配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205251658-O1-18tCM7L7

AsiaNet 96162 (1205)

【上海2022年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】IoTソリューションの国際的プロバイダーであるQuectel Wireless Solutionsは24日、NVIDIAと協力し、同社の5G IoTモジュール(https://www.quectel.com/5g-iot-modules )をエッジ上で世界で最も強力でコンパクトかつエネルギー効率の高いAIコンピューティングプラットフォームであるNVIDIA Jetson AGX Orin(https://www.nvidia.com/en-us/autonomous-machines/embedded-systems/jetson-orin/?ncid=partn-620477#cid=cmptx22_partn_en-us )と統合すると発表した。この取り組みは、グローバルなNVIDIA Jetsonプラットフォームベースのデバイスに、高速で信頼性が高く、低レイテンシーの5G通信機能への簡単かつ摩擦のない経路を提供することを目的としている。

TZTEKのエッジAIゲートウエーに基づく最近のテストでは、QuectelのRM500Q(https://www.quectel.com/product/5g-rm50xq-series )シリーズ5Gサブ6GHzモジュールとJetson AGX Orinの統合が成功し、開発者は開発時間とコストを大幅に削減できる。さらに、すぐに使用できる「Quectel5Gモジュール+Jetson AGX Orinプラットフォーム」の組み合わせにより、デバイス開発が簡素化され、製品の安定性が向上し、顧客端末の市場投入までの時間が短縮される。

人工知能IoT(AIoT)は、IoT開発の新しいトレンドになりつつあり、経済の多くの重要部門で、優れた無線接続と高度な計算能力に対する需要が急増し続けている。Quectel 5GモジュールとJetson AGX Orinプラットフォームは、先端ロボット工学、無人地上車両、低速自動運転システム、インテリジェント輸送などのコンピューティング集約型AIoTアプリケーションを可能にし、マルチGbpsデータレートと毎秒最大275兆回の操作という前例のないエッジコンピューティングパフォーマンスを実現している。

QuectelはAIoT時代にこのコラボレーションを深める次のステップとして、最新の5G Release 16 (R16)モジュールをJetson AGX Orinプラットフォームと統合し、超低レイテンシー、ネットワークスライシング、高いパフォーマンスを実現する5G LANの新しい5G R16機能の提供も計画している。したがって、Quectel 5GおよびNVIDIA Jetsonプラットフォーム製品を採用しているOEMデバイスメーカーは、よりセキュアで効率的かつ安定したモバイル通信接続の恩恵を受ける。

▽Quectelについて
よりスマートな世界へのQuectelの情熱は、IoTイノベーションを加速するよう駆り立てる。高度に顧客中心の組織である同社は、傑出したサポートとサービスによって支えられているIoTソリューションの国際的プロバイダーである。同社の拡大し続ける4000人以上の専門家の国際的チームは、セルラー、GNSS、WiFi/BTのモジュール、アンテナ、IoTコネクティビティーのイノベーションを先導している。上海証券取引所(603236.SS)に上場されている同社の国際的リーダーシップは、世界中のIoT推進に寄与している。

詳細な情報は、ウェブサイトwww.quectel.com 、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/quectel-wireless-solutions )、Facebook(https://m.facebook.com/quectelwireless?_rdr )、Twitter(https://twitter.com/Quectel_IoT )を参照。

ソース:Quectel

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=422013

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。