配信元:@Press

データ復旧で累計受付件数15万件以上を誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長濱 慶直)は、味の素株式会社様より、ノートPC(256GB SSD搭載)のデータ復旧をご依頼いただきました。パソコンが起動しない状態で、EFS暗号化も施されていましたが、約42万ファイル(約125GB)のデータ復旧に成功いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311419/LL_img_311419_1.jpg
味の素株式会社様

■味の素様によるお客様の声(一部抜粋)
「お昼ごろにメールを作成していたところ、ノートPCが急にシャットダウンし、電源が入らなくなってしまいました。まず、味の素で提携しているシステム会社に連絡をしましたが、機種が古く保証期間外で修理不可と言われてしまい、なんとかデータ復旧をしたいと思いましたので、復旧業者を探すことにしました。メールで簡単に状況を添えて対応の問い合わせをしたところ、すぐに折り返しの電話ご連絡をいただき、電話口でも丁寧に説明をいただきました。対応が迅速であったこと、説明も丁寧で安心感がある会社だと感じましたので、すぐに申し込みをし、ノートPCを発送させていただきました。

メールで復旧可能なデータのリストをいただき、希望のファイル名等についてもきちんと確認ができました。取り戻せないデータも多く、正直復旧を諦めていたので、すべてのデータを復旧していただき非常にありがたかったということにつきます。今回、EFS暗号化のかかったデータの復旧依頼でしたが、そちらの暗号化についての注意点もメールに記載いただき、非常にわかりやすかったです。

以前、社内で同じ型式のPCのトラブルでデータ復旧を他社に依頼した際、50~60万円をかけてデータ復旧をした事例がありました。そのため、今回ももしかしたら数十万円といった高額なものになるかもしれないと不安も感じていましたし、大切なデータではありますが、出来れば20万円程度に収まればとは思っていました。復旧可能とご連絡を頂いた際にしっかりとお見積書も確認しましたが、復旧に関する見積価格は非常にわかりやすく助かりました。10万円かからずに復旧していただけたことも非常にありがたかったです。

データレスキューセンターさんのスピーディーな対応に非常に満足しています。ウィークデーにしか対応してもらえないとそれだけ待ち時間が長くなりますが、データレスキューセンターさんは年末年始を除き土日祝も通常通り営業されているため、週末に発送して次の週の頭にご連絡や発送まで対応いただけるのはこちらとしても時間のロスがなく助かりました。

依頼前は周りから聞いていたデータ復旧の過去の事例などから、「データ復旧は高額になる」という印象を思っていましたが、データレスキューセンターさんはサイト上で細かく障害状況に応じた金額のご案内があり、また、お電話でも事前に目安の金額をお伺いできたことで、依頼前にある程度金額面をイメージ出来たところが良かったです。

また、こちらから発送する際は急いでいたこともあり、有り合わせの段ボールに詰めて発送させていただきましたが、データレスキューセンターさんから返送いただいた際はしっかりとした梱包材で丁寧に梱包していただけて、非常にありがたく感じました。社内トラブル等があればデータレスキューセンターさんにまずはご相談いただくように伝えていきたいと思います。」


■味の素様によるお客様の声(全文)
https://www.rescue-center.jp/customer/ajinomoto.html

■データレスキューセンター お客様の声一覧
https://www.rescue-center.jp/customer/

■プレスリリース
https://www.rescue-center.jp/news/press20220525.html


データレスキューセンターでは、現在、会社設立20周年記念キャンペーンを実施中です。

■データレスキューセンター 20周年記念キャンペーン
https://www.rescue-center.jp/campaign20/
特典1:データ復旧作業をご依頼いただいたお客様は「返送時の送料無料」
特典2:データ復旧作業をご依頼いただいたお客様に「microSDカードをプレゼント」

データ復旧でお困りの際は、この機会にぜひ、データレスキューセンターをご利用ください。
https://www.rescue-center.jp/

今後も、PC/サーバー、外付けHDD/SSD、NAS/RAID、リンクステーション(LinkStation)/テラステーション(TeraStation)、SDカード/microSDカード、USBメモリ等からのデータ復旧、データ復元技術の向上、料金の低価格化に取り組んでまいります。


■データ復旧の料金、費用
https://www.rescue-center.jp/price/
データ復旧でお困りの際は、20周年記念キャンペーン実施中のこの機会にぜひ、データレスキューセンターをご利用ください。フリーダイヤル(0120-110-419)による無料電話相談、初期調査も原則無料で実施しています。


■データレスキューセンターの特徴と選ばれる理由
https://www.rescue-center.jp/merit/
データレスキューセンターでは、調査の結果、データ復旧が可能と判断された場合に「復旧可能なデータリスト」と「見積書」を提出いたします。データリストは、お客様が必要とするデータが復旧できるのか、事前にご確認いただくためのものです。
事前にデータリストを確認できないデータ復旧サービスの場合、復旧できるかどうかも分からない状態で契約を急かされたり、結果的にデータが復旧出来なかった場合でも高額な作業費を支払わなければならない可能性が高くなってしまいます。


■データ復旧のウソ?ホント?
https://www.rescue-center.jp/really/
1. データ復旧の宣伝で「復旧率9●%」「復旧率NO.1」ってすごいですよね、それってホント?
2. ある会社に調査を依頼したら「復旧できます!」と言われたので復旧作業までお願いしたのに、結局復旧できずに高額な作業費だけ取られました。復旧できなくても高い作業費がかかるのは当たり前なの?
3. ある会社に調査を依頼したら「急がないとデータが消える。ウチでしか復旧できない。●時までに返事をしてほしい」と急かされました。時間がたつと復旧できなくなったり、データが消えたりするの?
4. 普通に使用していただけで、ぶつけたり落としたりもしたことないのに物理障害って発生するの?
5. HDDを開封しての作業はワンチャンスの可能性があるって言われたけど、それってホント?
6. データ復旧業者を選ぶ際のポイントってあるの?

