配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205251682-O1-F7fkPlyo

AsiaNet 96177 (1212)

【北京2022年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】中国北西部陝西省で新たに出版された本が、中国のシーマオ遺跡での重要な考古学的発見を明らかにしている。

陝西省の現地年代記事務所のXiong Hui所長によると、シーマオ遺跡の百科事典とされるシーマオの地元年代記は、考古学的発見を記録し、文化財の保護・管理を反映し、ユネスコの世界文化遺産リストへの推薦に貢献する可能性がある。

シーマオ遺跡はこれまでに中国で発見された龍山時代から夏王朝(新石器時代)にかけての最大の都市遺跡で、中国初期の文明の源をたどる上で大きな意味を持っている。

400万平方メートルに及び、紀元前2300年にまでさかのぼるこの失われた都市は、神木市高家堡鎮等のムウス砂漠の端に位置している。

遺跡は中心部のインペリアルシティー・ピラミッド、インナーシティー、アウターシティーの3つの部分から構成されている。3つの石でできた囲いは中国の古代都市の偉大な建築事例となった。

過去数年間で、掘削機によって巨大な要塞や洗練されたインフラ、ヒスイや陶磁器、骨角器、石の彫刻、壁画など、数千の豪華な工芸品を伴った石の都市が姿を現した。

シーマオ遺跡は今世紀に中国での最も重要な先史時代の考古学的発見の1つである。その学術的価値は国内外で高く評価されている。

2019年4月、シーマオ遺跡を含む6つのプロジェクトが世界遺産への中国の暫定リストに追加された。さらにシーマオ新石器時代都市は2020年12月、米国のArchaeology誌によって過去10年間の考古学的発見のトップ10にも選定された。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/328070.html 

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421995 
(画像説明:中国北西部陝西省神木市の重要な先史時代遺跡であるシーマオ遺跡の夕刻の風景)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。