配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205261762-O1-kAVs6pgf

AsiaNet 96199 (1224)

【香港2022年5月25日PR Newswire =共同通信JBN】2022年の世界経済フォーラム年次総会が5月22日から26日までスイスのダボスで開催された。Yidu Tech Inc.(HKEx: 2158)のGong Rujing会長兼最高経営責任者(CEO)兼創設者は5月23日、「中国の投資と経済見通し」についての円卓会議に招かれて出席し、中国の経済の回復力と投資の見通しなどのテーマで意見を交わした。

円卓会議には、Shanghai Advanced Institute of Finance(上海高級金融学院)の副院長で金融学教授の朱寧(Zhu Ning)氏、KraneSharesのJonathan Krane最高経営責任者(CEO)、NYSE Group Inc.のJohn Tuttle副会長兼最高商務責任者、新開発銀行のマルコス・トロイホ(Marcos Troyjo)総裁も参加した。

医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションの加速が価値主導の成長を高める

近年、中国の医療業界は、価値に基づく医療システムを確立するために情報化からデジタル化、インテリジェント化へと変革を遂げている。Gong氏は会議の中で、中国の医療業界のデジタル化は公衆衛生管理や新薬研究開発などの分野で加速し続けていると述べた。Gong氏は、企業の価値は長期的には業界に提供できる価値によって決まると確信しており、Yidu Techは、医療業界の明確な成長原理に基づいて、医療インテリジェンス業界の将来について依然として非常に楽観的である。

医療インテリジェンスはコスト削減と効率向上に役立つ

中国の60歳以上の高齢者人口は2億6000万人を超えている。Gong氏は、医療インテリジェンスの利用は高齢化に関連する問題に効果的に取り組み、コスト削減と効率性を推進すると信じている。Gong氏は、Yidu Techは新薬の研究開発設計を最適化し、インテリジェントな患者スクリーニングを応用するためにデータ洞察を活用することで、希少疾患治療薬を開発しているパートナーが臨床フェーズIIを約20カ月短縮するのを助けてきた、と述べた。

今年の会議には、世界各国から2,500人近くの高官と専門家が集まり、世界経済を活性化するための長期的な政策と戦略を展開する方法を議論した。WEFのボルゲ・ブレンデ(Borge Brende)総裁は、中国は世界の経済成長に多大な貢献をしてきており、その安定した経済成長は世界の景気回復にとって非常に重要であると指摘した。

ソース: Yidu Tech 

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=422107
写真説明:「中国の投資と経済見通し」の特別セッションに招かれてオンラインで出席したYidu TechのGong Rujing会長兼CEO兼創設者

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。