配信元:共同通信PRワイヤー

新体験!AIを使った読み聞かせで子育てをサポート。おはなし(童話)など60コンテンツ搭載!

新体験!AIを使った読み聞かせで子育てをサポート
パパやママそっくりのコエをAIがつくる読み聞かせスピーカー『coemo』9月下旬発売
聞く力・想像力を養うおはなし(童話)や睡眠のプロ「BRAIN SLEEP」など60コンテンツ搭載! 追加で幼児教育実践研究所「こぐま会」などのコラボコンテンツも!

 
 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、パパやママ(※1)そっくりのコエをAIがつくる読み聞かせスピーカー『coemo(コエモ)』(希望小売価格:12,980円/税込)を2022年9月下旬から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売します。予約受付は、「タカラトミーモール」にて2022年6月14日(火)から開始します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O24-Uh5SQxz4

 『coemo』は、最先端のAI音声合成技術「コエステーション」(※2)を活用し、実在の人物の声とそっくりな合成音声=コエで、たくさんのおはなしを読み聞かせてくれます。プロのナレーターの感情表現や抑揚を再現することで、まるでパパやママがお話しているような自然な読み聞かせを実現しています。また、それぞれのおはなしに合わせた効果音やBGMを合わせることで臨場感ある読み聞かせを楽しむことができます。音声登録のアプリ「コエステーション」と、おはなし(童話)コンテンツなどを搭載している「coemoアプリ」を連動させてコエを登録し、スマートフォンで好きなコンテンツを選んで本体に送信すると『coemo』が指定したコエでおはなしを読んでくれます。祖父母や親戚などが「コエステーション」でコエを登録し、「coemoアプリ」で連携すると、おはなしの配役でコエを変えることができます。

 「coemoアプリ」には、無料で楽しめる60コンテンツを揃え、日本や世界のおはなし(童話)、オリジナルストーリーなど45作品の他、睡眠のプロ「BRAIN SLEEP(ブレインスリープ社)」とコラボレートした良質な睡眠へ導く音楽や、「ねるまえたいそう」などのコンテンツも楽しめます。また、お子様の成長に合わせて長くご使用いただけるよう、追加コンテンツも展開予定です。幼児教育実践研究所「こぐま会」とのコラボコンテンツ(有料)では、おやすみ前に耳でじっくり聞いて、お子様の聞く力や集中力、理解力を養います。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O25-qo15TcC0

 パパやママの気持ちに寄り添った商品を作りたいという想いから、アンケート(※3)、ヒアリングやモニター調査など様々な角度の声を吸い上げました。保護者からは「子どもに本を読ませたいが、毎日の読み聞かせは大変」「下の子をお世話しながら読み聞かせするのは大変」などと言った声が聞かれました。本商品を使用し読み聞かせをすることで、親子のスキンシップの時間を充実させ、子どもにとっても大人にとっても楽しいひとときや、映像や本に慣れ親しんでいる子ども達に「耳で聞いて想像する新たな体験」を提供します。実際にモニター調査では「パパやママのコエで安心感がある」「BGMがあるのでおはなしの世界に惹き込まれやすい」「聞くことに集中し想像力につながる」「両手が空くので一緒におはなしを聞いて、一緒に触れ合える」など読み聞かせの時間がより一層充実したとのコメントも得られています。

 家事や仕事で手が離せない時でもお子様が安心して寝られるよう『coemo』を利用する、疲れた夜は一緒におはなしを聞いてリラックスするなど、パパやママの子育てをサポートします。

 『coemo』は、連動アプリに操作を音声で誘導する「画面読み上げ機能」を搭載している点などが評価され、目の不自由な方も一緒に楽しめるおもちゃとして一般社団法人日本玩具協会が推進する「共遊玩具」にも認定されました。

(※1)本文中の「パパやママ」とは、ご家族の方すべての総称として使用しています。

(※2)「コエステーション」はコエステ株式会社のAI音声合成技術で、身近な人から有名人まで、多種多様な合成音声(人工の声)を生成し、様々なデバイスとつなげることのできるサービスです。

(※3)2021年8月~12月の間に計3回実施。25歳~49歳までの女性合計3,200人にインターネット調査を実施。(調査委託先:マクロミル)

 
< 『coemo』の特徴 >
 ○ 毎日の読み聞かせが楽しみになる、こだわりの合成音声
・パパやママの合成音声=コエでおはなしを読んでくれるので、楽しい読み聞かせの機会を増やし、お子様も聞きなれたコエで安らぎながらおはなしを聞くことができます。 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O26-63404S83

・最先端のAI音声合成技術「コエステーション」によって感情表現や抑揚を再現し、まるでパパやママがお話しているような自然な読み聞かせを実現しました。それぞれのおはなしに合わせた効果音やBGMもついているので臨場感ある読み聞かせが楽しめます。

・祖父母や親戚などのコエを「コエステーション」で作成(登録)し、「coemoアプリ」で連携すると、おはなしの配役でコエを変えることができます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O8-inO59V49
・事前にお子様の名前を登録しておくと、おはなしの中でお子様の名前を呼んでくれるオリジナルストーリーもあります。

・パパやママは本を持っておはなしを読むことやスマートフォンを持つことがないため、その分お子様と一緒にお話ししたり、触れ合ったりと多くのスキンシップをしながらおはなしを聞くことができます。