データレスキューセンターは「復旧可能なデータリスト」と「見積書」を提出いたしますので、ご希望のデータが復旧出来ない場合は、その時点でキャンセル可能です。キャンセルされた場合もしくは復旧不可能だった場合に、高額な作業費が発生するようなことはありませんので安心してご利用いただけます。


■データレスキューセンター 3つのお約束
https://www.rescue-center.jp/3promises/
その1. データ復旧が不可能だった場合に高額な費用を請求することはありません。
その2. お客様の明確なご承諾がない限り、HDDを開封したり、メモリーチップを取り外すことはありません。
その3. 過大なデータ復旧成功率を掲げる等、お客様を困惑させるような行為はいたしません。


■データ復旧事例
データ復旧の累計受付件数 15万件以上を誇るデータレスキューセンターの復旧事例を一部ご紹介いたします。
PC・外付けHDD データ復旧・修理
https://www.rescue-center.jp/case/hdd.html
SSD データ復旧・復元
https://www.rescue-center.jp/case/ssd.html
バッファロー製TeraStation 復旧・修理
https://www.rescue-center.jp/case/terastation.html
バッファロー製LinkStation 復旧・修理
https://www.rescue-center.jp/case/linkstation.html
IODATA製LANDISK等、NASのデータ復旧・修理
https://www.rescue-center.jp/case/lanhd.html
RAID・RAID5 復旧・修理
https://www.rescue-center.jp/case/raid.html
SDカード データ復元・復旧
https://www.rescue-center.jp/case/mc.html
USBメモリ データ復元・復旧
https://www.rescue-center.jp/case/usb.html


■参考(故障やトラブルの原因と対処法)
データ消失を回避する方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol33.html
HDD・USBメモリ・SDカードの障害事例とその対策
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol29.html
SDカード、microSDカードが認識しない原因
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol58.html
SDカード、USBメモリのトラブル対策
https://www.rescue-center.jp/campaign/index_3.html
USBメモリが認識しない原因と対処法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol55.html
外付けHDDが認識しない原因と対処法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol56.html
HDDからカチカチ等の異音がしたら
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol48.html
HDD(ハードディスク)のトラブル対策
https://www.rescue-center.jp/campaign/index_2.html
SSDが認識しない原因と対処法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol57.html
SSDのトラブル対策
https://www.rescue-center.jp/campaign/index_4.html
LinkStation、TeraStationにアクセスできない原因と対処法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol62.html


■会社概要
・会社名 : 株式会社アラジン
・データ復旧事業 ※1: データレスキューセンター(DataRescueCenter)
・文字起こし事業 ※2: データグリーン(DataGreen)
・本社 : 福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3階
・電話 : 092-720-6633(代表)
・代表取締役 : 長濱 慶直
・資本金 : 9,000万円
・設立 : 2002年5月31日
・登録商標 : データレスキューセンター、
データレスキュー、データグリーン等
・保有特許 : 特許第4090494号、特許第4236689号、特許第5512470号
・登録認定 : プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)
・加盟団体 : 一般社団法人日本データ復旧協会(常任理事)
https://www.draj.or.jp/
一般社団法人文字起こし活用推進協議会(正会員)
https://mojiokoshi.or.jp/mojiokoshi/
福岡県弁護士協同組合(特約店)
https://fukubenkyo.jp/

※1 データ復旧事業
データレスキューセンター【公式】データ復旧
https://www.rescue-center.jp/
データレスキューセンター【公式】Twitter
https://twitter.com/DRC_JP
データレスキューセンター【公式】コラム
http://blog.rescue-center.jp/

※2 文字起こし事業
データグリーン【公式】文字起こし・テープ起こし
https://www.data-green.jp/
文字起こしとは
https://www.data-green.jp/mojiokoshi/
AIによる文字起こしについて
https://www.data-green.jp/ai/
文字起こし・テープ起こしの料金、費用
https://www.data-green.jp/#price
文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法
https://www.data-green.jp/quality_accuracy/
文字起こし、テープ起こしにおすすめのIC、ボイスレコーダー
https://www.data-green.jp/voice_recorder/
文字起こし、テープ起こしに役立つアプリ
https://www.data-green.jp/app/
Web会議・オンライン会議の録音・録画
https://www.data-green.jp/recording/
文字起こし、テープ起こし用語集
https://www.data-green.jp/word/
音声データの品質を上げるためのチェックリスト
https://www.data-green.jp/pdf/check_list.pdf


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。