配信元:@Press

株式会社福島中央テレビ(本社:福島県郡山市池ノ台13-23、代表取締役社長:五阿弥 宏安)は、東北電力株式会社が提供する東北電力管内に所在の再生可能エネルギー電源を活用した再エネ電気(CO2フリー)「よりそう、再エネ電気」を、2022年5月1日(日)より導入し、本社で使用される電力をすべて再生可能エネルギーに切り替えました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311066/LL_img_311066_1.jpg
会社外観

【導入背景】
当社は、開局50周年にあたる2020年より「中テレは上テレ。ふくしまを盛り上げるテレビ」をコーポレートスローガンに掲げ、地域密着・地域貢献のメディア企業を目指すとともに、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の視点から多くの世代の視聴者とともに福島県内における様々な社会課題の解決に共に取り組んでいます。
今回、新たな取り組みの一つとして、放送事業におけるCO2排出量削減に取り組むべく、本社電力をすべて再生可能エネルギーに切り替え年間約950トンのCO2排出を削減します。

<年間約950トンのCO2削減効果>
杉の木約67,000本分の年間CO2吸収率相当/電気の消費量は一般世帯480世帯分
※CO2排出係数 0.457(kg-c02/kWh)


【再エネ電気(CO2フリー)「よりそう、再エネ電気」について】
東北電力株式会社が提供する青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県に所在の再生可能エネルギー電源(FIT電気および揚水発電所の電気は除きます)を活用した再エネ電気(CO2フリー)です。


【福島中央テレビのSDGsの取り組みと今後の展望】
当社は、自社制作番組『ゴジてれChu!』のコーナー「ブンケン歩いてゴミ拾いの旅」(毎週月曜日放送)で福島県民と触れ合いながら福島県内59市町村の様々な場所でゴミ拾い活動を展開し、2020年1月からの約2年間で9.1トンのゴミを拾い県内での環境保全活動を推進してきました。また、ゴミ拾い活動を全県的な取り組みとするため年2回の県内一斉清掃活動を実施し、これまでに産学官合わせてのべ102団体と連携したほか、アプリを使ったオンライン清掃活動も実施しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/311066/LL_img_311066_2.jpg
SDGsアクションレポートより

再生可能エネルギー推進の面では、2021年11月に特別番組『ふくしまからゼロ・カーボンへの挑戦』を放送し最先端のエコリゾートの取り組みなどを紹介。2022年2月には再生可能エネルギーの最前線を多くの県民に知ってもらい今後の取り組みについて一緒に考えるシンポジウム( https://www.fct.co.jp/event_pr/20220214/ )を開催しています。
今後も、一企業としてCO2削減に取り組むとともに、県民の再生可能エネルギーに対する意識向上に努めていきたいと考えています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/311066/LL_img_311066_3.jpg
SDGsアクションレポートより

■「2021年度中テレSDGsアクションレポート」のダウンロードはこちら
https://www.fct.co.jp/fctsdgs/pdf/SDGs_action_report2021.pdf


【株式会社福島中央テレビについて】
本社所在地 :福島県郡山市池ノ台13-23
年間使用電力量 :208万kWh
主な自社制作番組:『ゴジてれChu!』


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。