配信元:共同通信PRワイヤー

【2022年8月末募集締切】

2022.05.26
公益財団法人日本デザイン振興会

GOOD DESIGN Marunouchiは、昨年に引き続き、展覧会の企画公募を実施します。募集するのは、2023年3月の1ヶ月間、本ギャラリーを会場として実際に開催できる展覧会企画案で、デザインに関わるものであれば内容は問いません。展示に関わる費用は250万円(税込)まで支援し、GOOD DESIGN Marunouchiの運営スタッフが開催実現に向けてサポートします。

公募趣旨
今日デザインは、複雑化する生活におけるさまざまな課題を解決したり新たなテーマを発見する手段としてその役割が大きく広がっています。本公募では、デザインの可能性を広げ、展示を通して多くの人たちに創造的な気づきを提供するオリジナルの展示企画を募集します。
単純なPRやセールスプロモーションは選考対象から外れますが、製品やサービスを独自の視座から捉え直し、広く社会の課題解決を目指すものはその限りではありません。様々な領域をデザインでつなぎ、望ましい未来への議論を呼び起こす展示企画を期待します。

審査員
GOOD DESIGN Marunouchi ディレクター(内藤 廣・廣村 正彰・藤崎 圭一郎)

受付期間
2022年8月31日(水)一次審査書類データ到着分まで

応募資格
・応募者は20歳以上であること(2022年4月1日現在)。複数人で応募する場合、代表者が要件を満たすこと。
・選出された場合、2023年3月1日-3月31日の約1か月間、GOOD DESIGN Marunouchiを使用し、自らの責任で当選企画を遂行できること。

募集企画
GOOD DESIGN Marunouhiでの開催を前提にした、デザインをテーマにした展覧会企画。
選考にあたっては公募の趣旨に基づき、会場コンセプトとの合致やテーマ性・社会性を重視します。
展示だけでなく、トーク、ワークショップの実施も可能です。

条件
・未発表のもので、企画自体が本公募のためのオリジナルであること。
・幅広い層が関心を持つ企画であること。
・JDPが提供する開催資金250万円(税込)を有効活用した企画であること。 なお、超過した場合は、当選者の負担となります。

当選/当選企画の展示
当選企画1件は2023年3月1日(水) – 3月31日(金)(予定)の約1か月間、GOOD DESIGN Marunouchiの企画展として開催していただきます。
・当選企画に提供する開催資金250万円(税込)は企画展制作費としてお支払いします。
 個人への支払いも可能ですが、源泉徴収後の額となります。
・会場使用料は無料。会場備品の使用も可能です(ウェブサイトに掲載)。
・施工会社の紹介が必要な場合はご相談ください。
・会期中は、ギャラリースタッフ2名が常駐し、開催をサポートします(無料)。
・広報支援としてプレスリリースの配信、JDPおよび当ギャラリーウェブサイト・メールニュースへの情報掲載を行います。
・開催期間は双方協議の上、最終決定します。

審査方法
【一次審査】主に企画内容を審査します。
[提出内容]
  企画書(PDF形式/A4サイズ4ページ以内)
・企画趣旨(1P)
・応募者プロフィール(1P)
・展示イメージ(平面・展開図など)(1-2P)
* 会場図面、使用可能な備品情報はこちらからダウンロードしてください。(詳細は現況優先とします)
* 過去の展示会開催実績があれば応募者プロフィールに記載してください。

【二次審査】一次審査通過企画について、展示内容の詳細およびその実現可能性について審査します。
[ 提出内容 ]
  一次審査時に提出した企画書に、以下の内容を加えてください。
・実現可能性を考慮した展示内容の詳細(ページ制限なし)
・収支計画(1P)
・制作・運営チーム図(1P)
[ プレゼンテーション審査 ]
オンラインで実施予定

応募方法
ご担当者名およびご連絡先を明記の上、2022年8月31日(水)までに一次審査書類データ(PDF)をgdmopencall[@]gmail.com までお送りください。
原本の送付は不要、ご提出いただいたデータは審査以外に使用いたしません。
上記メールアドレスの [ ] を削除してお送りください。

スケジュール
2022年
5月 - 8月       企画募集
9月                 一次審査、通過者のみに結果を通知
10月               二次審査実施
10月末           当選企画および次点を発表
12月末           実施計画の最終確認  実施設計・見積もり・製作スケジュール・ 施工会社等体制表を提出

2023年
1月-2月        契約書締結/プレスリリース発信
3月               開催

 
第1回 企画展公募選出企画「漫画とデザイン展」レポート
会 期:2022年2月28日(月) - 3月31日(木) 開催
来場者数:13,082名(408.8名/日)
詳 細:https://www.g-mark.org/gdm/exhibition97.html

■ 選出者のコメント
複雑化する社会課題を解決する手段として、その役割を大きく広げる「デザイン」。まだグッドデザインが触れていないテーマは何か?そして、自分たちが前のめりにやり切れるものは何か?そんな出発点から辿り着いた1つの答えが「漫画とデザイン展」でした。展示会のクリエイティブの部分だけではなく、出版社各所との交渉・スケジュール調整・協力者さがしなど、目に見えないさまざまな障壁を乗り越えて実現したこの企画。来場者数は開催期間1ヶ月で13,000人を超え、SNSを中心に大きな反響を得ることができました。まだまだ生まれたばかりの「漫画とデザイン展」。漫画デザインのおもしろさ、そしてそれを生む出すデザイナーの熱を、もっと多くの人たちに届けるために。第2回、第3回の開催を目指していきたいと思っています。JDPさま、審査員のみなさま。今回はこのような機会をいただき、本当にありがとうございました。

漫画とデザイン展 企画チーム:
関口 いちろ/水田 聖平/石山 彩奈/林 隆三/仁科 里英/楠 俊之

■ 第1回企画展公募実施概要と選出経緯について
GOOD DESIGN Marunouchiでは、2021年に初の企画展公募を実施。複雑化する社会におけるさまざまな課題を解決し、新たなテーマを発見する手段として大きく役割が広がっている「デザイン」について、多くの人たちに創造的な気付きを提供する企画を広く募りました。厳正なる審査の結果、25件を超える提案の中から、テーマの独自性と拡張性、劇場やギャラリーを多く有するカルチャー発信地である有楽町という地域との親和性の高さが評価され、「漫画とデザイン展」が初の公募企画として選出されました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261718-O4-D1l5d1KU
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261718-O2-UNqt6AJ9
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261718-O5-pwlSvSEG
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261718-O1-i901OV8f
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261718-O3-mkb3CO3e

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。