配信元:@Press

2013年設立、世界各国18か所に現地運営チームを設け、配信アプリ市場で成長を続けているAsia Innovations Groupが展開するグローバル配信アプリ「Uplive」。そんな配信アプリUpliveのライバー“片岡英夫”が5月24日(火)配信のインターネットサイマルラジオ「せんちゃんの『センスdeいっぱい!』」に出演いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_1.png
Uplive
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_2.png
片岡英夫

▼片岡英夫プロフィール
ホームページ
https://kataokahideo.com/

YouTubeチャンネル
片岡英夫の夢とロマンの世界遺産チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=Y4rM36JkWSs

Twitter
https://twitter.com/09gT5gz2F0XrB0d

千葉県山武市出身
さまざまな検定の資格・称号を持つ。
・世界遺産検定マイスター
・初代-海外地理旅行名誉博士
・道の駅オライはすぬま観光大使(千葉県)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_3.png
道の駅オライはすぬま観光大使
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_4.png
日本全国の大学や高校の講義を担当

公式Upliverとして配信をスタートした時期は2022年2月。
「まだ分からない機能もたくさんある」と話すにもかかわらず、世界中から視聴者を集めています。
ライブ配信アプリ内で配信をしているライバーはかわいらしい女性が多いですがそんな中で配信をする片岡英夫はかえって目を引く存在なのでしょう。
どのような配信をすると視聴者が集まりやすくなるかを研究するためにも世代や性別が異なるライブ配信者の配信風景を見て学んでいるといいます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_5.png
スマートフォンからUpliveにて配信をする片岡英夫

では何故、片岡英夫はライブ配信アプリ「Uplive」で配信をスタートしたのでしょうか。
話を聞くと彼はYouTuberとしても活動の場を広げており、他のプラットフォームでも自身の活動の場を広げたかったのだといいます。また、マネージャーからも特に「Uplive」を勧められたと話しています。
理由は、「世界中のユーザー数が3億人存在しているから」。片岡英夫の活動は世界についての話や解説をすることがほとんどであるため、世界中の方とコミュニケーションを取りたいという思いからグローバル配信アプリUpliveを選んだといいます。
配信を始めたところで海外のユーザーは自身の配信へ足を運んでくれるのか半信半疑ではありましたが配信をスタートしてみると世界各国のユーザーがコメントをしてくれたと話しています。
「ブラジル、フィリピン、台湾、中国・・・」など文字通り「世界各国」のユーザーが配信を見に来たりコメントをしてくれたり、フォローをしてくれたりするそうです。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_6.png
Upliveアプリにて配信中のスクリーンショット

片岡英夫は南米に住んでいたこともあり幸いにもスペイン語も話すことができるためスペイン語を使用して世界中のユーザーとコミュニケーションを取ることに成功しました。分からない単語や言語が出てきた際にはUpliveに実装されている翻訳機能を駆使し言葉の壁を越えての配信をおこなっています。
また、Upliveを始めてメリットだと感じる部分も多数あると語っています。
世界各国の方との繋がりを持つことはもちろんですが現在の世界の状況を日本にいながら聞くことができます。「フィリピンは大統領選挙があるけどどんな感じなの?」「ブラジルのCOVID-19は落ち着いてきた?」などの情報をリアルタイムで聞き、自分の知識へインプットすることができるようになりました。
また、世界遺産や世界旅行が好きであるため、日本から海外在住のユーザーへ質問を問いかけて現状把握をしているとのこと。
ここで得た知識や情報を日本人のリスナーへ教えてあげることもできるためたくさんのリスナーが片岡英夫の配信へ集まってきます。
初回配信では戸惑うこともありましたが配信回数を重ねるごとに固定のリスナーがついてくるためリスナーがファン化をし、Uplive外での活動の幅も広がっているといいます。


■さまざまな挑戦を繰り広げる片岡英夫がラジオへの出演が決定!
今回片岡英夫が出演するラジオは台本なしのアドリブ収録ラジオ。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_7.jpg
収録風景
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_8.jpg
Upliveのグッズを持ってポーズを決める片岡英夫とパーソナリティーせんちゃん

パーソナリティのせんちゃんも収録中に思わず「リズムの良い方だ」と絶賛。
配信を見逃さないよう要チェックです。


▼片岡英夫出演回放送予定日時
5月24日(火)22時30分~23時


▼「せんちゃんの『センスdeいっぱい!』」について
局名 : 市川うららFM(I&U-LaLaFM)
ホームページ: http://www.fmu.co.jp/
放送視聴 : https://www.jcbasimul.com/radio/762/
JCBAインターネットサイマルラジオ配信
放送日 : 毎月第4火曜日
放送時間 : 22:30~23:00

<収録放送>
台本なし・アドリブ満載・ぶっつけ本番
パーソナリティー:タレント・せんちゃんこと、千崎敏司(千崎びんし)

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_9.png
パーソナリティーの千崎敏司さん

▼番組視聴方法
★市川うららFM(I&U-LaLaFM) ※無料
https://www.jcbasimul.com/radio/762/
★JCBAインターネットサイマルラジオ ※無料アプリ
https://www.jcbasimul.com/
★FMラジオ
周波数 83MHz
千葉県浦安市&市川を中心とした近隣地域内で視聴可能


▼市川うららFMについて
1998年(平成10年)開局。
千葉県市川市にあるコミュニティ放送局。
http://www.fmu.co.jp/


■Uplive(アップライブ)とは

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/311054/LL_img_311054_10.png
Uplive

2013年に設立された、世界各国18か所に現地運営チームを設け、世界的にアプリ市場で成長を続けているAsia Innovations Groupが展開するグローバル配信アプリ。2016年にリリースされ、現在では150ヶ国に3億人のユーザーリソース、2,000万人を越えるライバーリソースを持つ。2020年10月に日本でも現地運営を本格始動し、一年半足らずで日本シェアを伸ばしている。

“革新的、楽しく、意義のあるLive Social製品を通じて、世界中の人々の暮らしを豊かにすること”をミッションに掲げるUpliveは、世界中で最も成長しているグローバルライブ配信プラットフォームです。


■Uplive公式ライバーになるには?
今後テレビCM、雑誌、ラジオ広告などに出られるチャンスがたくさんあるUplive公式ライバー!
時給制~歩合制までライバーさんにあったプランでのご契約をご提案させていただきます。
また、機材貸し出しや1人1人へのマネージメントもあるため、今までライバー活動に興味があったものの何から始めたらいいか分からず諦めていた方でも安心して始められます!
初心者・経験者問わずご連絡をお待ちしております!

▼Uplive公式SNS/メールアドレスまで「公式ライバーになりたい」とご連絡ください。
公式Twitter : https://twitter.com/uplivejp
公式Instagram : https://www.instagram.com/uplive_jp/
メールアドレス: support_jp@asiainnovations.com


■Upliveの各リンク
企業サイト : https://www.uplivejp.com
アプリダウンロード: https://app.adjust.com/ygur4sw_vhxq4h3?campaign=15
アプリ公式サイト : https://www.up.live
公式Twitter : https://twitter.com/uplivejp
公式Instagram : https://www.instagram.com/uplive_jp/
公式YouTube : https://www.youtube.com/c/UpliveJapanOfficial


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。