配信元:共同通信PRワイヤー

「書かない窓口」の実現により住民サービスの向上と自治体職員の負担軽減を支援

2022/05/26

富士フイルムシステムサービスが自治体向けに提供する 「デジタル窓口ソリューション」の累計契約件数が100件を突破 「書かない窓口」の実現により住民サービスの向上と自治体職員の負担軽減を支援

富士フイルムシステムサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 あまね、以下富士フイルムシステムサービス)が自治体向けに提供する「デジタル窓口ソリューション」の契約件数※1が、累計100件を突破しました。

「デジタル窓口ソリューション」は、自治体窓口において書類に手書きで行っていた各種手続きをデジタル化することにより「書かない窓口」※2を実現するソリューションで、異動受付支援システム、事前申請システム、申請書作成支援システムの3つで構成しています。本ソリューション導入により、窓口の混雑緩和や手続きの処理スピード向上による来庁者の滞在時間短縮などを実現し、住民サービスの向上と自治体職員の負担軽減につながります。
 2018年の提供開始以来、「デジタル窓口ソリューション」の導入自治体数は80団体となり、全導入自治体人口計1,000万人超の住民の方々にサービスをご利用いただけるまで導入が進んでいます。
 今後も富士フイルムシステムサービスは、全国シェアNo.1の戸籍電算化事業※3や、自治体窓口業務のアウトソーシングサービス※4を通して得られたお客様業務に関する知識やノウハウを活用し、自治体窓口業務のDX加速に貢献します。

※1 「異動受付支援システム」「事前申請システム」「申請書作成支援システム」の累計契約件数。
※2 住民が申請書に手書きすることなく手続きができる自治体窓口。
※3 1994年の戸籍法改正にともない本事業を開始して以降、導入前のヒアリングからシステム開発、導入後のサポートまでの一気通貫でのサービスが評価され、当社のソリューションである「戸籍総合システム・ブックレス」は全国で約7割のシェアを獲得しています。
※4 「戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス」として、業務の専門性や品質管理の知識を有した当社従業員が、自治体職員に代わり、窓口業務を行うサービス。

【自治体導入効果事例】
「異動受付支援システム」を導入した東京都渋谷区における年間の転入・転居・転出等の件数は約4万件。本システムの導入により、従来1件あたり数十分かかっていた転入手続きが約10分短縮されるなど、住民サービスの向上や職員の負担軽減につながっています。

・異動受付支援システム
全ての住民異動届を対象に、届出業務全体をシステム化します。転入手続きであれば、記入済の転出証明書の印字項目をOCR※5で読み込み、テキストデータ化することで、申請者が住民異動届を記入することなく、システム上で作成することが可能となります。申請書記入の負荷軽減による住民の満足度向上につながるとともに、従来手間がかかっていた手書き文字の判読と、記入漏れや書き間違いなどによる補記の手間が軽減されます。
https://www.fujifilm.com/fbss/solution/public/transfer_reception
※5 Optical Character Recognition。手書きや印刷された文字を読みとり、デジタルの文字コードに変換する技術

・事前申請システム
スマートフォンおよびパソコン上で必要情報を事前入力することにより、来庁時に必要な手続きや持ち物を事前に確認できるうえ、来庁後に複数の申請書に記載する手間を省き、窓口での滞在時間の短縮とスピーディーな手続きが可能になります。
https://www.fujifilm.com/fbss/solution/public/pre_application

・申請書作成支援システム
マイナンバーカードに格納されている4情報(氏名・住所・生年月日・性別)や、運転免許証に格納されている3情報(氏名・住所・生年月日)を申請書に自動印字することが可能となり、複数の手続きが必要な場合でも、同じ情報を何度も書く必要がなくなります。
https://www.fujifilm.com/fbss/solution/public/application-form

 

 

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。