配信元:@Press

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(理事長:三宅 正彦、所在地:東京都渋谷区)は、Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/Sシーズンより、新たなデザイナー支援となる「JFW ブランドサポート プログラム」を発足する運びとなりました。

本プログラムは、JFWが背負うミッション「世界に向けた新人デザイナーの登竜門」を通して、今後グローバルにファッション業界で活躍が見込める新しい才能を育成・支援していくことを主旨としています。

フィジカル発表の受賞ブランドへは年間を通して発表のサポートを行うことで、ブランドの成長およびグローバルな認知向上のチャンスを広げ、デジタル発表についてはさらなる発展が予想されるデジタル上の表現方法の挑戦へとつなげることで、それぞれの受賞ブランドが次のステージへ前進する機会となることを目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/310935/LL_img_310935_1.jpg
Japan Fashion Week TOKTO

「JFW ブランドサポート プログラム」を発足


■「JFW ブランドサポート プログラム」支援内容
本プログラムでは、フィジカル発表とデジタル発表それぞれより1ブランドを受賞ブランドとして選定いたします。

<フィジカル発表ブランド>
賞金 :1,000,000円(税別・個人の場合は源泉した金額)
・その他、公式会場使用料無料および参加登録料免除 他
・受賞した翌シーズンについては参加登録免除および
発表方法はブランドの意向に合わせ要相談
審査方法 :審査員会による作品の実物審査およびその他の項目による定性的評価
ブランド募集期間:2022年5月20(金)~2022年6月10日(金) 18:00必着(日本時間)
発表時期 :7月頭予定
対象条件 :はじめてフィジカルショー形式での発表を行うブランド
その他詳細は下記
「本プログラムに関するウェブページ」にてご確認ください。
応募方法 :下記「本プログラムに関するウェブページ」にてご確認ください。

<デジタル発表ブランド>
賞金 :500,000円(税別・個人の場合は源泉した金額)
審査対象:5月27日までにRakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/Sへの
参加申し込みをされ、且つ、本グランプリ審査に参加することに
同意したデジタル発表ブランド
審査方法:審査員による作品・表現方法(芸術性)などに対する
定性的評価およびRakuten Fashion Week TOKYOオフィシャル
YouTubeアカウント視聴回数(実施後一定期間における)
発表時期:9月末予定
審査委員会の構成につきましては、調整中につき後日発表いたします。

本プログラムに関するウェブページ
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/topics/information/art_20220520_01/

※支援内容詳細・発表予定等につきましては、変更する可能性がございます。


■注意点
※期日を過ぎてからのお申し込みは一切お受けできません。
※第三者(PR会社、制作会社など)からの間接的なお申し込みは受け付けておりません。ブランド様からのお申し込みをお願い申し上げます。応募に関してのご不明点、ご質問などは担当:峯岸( brand@jfw.jp )までお問い合わせください


■Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S
会期:2022年8月29日(月)~9月3日(土)
会場:渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズ、その他 各会場
主催:一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構


・オフィシャルサイト: https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/
・YouTubeチャンネル : https://www.youtube.com/user/jfwofficial/
・Twitter : https://twitter.com/RakutenFWT/
・Instagram : https://www.instagram.com/rakutenfwt/
・Facebook : https://www.facebook.com/RakutenFashionWeekTOKYO/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。