配信元:@Press

CPAエクセレントパートナーズ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:国見 健介)が運営する、簿記・会計が完全無料で学べるCPAラーニングは2022年5月23日に経理実務コース(中級)を公開しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309765/LL_img_309765_1.png
画像(1)

講師は、決算早期化コンサルティング分野の第一人者である公認会計士の武田 雄治氏が担当します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/309765/LL_img_309765_2.png
画像(2)

~武田 雄治氏 プロフィール~
監査法人、上場企業財務経理部門勤務後、独立。
決算早期化コンサルティングの分野では第一人者。
ブログ「CFOのための最新情報」は月間のべ15万人が閲覧中。
著書は「『経理』の本分」など多数。


■CPAラーニングとは?

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/309765/LL_img_309765_3.png
画像(3)

CPAラーニングはCPAエクセレントパートナーズ株式会社が運営する「誰でも完全無料で簿記・会計が学べるプラットフォーム」です。

“会計業界初(※当社調べ)”の簿記3級2級の講義・テキスト・模擬試験などの学習に必要なすべてを無料提供しています。さらに、現役で活躍する会計人材のスキルアップに役立つ実務講座も無料で受講することが出来ます。

〇簿記3級2級を無料で取得したい方
〇経理職未経験で転職したい方
〇高度な会計スキルを高めて年収をアップをしたい方

などを中心に、ユーザー数は30,000人を突破いたしました。

公式WEBサイト: https://www.cpa-learning.com/


■経理実務コース(中級)の全体概要
主に大企業、上場企業における経理実務を学ぶコースです。
経理の日常業務、決算業務、開示業務の全体像を学習することができます。
経理マンとしてスキルアップしたい方は必見の内容です。

ー講義タイトルー
01 経理部とは何か
02 日常業務_(1)インプット業務
03 日常業務_(2)チェック業務
04 日常業務_(3)管理業務
05 決算業務_(4)アウトプット業務
06 決算業務_(5)分析業務_その1
07 決算業務_(5)分析業務_その2
08 決算業務_(6)開示業務
09 サポート業務_(1)現状を知る、未来を読む
10 サポート業務_(2)企業価値を高める


■こんな方におすすめ
経理部の仕事の全体像を知りたい方、日常業務のみならず決算・開示業務についても学びたい方、それぞれの業務でやるべきこと(原理原則)を学びたい方におすすめします。また、経理部を通して、スキルアップ・自己研鑽したい方にもおすすめです。


■クラウドソフト活用講座も公開
「クラウドソフトっていっぱいあるけど何を選べばいいの?」
「実際に導入して1か月、、使いこなせていない気がする」
「労務業務をクラウドで効率的に管理していきたい」

こういったお悩みを持つ会計・経理部門、管理部門の方にクラウドソフト活用講座を公開いたしました。

ー講座ラインナップー
・マネーフォワード編
・弥生会計編
・freee会計編
・ジョブカン編
など

大手のクラウドソフトを中心に具体的な使用方法や導入するメリット、他社の導入事例まで詳しく解説しています。※順次公開予定
クラウドソフトの比較を講義付きで視聴できるのは、CPAラーニングだけです。

CPAラーニングの無料登録はこちらから
https://www.cpa-learning.com/


■会社概要
会社名 : CPAエクセレントパートナーズ株式会社
代表取締役: 国見 健介
設立 : 2001年9月
本社所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビル5F
事業内容 : 公認会計士の資格スクール「CPA会計学院」の運営
https://cpa-net.jp/
生涯キャリア支援プラットフォーム「CPASS」の運営
https://cpass-net.jp/
公認会計士の転職サポート「CPASS CAREER」の運営
https://cpa-career.jp/
無料で日商簿記を勉強できる「CPAラーニング」の運営
https://www.cpa-learning.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。