・視覚を使わず、音声のみの読み聞かせなので、聞くことに集中でき、子どもの想像力・創造力を養います。

○ 簡単操作でコエを登録
[事前準備]
スマートフォンに「コエステーション」と「coemoアプリ」をインストール。「コエステーション」でユーザーの音声を録音してコエを作成し、「coemoアプリ」と連動させます。声の収録は最初に約15分間指定の原稿を読むだけです。

[読み聞かせ]
「coemoアプリ」で好きなコンテンツを3つ選んで本体へ送信。本体操作だけで『coemo』がおはなしを読んでくれます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O20-xg8WYki5

※スマホアプリ「コエステーション」はiOS15以上で、iOS15対応のiPhone/iPadでご利用いただけます。Android版も今後リリース予定です。

○ 無料で楽しめる60コンテンツ
[無料コンテンツ]     
充実の60コンテンツ。日本の昔ばなしや、グリム童話など世界のおはなし45作品の他、英語の歌や、お子様が落ち着くオルゴールメロディ、さらに睡眠のプロ「BRAIN SLEEP」とのコラボコンテンツなども楽しめます。

<おはなし例>
赤ずきん / はだかの王様 / 北風と太陽/ 3匹のこぶた / 桃太郎 / オリジナルストーリー  など全45作品

睡眠のプロ「BRAIN SLEEP」 コラボコンテンツ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O27-iaY3VQHa
スムーズに眠りをさそう音楽や寝る前のストレッチ「ねるまえたいそう」など、良質な睡眠へ導く『coemo』オリジナルコンテンツ5種類を作成しました。

 
ブレインスリープ社は睡眠医学とIT技術で最高の睡眠を追求するイノベーション・カンパニーです。「睡眠革命で、脱・睡眠負債」をキーワードに、最高の睡眠を実現することで人々に最幸の人生を送っていただくことを目指し、睡眠の質を高める様々なサービス・プロダクトを提供します。

○子どもの成長に合わせて追加できる有料コンテンツ
[有料コンテンツ]
幼児教育実践研究所「こぐま会」 コラボコンテンツ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O28-N3ug5R9V
おやすみ前に耳でじっくり聞いて集中できる『coemo』オリジナルコンテンツを制作。お子様の聞く力や集中力、理解力を養います。

<「話の内容理解」例>
おはなしを聞いた後に「イルカさんと貝を交換したのは誰ですか。」「カニさんが持っていた貝は何色ですか。」「ウミガメさんは持っていた貝を何個くれましたか。」などといったおはなしの理解度を確認する質問が出題されます。

「こぐま会」は、幼小一貫教育の理念に基づいて、2才児から小学3年生までの幼児・児童を対象に、それぞれの年齢にふさわしい基礎教育のあり方を追究・実践する幼児教室です。とくに、就学前の子どもたちを対象とした教育を「教科前基礎教育」という考え方で捉え、その内容と方法を独自に開発し、教室での実践を通じて、検証。そうした基礎教育の実践の中で、幼稚園受験や小学校受験といった現実的な課題にも対処し、大きな成果を上げています。

○パパやママの子育てをサポート!
「おやすみ前の親子時間をより充実させる」「親子を良質な睡眠に導く」「家事や仕事で手が離せない時でもお子様が安心して寝られるよう『coemo』を利用する」「疲れた夜は一緒におはなしを聞いてリラックスする」「祖父母や親戚など大好きな人のコエを登録し臨場感を楽しむ」など多彩な使い方ができる『coemo』は、パパやママの子育てをサポートします。

 
* *『coemo』は目の不自由な方も楽しめる共遊玩具です**
本商品は、目の不自由な方も一緒に楽しめるおもちゃとして、一般社団法人日本玩具協会が推進する「共遊玩具」の「盲導犬マーク」対象商品に認定されています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O16-oe506qw5

<認定のポイント>
●連動アプリに「画面読み上げ機能」を搭載
本体と連動する「coemoアプリ」には、全ページに操作を音声で誘導する「画面読み上げ機能」を搭載。目の不自由なお子様や保護者も音声を頼りにアプリを操作して楽しむことができます。さらに、ページごとに異なるBGMを用い、今どのページを操作しているのかが音でもわかりやすくなっています。

●効果音で操作をサポート
本 体のすべてのボタンに固有の効果音を搭載。目が不自由なお子様だけでなく、暗闇で良く見えない状況でもさりげない音で操作をサ ポートします。

●触ってわかるレリーフボタン
本体ボタンには凸デザインのレリーフボタンを採用し、触ってわかるように工夫しています。
また、ねじ穴を最小限にする構造で必要以上の凹凸がありません。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O22-ygsQ6Qjz
 
 
[おもちゃのユニバーサルデザイン 共遊玩具] 
www.takaratomy.co.jp/products/kyouyu

 
< 商 品 概 要 >
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O23-o2fbZ7c0

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201453-O21-WAOkD087

商品名:『coemo』
 
希望小売価格:12,980円(税込)

発売日:2022年9月下旬

対象年齢:3歳以上

商品内容:coemo本体×1、スタートアップガイド×1
※ 操作をする際は、別途スマートフォンが必要です。

使用電池:単3形アルカリ乾電池×3(別売り)

商品サイズ:(W)125×(H)90×(D)120mm

取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップ、

タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等

著作権表記:© TOMY

ホームページ:www.takaratomy.co.jp/products/coemo

販売目標:年間5万個

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。