九泉の鍵環は姿を消し、九泉の伝説は、時が経つにつれ、次第に忘れ去られていった。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_6.png
画像06
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/310819/LL_img_310819_7.png
画像07

予約はこちら
https://bit.ly/3Nn0EUf


■タイトル :仙剣奇侠伝 ー守り合いー
■対応機種 :PlayStation(R)4、PlayStation(R)5
■発売日 :2022年8月4日
■価格 :4,818円(税込)
■ジャンル :アクションRPG
■プレイ人数 :1人
■表示対応言語:日本語/英語/中国語(繁体字・簡体字)
■発売 :Game Source Entertainment
■開発 :Softstar Technology (Beijing) Co., Ltd
■CERO :審査予定


■権利表記:
(C)2022 Softstar Technology (Beijing) Co., Ltd.. All Rights Reserved. Licensed to and published by Game Source Entertainment.


■Game Source Entertainmentについて
Game Source Entertainmentは、香港を拠点にしたアジア圏の発売元と流通商社です。
これまでPlayStation(R)4、Nintendo Switch(TM)、Xbox One及び前世代のコンソールプラットフォームで100タイトル以上、中国語に翻訳したパッケージソフトの流通を行ってきました。


■Game Source Entertainment及び商品の詳しい情報は、こちら
GSE公式 HP : https://gamesource-ent.jp/
Twitter : https://twitter.com/gamesource_ent
YouTube GSE チャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCfY5cUEakN7tw9gXd9lywFA
GSE ユーザーサポート : support@gamesource-ent.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。