配信元:DreamNews

2022年5月9日 レポート販売取扱開始
株式会社データリソース(東京都港区)はヴィジョンゲイン社(Visiongain)が出版した下記英文調査レポートの販売を2022年5月9日に開始いたしました。


タイトル
Drone Service Market Report 2022-2032
ドローンサービス市場レポート:2022-2032


レポート概要
無人航空機(UAV)は急速に普及している技術で、さまざまな用途がありますが、有害である可能性もあります。最近、UAVを利用した複数の事件が発生しており、UAVが公共のプライバシーに侵入し、フランスの複数の原子力発電所を含む重要インフラのセキュリティを危うくしていています。UAVが原子力施設のセキュリティに与える脅威は深刻です。

ヴィジョンゲイン社(Visiongain)が出版した「ドローンサービス市場レポート:2022-2032」は、世界のドローンサービス市場を調査し、ソリューション別、タイプ別、用途別、産業別、地域別に2022年から2032年までの予測結果を掲載しています。また、フランス、米国、アラブ首長国連邦におけるUAVによる最近のセキュリティ事故の例を多数提供し、緩和策も含めて、原子力施設の危険の可能性を評価しています。


主な特徴
● 507ページにわたり、280の表と272のグラフを掲載しています。
● 業界における主要な収益性の高い分野をハイライトしているため、今すぐターゲットを絞ることができます。
● 世界、地域、国内の売上と成長に関する詳細な分析が含まれています。
● 競合他社が成功した主要トレンド、変化、収益予測にハイライトを当てます。
● 今後10年間、ドローンサービス市場がどのように発展し、COVID-19の景気後退と好転の変動に連動していくかをお伝えしています。


主な掲載内容(目次より抜粋)
- レポートの概要
- エグゼクティブサマリー
- ドローンサービスの産業構造
- グローバル市場のダイナミクス
- 世界のドローンサービス市場分析
- 世界市場規模の推定と予測:地域別
- 世界市場規模の推定と予測:ソリューション別
- 世界市場規模の推定と予測:タイプ別
- 世界市場規模の推定と予測:用途別
- 世界の市場規模の推定と予測:産業別
- 北米のドローンサービス市場分析
- 欧州のドローンサービス市場分析
- アジア太平洋地域のドローンサービス市場分析
- LAMEAのドローンサービス市場分析
- 競争状況
- 主要企業のプロフィール
- 結論と提言
- 用語集


このレポートについて
Drone Service Market Report 2022-2032
ドローンサービス市場レポート:2022-2032
出版社:ヴィジョンゲイン社(Visiongain)
出版年月:2022/5/9
https://www.dri.co.jp/auto/report/visiongain/drone-service-market-report.html

市場調査会社ヴィジョンゲイン社(Visiongain)について
https://www.dri.co.jp/auto/report/visiongain/index.html


株式会社データリソースはヴィジョンゲイン社の日本の正規販売代理店です
調査レポートの販売、委託調査などを行っています
https://www.dri.co.jp/auto/report/visiongain/

このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ヴィジョンゲイン社 正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000259230&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社データリソース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ


徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。