配信元:@Press

東急百貨店(以下、当社)は、当社が推進する独自の多事業化ビジネスモデル「融合型リテーラー」の一環として、吉祥寺店の改装を段階的に実施いたします。「日常の生活をアップデート」をテーマに、コロナ禍を経て変化した新たな価値観に対応し、地域のお客さまがさらに日常の生活を楽しめる提案を行うことを目指します。2022年5月26日(木)から第一弾として6階子供服売り場と8階の一部を順次リニューアルし、改装をスタートします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_1.jpg








※<センスオブワンダー>

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_2.jpg





※<blossom39>「STOKKE」

6階子供服売り場のリニューアルでは、消費における環境への意識の高まりに応えるGOTS認証※のオーガニックコットンを使用した、百貨店初出店となるベビー、キッズのアパレルと雑貨ブランド<kitikake>や、インポートベビー用品のセレクトショップ<blossom39>などが新たにオープンします。出産のご準備やお祝いにおすすめのアイテムを提案します。
※オーガニック・テキスタイルの国際的な基準。
また8階には、「Color the days 日常を彩る」がコンセプトの<セリア>がオープンします。気軽に買えるキッチン用品・文具・インテリア雑貨などの商品を通して豊かな毎日を提案します。

吉祥寺店の改装においては、当社が「融合型リテーラー」として百貨店、ショッピングセンター、専門店の運営の中で培ったノウハウを生かし、従来の百貨店の強みを生かすと同時に新たな価値の提供を目指します。

■6階子供服売り場・8階(一部)リニューアル概要
●6階
<センスオブワンダー>5月26日(木)オープン
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_1.jpg
自然や生命のオマージュとして生まれたブランド。オーガニックコットンと、伝統的なリバティファブリックを用いた、華やかなスタイルが印象的。地球環境とお子様に優しい良質なウェアです。
※<メゾピアノ><ポンポネットジュニア>が春夏商品を充実させ、<センスオブワンダー>と合わせて一つの売り場としてリニューアルオープンします。



<ドレッサージュ>5月26日(木)オープン
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_3.jpg
お子さまの「大切な日」のために、そんな思いを大切にトラディショナルテイストのフォーマルウェアを提案します。<ドレッサージュ>の商品の多くは日本国内でつくられています。





<blossom39>6月3日(金)オープン予定
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_2.jpg
国内外のベビーカーや抱っこ紐のほか、人気のベビーグッズ関連商品を独自の目線でセレクトしました。ノルウェーのハイエンドベビーブランド「STOKKE」もコーナー展開します。




<kitikake>7月1日(金)オープン予定
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_4.jpg
1988年トルコで誕生したベビー、キッズアパレル&雑貨ブランド。海外ブランドならではの大胆な色使いとデザインが特徴。染料もオーガニックを使用しているため赤ちゃんのデリケートなお肌にも安心です。






●8階
<セリア>6月24日(金)オープン予定
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/311386/img_311386_5.jpg
「Color the days 日常を彩る」をコンセプトにキッチン用品・文具・インテリア雑貨などを取りそろえる100円ショップです。暮らしをハッピーにするデザインや思わず笑顔になるユニークな商品を通じて豊かな毎日を提案します。

■今後の改装予定
7月中旬から : 2階・3階の一部(紳士服ショップなど)
今秋 : 5階(生活をアップデートするフロアにリニューアル)
以上



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。