配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 95884 (1050)

【シンガポール2022年5月25日PR Newswire =共同通信JBN】
*5年間の提携が、オークウッド(Oakwood)の素晴らしいホスピタリティーとイノベーション精神を反映した国際表彰と最高のゲストレビューにつながる

オークウッド(Oakwood(R))は25日、 Dorsett Hospitality International(DHI)の子会社 DHI Downtown Pte Ltdとの5カ年管理契約の順調な終了に伴い、Oakwood Premier AMTD Singaporeが管理下を離れると発表した。この資産は2022年7月1日付でオークウッドの国際ネットワークと営業勢力から脱する。

オークウッドの Dean Schreiber最高経営責任者(CEO)は「シンガポールのセントラルビジネス地区の中心部でこの印象的なランドマークの管理をDHIから委託されたことに、オークウッドは感謝している。Oakwood Premier AMTD Singaporeの営業的成功は、営業チームとオーナーシップの協力と相乗効果の証しである。この恵まれた機会をわれわれは軽くみていない。5年間の契約期間が終わりに近づく中で私は、われわれの使命を達成してともに志を遂げるために与えられた機会を心より感謝したい」と述べた。

シンガポールの活気あるセントラルビジネス地区の中心に戦略的に位置するOakwood Premier AMTD Singapore は2017年6月に開業して高い評価を得た。Oakwood Premierブランドが約束するきめ細かな豪華さをもたらす狙いの洗練された施設は、くつろいだ雰囲気のプライベートな聖域のぜいたくさとスタイルを求めるこだわりの旅行客に奉仕している。

Oakwood Premier AMTD Singaporeは優れた営業とサービスを絶えず届ける一方、創造破壊的かつ革新的な企画の導入役も務めた。ブランドを代表する「オークウッド・プレミア・モバイル・バー」のアイデア(https://www.oakwood.com/offers/premier-mobile-bar )や、業界をリードする「Klook x McDelivery:ハピエスト・ナイトイン・ステイケーション」のようなパートナーシップなどである。

Dorsett Hospitality Internationalの東南アジア・中国担当最高執行責任者(COO)のClarence Wong氏は「Oakwood Premier AMTD Singaporeでの管理の素晴らしさを施設の運営と営業の成功で証明したオークウッドに祝意を表したい。オークウッドの市場リーダーシップと世界的成長への前進を祈っている」と語った。

オークウッドは最近、アジア太平洋の「ベスト・サービス・レジデンス・ブランド」(https://www.oakwood.com/news/oakwood-recognised-as-best-serviced-residence-brand-in-asia-pacific-by-destinasian-readers-choice-awards-2022 )として、旅行誌DestinAsianの「2022年リーダーズ・チョイス・アワード」で表彰され、日本とシンガポール、韓国での全国調査で「Oakwood Premier」ブランド施設が「ベスト・ホテル」となり、地域を代表した受賞歴のある旅行誌の読者によって名誉あるトップ10にランク入りした。

詳しい情報は、www.oakwood.com/ を参照。

▽Oakwood(R)について
オークウッド(Oakwood(R))はMapletree Investmentsの完全子会社で、ホスピタリティー管理で先進的ブランドである。長期滞在業界でパイオニアのオークウッドは、プライベート住居のスペースと安らぎ、心のこもったサービス、ホテルの快適さ、申し分のないショートおよびロングの滞在を組み合わせた受賞済みの施設を世界中で管理している。優雅な家具付きのサービスアパートメントから住宅ユニット、ホテルに広がるこの特別仕立てのオークウッド体験を通して、ゲストは世界中のどのオークウッド施設に滞在する時も、親密さと安らぎ、安心感を味わえるよう迎えられる。詳しい情報はwww.Oakwood.com を参照。

ソース:Oakwood

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。